スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『オーディション』-ほとんど感想ないなあ・・・
Audition

石橋凌って誰だっけって、ウィキってしまいました。なんか絶対ロックの人、って思ったんだけど、ARBって言われても、なんとなく憶えてるけど、歌とか全く記憶にない。

オーディション [DVD]
dvd on amazon.com
Produced:1999
Director: Takashi Miike
Writing Credits: Ryu Murakami
Cast:
Aoyama: Ryo Ishibashi
Asami: Eihi Shiina
まーどっちでもいいけど、おっさんくさくなったなあ。もっと二枚目な人じゃなかったっけ?少なくとも中年太りしてるよね~。やっぱロック系の人が太るとショックだわ。

えーっと、私は邦画ってほとんど興味ないのですが、なぜかって言うと、「雰囲気だけ」ってのが多いからなんです。特にホラーとかそういうのになると、怖い「イメージ」にばっかりこだわった映像が多いと思うの。例えばこの映画だったら、主人公の女の子が、裸電球一個の、暗くてボロボロの和室にしな~っと座ってて、髪がなが~いので、顔が見えなくて、電話がなると、そこにあったズタ袋が「びくん!」と動く。どう見ても、生きたまま何かがそこに入れられてる様子・・・・・。

で、電話は黒電話だよ!あんなアパートあんのか?黒電話なんかあんのか?あんな女の子いるのか?とかまあ、設定とかお話が怖いというよりも、視覚的なイメージだけというか。

でも逆に言うと、そういうアプローチってアメリカにはないので、やたら受けたりするのかなあとも思うんだけど。

ただ、イメージだけだと、あまり自分にも起こり得るって捕らえ方ができないので、そうなると結果あまり怖くなくなるのよね。

ウィキで読んだら、外国の映画祭で途中退席続出、すっげーコンプレ出たって話ですけど、女の子が男達を拷問するシーンとかすごいんだけど、キャラ設定とか薄い感じがするので、まーそん時見るのは怖いけど、ちっとも心に残らないんだよね。

『ミザリー』とかって、むっちゃ怖くなかった?女が男のファンで、愛しているのにすっごいヒドイことするじゃない。なんかあの情念っていうか、彼女が実際にやることももちろん怖いけど、その心理を考えるから本当に怖いんであってさ、そこが薄いと「ふーん」って感じなんだよね~。まあ、キャシィ・ベイツと比べんなよ!って言いたいかとは思うけど。

キャラ設定が薄い、っていうのはやっぱり、各キャラの背景が口頭で説明されているからなのかなあ。男が若い女にハマって行く様子とか、女の子がああいう風になっちゃった理由とか、「ふーん」以上の反応できなかったもん。
日本映画 | コメント(5) | 【2010/11/18 01:44】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: サボっててすいませ~ん
NEXT: ボブ・ディランのライブ-すげー自己嫌悪

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
邦画が雰囲気だけのが多いってのに大共感です。
【2010/11/23 12:04】 URL | C #RFphBmaY[ 編集] | page top↑
この映画ってこちらの多言語チャンネルでしょっちゅう放映されてるんですよね。日本映画といえばホラーばかりで、なんかそーゆーのしかないんか!と。あと「お天気おねえさん」とかですね、エロとグロかよ!みたいな。

この映画は「きれいな女の子にいたぶられたい!」というMの人しか観てはいけないのかもしれません。
【2010/11/29 08:50】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/19 10:04】 | #[ 編集] | page top↑
お久しぶりです!
あの、全面的に邦画否定派なので、ヒューマニズムのヒの字もないのが嫌いなところです。動機づけが曖昧すぎて、まったく感情移入もできずテンポが悪くなって、最悪の場合、ラインだけで苛つかせるタイプの邦画が横行しておりますねぇー。
これもその類の映画だったんですねぇ~。
別に、これ映画祭に出さなくても・・・・。
【2010/12/23 22:35】 URL | 茶栗鼠 #-[ 編集] | page top↑
まじで!!!??
おれこの映画のたうち回りながら観たよ。
あと前半のお話も役者がうまくて退屈しないし。おれはかなり好きな映画です。
【2011/01/02 10:12】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。