スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『The American』-クルーニー兄貴が趣味で作った?
The American

なんなんでしょう、クルーニー兄貴の一連のハードボイルド系映画って?!これってさー、兄貴の妄想を映画化したとしか思えない。誰でもあるじゃないですか、憧れる役柄って。兄貴もうお金はあるし、趣味で映画作ってるんじゃないかなあ。行きたいところをロケ地に選んで、好みのタイプの女優を共演に持ってきて、自分が演じたい男を演じる-ほとんどアーティストとしてのチャレンジもなく、人に感銘を与えようなどとはしない、趣味の映画!!

American, the
Produced:2010
Director: Anton Corbijin
Writing Credits: Rowan Joffe, Martin Booth
Cast (voices):
Jack: George Clooney
Clara: Violante Placido
クルーニー兄貴の好きな役柄って、まず、孤独な一人モンの中年なんですよね。ワビサビつか、哀愁って言うか。必ずなんか裏の世界に通ずる専門職持ってて、その職質ゆえにまともな人間関係を紡いで行けない一匹狼。

でも本当は寂しがり屋なのぉ~。この映画でも、誰かに追われているみたいなので、ひたすら姿を隠して、余り他人とも交流するな、って言われているのに、すぐ女作っちゃうんだよな~。日本の婚活女子たちが「出逢いがない、出逢いがない」って嘆いているのに、なんで隠れて逃げ回ってる兄貴がすぐ女が出来るんだか!暴動が起こりますよ。

兄貴の職業は本当はなんなのかとか、何で、誰に追われているのかという説明は一切なく、説明がないのは観ている内に判ってくるというような映画を面白くする手法ではなくて、「設定なんかとりあえずどーでもいい」って感じ。大事なことは、兄貴が孤独な職人で、裏の世界の人間なのでヤバい人たちから追われ、近寄ってくる女はみんなスパイかもしれない、でもそれでも恋に落ちてしまう、実は繊細な男なんです!ってそこだけ!!

で、兄貴ったら、寂しいもんだから売春宿で女買うんですけど、この女に本気で入れ込んじゃう。この土地(イタリアの田舎)に来る前は、スイスでも彼女がいたのによ!あ、そうそう、タイトルが「The American」というように、「海外にいるアメリカ人である」ってのも、兄貴の大事なことの一つらしい。

この娼婦(クララ)に入れ込んじゃう過程があんまり描かれてなくて、2回目に売春宿に行った時、クララ休みだったんだけど、他の娼婦とは寝ない。で、その次にクララとセックスした時、なんとクンニする!!

おまえ~、娼婦にクンニすんのかよ!って思ってたら、クララが、

「あなたは、他の女たちより私にいいチップをくれるのね」って言うと、

「他の女達とは寝ないよ」なんて言うんだよ!!

他にもツッコミどころ満載で、例えば、観ている限りで想像すると、暗殺を請け負うヒットマンから特注される銃を作っている職人のようなんですけど、そんな精巧な物を作るのに、逃げ回っている先で工具とかあんのかよ、とか、工具なら買えるけど、金属とか切ったり貼ったりするのに結構デカいカッターとかそういう機器?あんなの買って持ち込んでたら目立ってしょうがないじゃないですか。極めつけは、良くヒットマンって、アタッシュケースに銃を分解して入れて、きれいにくり抜いたのに並べてあるじゃない?あのくり抜いたのって、あんな手工業みたいので作れるわけないよ!あと、材料が足りないからって近所の自動車修理工のガレージでちょちょっとみつくろってくるんですけど、そんなくず鉄みたいので作れるの?!

で、最後は、クララに金を渡して約束の「秘密の場所」に行かせ、自分は撃たれて腹から血を出しながらもそこへたどり着くのだが死んじゃう。ここで一捻り入るのかな、と思ってたら、エンドロールになっちゃって、

「こんだけ?!」

って本気で言って、笑いが止まりませんでした。でもなんかクルーニー兄貴可愛いなって思っちゃった。

Related Article
■ジョージ・クルーニー出演作品一覧

最近観た映画 | コメント(0) | 【2011/01/22 03:52】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ザ・ファイター』-本気で感動しちゃいました
NEXT: 『トイ・ストーリー3』-おもちゃだってツライんです!!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。