スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『トニー滝谷』-もう邦画はあきらめました・・・
Tony Takitani

私は邦画って雰囲気だけで内容無い!って偏見があるのでほとんど観ないのですが、観るとやっぱり「雰囲気だけで内容がない」ので「やっぱり」って思わされる!!まあさ、こういう繊細な感じの映像って、邦画独特なものなんだろうし、そういうフワフワした雰囲気を楽しむためにあるんだよ!って言うのだったら、まあ私の好みじゃないんだろうなあ。

tony takitani
Produced:2004
Director: Jun Ichikawa
Writing Credits: Jun Ichikawa, Haruki Murakami
Cast (voices):
Tony Takitani: Issei Ogata
Konuma Eiko/Hisako: Rie Miyazawa
とにかく最初から最後まで一本調子で寝るかと思った。ピアノの「ぽろろん、ぽろろん」って音楽しかないんだもん。でもこの感じって『ブロークバック・マウンテン』に通ずるものがあるなあ。『ブロークバック』は、ギターの「ぽろろん、ぽろろん」がずーっと続くもんね。

あとどーしても許せない、邦画に出てくる女のしゃべり方!「アタシ・・・・わがまま・・・・なんです」あー!!!痒い!日本の女あんな風にしゃべらん!そもそもこれ観ようと思ったの、宮沢りえって今どうよって思ったからなんだけど、あんなほにゃららな役じゃなくて、もっとビシー!としたところ観たかったなあ。

でなんか、キャラ設定もどうなのよ、って感じ。トニーの生い立ちとか、なんで孤独になっちゃったとか、変わっているけど結構誰でも思いつきそうなアイデアで、その割には共感しないという、ほんっと雰囲気。アメリカとか戦後とかの。感情があまりないってのが、彼がメカニカル・デザイナーになった理由とか、小学生が作ったみたいなキャラだなーと思う。

で、そのトニーが惚れる女がブランド狂いの女で、「君のように服を着る人は見たことない」・・・なんだっけ、風のように?忘れちゃったけど、背筋が寒くなるようなフワフワしたこと言うのよ~!!!!でこの女がフィアンセが居て~苦悩して~って、本当に月並みな感じで。

ナレーションで語られていくところがまたウザい。だいたいこのナレーターが登場人物じゃないので、誰の目線でもないから、まさに演技とか演出で表現すべきところを全て説明されている気がして超つまらん。で時々登場人物が唐突にナレーションし始めるんだけど、これも「奇をてらった」って感じがして、狙っている効果がない、っつか、何を狙っているのかもわからんけど。

なんか素人が作った映画みたいって思うんだけど、市川準?ってすごい人なの?

あと、ストーリーもさ、フィアンセが居る女をとくとくと説得したら結婚できた、とか、ブランド狂いの女が返品した服のことを考えてて交通事故に会って死んだ、とか、なんか話を「こっちへ持っていく」ためにお膳立てしたエピソードって感じがして、必然性があまり感じられない。

必然性って言えばさ、奥さんが死んだ後、若い女の子を雇ってきて、妻の服を着て仕事をさせようと、妻の衣裳部屋に入れると、服を試着しながら女の子が泣くのよね。で、「どうしたの」って訊くと、

「すいません、すいません、きっと・・・・こんなキレイな服を一辺に見たことなかったから・・・・混乱したんだと思います」って言うんだけどさ。

意味不明!!デパート行ったらこの何百倍もの服を一度に見れるじゃん!!それにこのセリフ!何も示唆してないし、意味の無いセリフ。それとも、これがこの女の子がお金が無いってことを示唆しているとでも言うのか。それ示唆じゃないよ。泣くか?!なんで泣くの?わから~ん。

あと、終わりに男がこの女の子にもう一回電話をかけるんだけど、彼女は出なくて、出なかった理由が近所のおばはんに引き止められたせいなんだけど、これを演出するのに、おばはんがどーでもいい会話を女の子としているんだけど、この会話の内容もなんか、この程度の話しか浮かんでこないのかなあと思う。女の子が「そんなものもらわなくていいよ」って思う手袋の色が黄色と紫って言うのも、奇抜過ぎて普通買わない色だよなって位の理由しかない。この会話がなんか伏線になっているとか、話の始めの方で女の子がこの色が嫌いって言ったとか、なんにもないの。それとも私がそこを見逃している?

こういう風に書くと、この映画を好きな人が怒るんだろうけど、怒らなくていいです。アタシにこの映画を観る感性がないのよ。もう邦画はあきらめた!

邦画 | コメント(6) | 【2011/02/15 01:28】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『スコット・ピルグリムvs邪悪な元カレ軍団』-キックアスより面白い
NEXT: 『127時間』-編集賞と音楽賞は上げてもいいな!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/02/15 12:55】 | #[ 編集] | page top↑
あれま、もったいない。
あ、はじめまして。 通りかかりの者です。

邦画卒業する前に。「茶の味」だけ観てみてください。邦画の枠を超えた邦画です。
個人的にベストオブ邦画です。

今まで人に勧めて共感してもらったことは少ないですが。
【2011/02/23 21:57】 URL | ああ #BmdsUHIU[ 編集] | page top↑
知らない映画だ。チョイスに問題あるんじゃないですかww ヒーローショーとか、13人の刺客とか面白いのも最近はたくさんありますよ。
【2011/02/26 02:01】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
GOさん、

全く持って、チョイスに問題があるんだと思います(爆)
【2011/02/26 04:04】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
はじめまして。

おっしゃるお気持ちもわかります。が、
なにはともあれ原作ありきの映画なので致し方ないかと。。。
【2011/03/26 00:26】 URL | momo #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/06/11 14:06】 | #[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。