スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
ボブ・ディランのライブ-すげー自己嫌悪
Bob Dylan and his band @ Hill Auditorium in Ann Arbor Michigan, October 28th, 2010

Dylan


この人のことは本当に何も知らなくて、イメージとしては、フォーク・ギター弾きながらブツブツと反戦の歌とか歌ってるイメージなんだけど、『アイム・ノット・ゼア』を観て初めて、「ああ~アレはボブ・ディランのほんの短い期間のことで、他にも色々やってたんだなあ」って気が付いて、少し興味はあったんですけど、この後特に接する機会もなく。

そしたら、今の彼が「色んな音楽好きだけど、一番好きって言ったらディランだ」って言うので、「へええ~そんなに!」って思った。アタシたちよりもっと上の世代だったらわかるけど、80年代に青春時代を送ったアタクシたちの中で、クラッシュよりもディランって。

で、彼に誘われたんですけど、まあこの位有名な人なら一度くらい観て置いてもソンはないと思ったので行って来たんですけど、まー散々でした。

この日むちゃくちゃ具合悪かったってのもあるんだけど、もう寝ないようにするだけで一苦労。曲がすごい単調なの。イメージとしては、『ナチュラル・ボーン・キラーズ』の砂漠のシーンとかでかかる、「ずっちゃん、ずっちゃん」みたいなバッキングに、おっさんの低音のしゃがれ声が乗ってる曲みたいの。これが延々と続いて、起きていられない~。

ディランは、縦ラインの入ったランニング・パンツみたいの穿いて、カーボーイ・ハットという、ステージ衣装としてはまあどーでもいいカッコで、主にキーボードを弾いてました。His Band のメンバーは、みんなグレーのスーツに黒いワイシャツ、黒いタイ(ネクタイしてない人もいたかも)。

ちょっとアップビートな曲とかも演るんだけど、全くエネルギーってモンが感じられない。この感覚ってなんだろう、って考えたら、なんかさ、シンガポールの五星ホテルで演奏する白人のバンドみたい、って思ったよ。日本だったらキャバレーのバンド?トップ40とかのコピーを演って、まあ色んな曲をコピーしなきゃならないので上手いんだけど、全く曲のカッコいいところを抑えていないって感じ、わかる?

で、ギターの人が真ん中にいるんだけどこの人がまた、モロにキャバレーバンドのギターの人って感じなのよ!髪は肩くらいの長めなんだけど、ポマードで後ろに流してて、結構いい男で痩せてて、スーツのズボンはスリム系なので、似合うちゃあ似合うんだけど、貧乏くさいってわかる?近くに寄ったら、ヤニの匂いがプンプンして、ご飯食べないで酒ばっかり飲んで、地方のキャバレーのドサ周りで食ってるミュージシャンそのもの!

当日具合悪かった理由はPMSで、眠気と戦いつつ、機嫌も悪いし、しゃべりたくないし、ライブ会場なんて、他人が一杯いるところにいたくないし、でも一緒に来ている彼に悪いと思って自己嫌悪に陥るし、もう最悪の精神状態だったので、ライブ中こんなネガティヴなことばっかり考えていたのかもしれないわ。だって、このギターの人、なんでもそっちのスジでは有名な人らしいもん。冒頭の写真は、私のライブの印象を一番良く反映していたので選んだんだけど、これにはそのギターの人写ってない。なんか、有名な人で、ゲスト・アピアランスだったのかもしれない。

ディラン・ファンの人ごめんね~。別に批判しているわけじゃないのよ!ディランの良さをわからないのは私の責任です!こんだけビッグな人なんだもん、なんか一つ位「ああ~やっぱすごいなあ~」って思うことがあっても良さそうなモンなのに、ライブの間中苦痛でしかなかったわ。

もちろん他の本当のファンの人たちはすごい入れ込んでたよ。あ、でもご他聞にもれず、家族連れが多かった。でも面白いのは、ディラン世代の人ってもう子供いくつよ?すっげえでかいでしょ。でも、ココで言う家族連れって、子供13,4って感じで、親も比較的若いのよね。で、あと、二十歳前後くらいのカップルも多いし、やっぱ芸暦長いと色んなファンの人がいるよね。

あ、そうそう、私の隣に座ってた大学生くらいのお子達はバカだったね~。会場は、中野サンプラザが新宿厚生年金くらいの大きさで、私達は一番後ろから3列目くらいに座ってたんだけど、このお子達は、携帯でフラッシュ焚きまくりで写真撮って、警備の人に怒られるし、メイルとかチェックしまくって、画面の光がすっごいムカ付いた。観る気がなくて、携帯で遊んでるんなら来んな!アーティストに対する敬意はないの?それに他人にメーワクとか言う前に、ライブに費やす自分のお金や時間が無駄だと思わん?アタシもファンじゃないし、寝てたけど、「楽しみたいな」と思ったわよ!まあ~お子達は若いから、時間が貴重なものだなんつー観念はないのかもしれんが。
LIVEレポ | コメント(2) | 【2010/11/07 23:07】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『オーディション』-ほとんど感想ないなあ・・・
NEXT: 『アメリカン・ビューティー』-幸せっていう観点で見たら

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
安かったら見てもいいかも…みたいなレポートありがとうございます。
シンガポールの白人バンドは、そりゃーなんというかなんて言ったらいいのかわかりませんが、眠いですね笑

PMSつらいですよね。私もかつては生理痛だけだったのが最近は気分の落ち込みがひどくて気分はPaint it black、ていう感じです。
【2010/11/17 20:48】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
プリシラさん、

シンガポールでは、白人じゃなくてローカル・バンドがホテルのバーで演奏してて、当時流行ったハートの曲とか演ってたけど、「やめなよ~」って感じだったわよ。
【2010/11/17 22:49】 URL | ちゅちゅ #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。