スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
ヒース・レッジャー 映画偉人伝 ~その17~ 
映画偉人伝 ~その17~ 

heath.jpg
Heath Ledger

1979年4月4日、オーストラリアのパースで生まれる。中学校で家庭科(料理)か演劇のクラスを取らねばならず、料理をする気はなかったので、演劇を取った。17歳のとき、友達と二人きりでシドニーに上京して、俳優になる夢をかなえることを決意。低予算映画の端役や、TVドラマでホモのオリンピック選手など数々の小さい仕事をこなした。1999年の『10Things I Hate About You』に出て以来、「セクシーな男」のレッテルを貼られ、それが嫌でその後5年間、脈略のない役選びをすることになり、ほとんどコケてしまう。

■初めて演技をしたのは、10歳のとき。地元で『ピーターパン』を演じた。

■へザー・グラハムと付き合っていたことがある。

■オリバー・ストーン監督の『アレキサンダー』の主役をやるはずだったが、コリン・ファレルに取られてしまった。

■『ボレット・プルーフ・モンク』の主役の話があったが、断っている。

■ナオミ・ワッツとも付き合っていたことがある。

■2005年のヴェネチア映画祭で上映された映画3本に出演している『ブロークバック・マウンテン』『ブラザーズ・グリム』そして『カサノバ』

■2005年10月28日、『ブロークバック・マウンテン』でも共演した、ガール・フレンドのミシェル・ウィリアムスとの間に長女誕生。マティルダ・ローズと名づけられた。名付け親はジェイク・ジレンホール。

■2006年は一年間、役者業から産休を取ってマチルダの養育に専念。

■2007年の9月にミシェル・ウィリアムスとの婚約を解消。

■2008年1月、ニューヨークはソーホーにあるアパートで、死体で発見される。発見したのはお手伝いさんとマッサージ・セラピストで、ヒースはベッドにうつ伏せで気絶しており、テーブルには睡眠薬が置いてあった。

■葬儀は2008年2月9日、オーストラリアで行われた。

■ホアキン・フェニックス、ベン・ハーパー、ラッセル・クロウと親しい友人だった。

■女性について「年上の女の方がいい。若い娘は大人っぽく振舞おうとするけど、年上の女は若々しく振舞おうとするじゃない。」

■パパラッチについて「たいてい、パパラッチがいるってわからないよ。そこが怖いとこなんだけどな。ヘンな感じだし、プライバシーを踏みにじられているような気がするけど、普通に振舞うようにがんばってるよ。気にしない努力をしてる。努力して、面白がるようにしてる。それに、プールで裸で泳ぎたいと思ったら、裸で泳ぐよ。パパラッチに写真撮られたくないからって自分の生活を完全に変えるのなんて嫌だ。」

■女性ばかりの家庭で育ったことについて「女性に対する尊敬を学んだし、あと、忍耐ね。女性に囲まれて育つと・・・順番を守るってことを学ぶよ。」

■『ブロークバック』のイニス役について「一番大変だったのは、イニスの静かさを捕らえることだった。俺はものすごくエネルギッシュで落ち着きがないから、それをコントロールすることを考えないとならなかった。荒々しい大自然の中での撮影している内に、静けさが先天的な特徴になっていったけどね。

■ミシェル・ウィリアムスについて「彼女は俺のソウル・メイトなんだ。もう既にこれ以上ないくらい愛し合ってるよ。さやの中の豆 (two peas in a pod)みたいなもんさ。」(気があってお似合いで仲がいいカップルのことをpeas in a pod と呼ぶ)



■チュチュの映画偉人伝~INDEX~

※この記事は、IMDb (Internet Movie Database) の記事をチュチュがテキトーにサマって訳したものです。もしこの偉人伝で取り上げてもらいたい映画の偉人さんがいたら、教えてください。がんばって翻訳しま~す。
第78回アカデミー賞にて
■ミシェル・ウィリアムスと仲良く一緒に座っていました。後ろの席には、ジェイク・ジレンホールが座っていた。

■主演男優賞は『カポーティ』のフィリップ・シーモア・ホフマンさんに持ってかれました。

チュチュの感想■
せっかく『ブロークバック』でいい具合にブレークして、その後の作品は全て良かったのに、死んじゃうとは残念です。

出演作品
■The Imaginarium of Doctor Parnassus (2009) (post-production) .... Tony
■前評判どおりのすごさでした!『ダークナイト』(2008) .... The Joker
■なかなか良かったです『アイム・ノット・ゼア』(2007) .... Robbie Clark
■退屈なジャンキーの話です『キャンディ 』(2006)
■Casanova (2005/I) .... Casanova
■これがやはり代表作か?『ブロークバック・マウンテン 』(2005)
■The Brothers Grimm (2005) .... Jacob Grimm
■万年ストーナー、スキップを好演!『ロード・オブ・ドッグタウン 』(2005)
■The Order (2003) .... Alex Bernier
■Ned Kelly (2003) .... Ned Kelly
■The Four Feathers (2002) .... Harry Faversham
■Monster's Ball (2001) .... Sonny Grotowski
■A Knight's Tale (2001) .... Sir William Thatcher/Sir Ulrich von Lichtenstein of Gelderland
■The Patriot (2000) .... Gabriel Martin
■Two Hands (1999) .... Jimmy
■10 Things I Hate About You (1999) .... Patrick Verona
■"Home and Away" (1988) TV Series .... Scott Irwin (1997)
■Paws (1997) .... Oberon
■"Roar" .... Conor (1997)
- The Spear of Destiny (1997) TV Episode .... Conor
- The Cage (????) TV Episode .... Conor
- Traps (????) TV Episode .... Conor
■Blackrock (1997) .... Toby Ackland
■"Sweat" (1996) TV Series .... Snowy Bowles
■"Ship to Shore" (1993) TV Series .... Cyclist
■Clowning Around (1992)

Key Word
映画 俳優 ヒース・レッジャー
好き~♪ | コメント(1) | 【2006/01/09 10:05】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 映画偉人伝 ~その18~ リバー・フェニックス
NEXT: 映画偉人伝 ~その16~ アリー・シーディ

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
姫さんのところにヒース・レジャーないかな~と見に来たら、
やっぱりあった(笑)。
「セクシーな男」のレッテルを貼られるのを嫌がるところが
なんとも彼っぽい。真っ直ぐな人柄なんですね。
【2006/03/26 18:12】 URL | akaboshi #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
「yes」創刊の波紋012●ヒースの反抗 by フツーに生きてるGAYの日常
 「ブロークバック・マウンテン」の撮影で アン・リー監督に反抗したエピソード  「そういやアンと映画の上で1つだけ意見が合わなかったことがあったな。最初、アンはおれたち フツーに生きてるGAYの日常【2006/03/26 18 : 10】
「yes」創刊の波紋011●ヒースの名言 by フツーに生きてるGAYの日常
 くだけたヒース・レジャー満載 「これが重要な物語であるということは理解してたし、これまで正しく語られてきたことのない話であるということもわかってた。これをやることで フツーに生きてるGAYの日常【2006/03/26 18 : 09】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。