スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『メトロポリス』-1927年作とはとても思えません
Metropolis

1927年のドイツ映画で、コレまでのSF映画に多大な影響を与えた映画ってことなんですけど、内容が政治的とみなされたために色んなところをカットされてて、今回デトロイト美術館で公開されたものは、また新たに見つかった部分を30分追加した、オリジナルに尤も近いバージョンだそうです。

メトロポリス [DVD]
dvd on amazon.com
Produced: 1927
Director: Fritz Lang
Writing Credits: Thea von Harbou
Casts:
Joh Fredersen: Alfred Abel
Freder: Gustav Frohlich
Rotwang: Rudlf Klein-Rogge
The Thin Man: Fritz Rasp
Josaphat: Theodor Loos
11811-Georgy: Erwin Biswanger
Maria/The Robot: Brigitte Helm
背景は近未来(ウィキによると2026年だって。もうすぐじゃん)。フレーダーセンが打ち立てた「メトロポリス」は繁栄し、人々は豊かに暮していたが、その一方で、労働者階級は地下に閉じ込められ、働く家畜扱いをされている。フレーダーセンの息子フレーダー(ややこしい)は、ひょんなことから労働者階級の娘、マリアと出逢い、彼女を探して地下に行くが、労働者達の悲惨な生活を見て、衝撃を受ける・・・・・。

サイレント映画、しかも白黒映画なんて、ちょ~つまんなそう!寝ちゃうよ!とか思ってたら、すっげえ面白かったです。さすが「SF映画の金字塔」って言われるだけのことはある。メトロポリスの様子なんて、『スター・ウォーズ』の最近のヤツにソックリ!サム・L・ジャクソンがしゃべっている時に、窓から見える風景があるじゃん?高層ビルががーっと立ってて、車のようなものが空を飛んでる、なんか「見えない高速道路」みたいな絵。あれとソックリ!多分スピルバーグ(ジョージ・ルーカス?)がマネしたんじゃないかと思うのですが。

フレーダーが見初めた労働者階級の娘、マリアは、なんかスピリチュアルなところがあるらしく、労働者たちに「頭脳と手を結ぶのは心であるべきだ」とか説くわけなんですが、要するにビジネスする人と肉体労働する人たちは心で繋がらないといけない、お金で繋がっちゃダメよ、って、現在の社会にも警告したいようなメッセージなのですね。逆に考えると、この頃からわかっていたのに、欲に目がくらんだ人間達は結局今みたいな社会を造ってしまったんだなあ、と、人間の業とは恐ろしいと思わされます。

とにかく、このマリアの影響で労働者達がストライキを起こすんじゃないかと心配したフレーダーセンは、ぶっとび科学者のロトワングにマリアそっくりなロボットを作らせ、労働者達を別の方向に導こうとする。

この、マリアにソックリになる前のロボットが、すごいいい感じで、1927年でこんなに素晴らしいSFってあったんだ!っていうか、この映画を撮った人たちって、高速道路もない時代にこんな近未来を想像だけで作っちゃったてすごいなあ、って思った。ポスターにもあるこのロボット、「C3POそっくりだなあ~」って思って観てたら、やっぱりC3POのモデルなんだってさ。

ぶっとび科学者ロトワングは、フレーダーセンに言われたとおりロボットを作るのだが、実はロトワングはフレーダーセンに彼女を奪われた過去があり、ロボットを自分で操って、メトロポリスを崩壊させ、フレーダーセンに復讐しようとする。

これが可笑しくて、ロトワングはマリアの姿をしたロボットにスケベな踊りをさせて、支配階級の男達を狂わせる!で、男達は”Yoshiwara"と呼ばれる繁華街でトチ狂う、という設定なのですが、これって「吉原」ですよね?日本発ですか?なんかこの頃から日本って売春とかオッケー!みたいな感じあったんだなあ。

マリアのスケベな踊りも時代を反映していて、今観ると官能的っていうより異様な感じ。ストリップというよりバーレスク?くねくね、しかもすごい早く動くので超人全としている。でもそれを見る男達は、目がぎらぎらして、額に汗かいてて、なんかマンガのようで可笑しかった。

でも本物のマリアは心が清い女性なので、二役演じてるこの女優さんが結構要になってくるんですが、すごいよ、この人。ブリギッテ・ヘルムって言うの?清純なマリアとロボットのマリアと、表情一つで全く違う印象にしている。それに、セリフがないから表情やボディ・ランゲージで感情を表すというか、ちょっと芝居に近い物があるのですが、それが特にウソ臭いというのでもなく、表現豊かな感じがした。

サイレンス映画って言うから「しーん」としているのかと思ったら、音楽はすごいのね。これも、音楽でダイナミズムとかそん時の雰囲気を表現しているので、間違った音楽を持ってきたら救いようがないと思うのですが、さすが評価されてる映画なんだろうな。

字幕っていうか、映像の後に黒い画面に英語でセリフが出てくるのですが、これが追いきれるかなあって心配してたんだけど、充分読む時間があって、現代の映画より追うの簡単だった。こういう形態でストーリーの流れが遮断されてイライラするんじゃないかと思ってたんだけど、映画自体にすごい吸引力があるのか、ハラハラドキドキしながら観てしまいました。

構成が3部になっていて、「Prelude」「Entracte」そして最後の30分、って感じだったんだけど、Entracteのところは本当に20分の休憩があって。映画館と美術館を繋ぐ中庭にコーヒーとかビールとか、ちょっとした飲み物・食べ物を売る屋台が出てさ。初夏の生ぬるい風に当たりながらみんながワイワイやってて、で、芝居観に行くみたいにドレスアップした人とかもいて、「デトロイトもそんな悪くないじゃん」なんて思った。古い映画なんて興味ないと思ったけど、また来てみようかな~。次回はドレッシーなワンピースでも着てこよう。

Key Words
メトロポリス フリッツ・ラング アルフレート・アーベル ブリギッテ・ヘルム グスタフ・フレーリッヒ フリッツ・ラスプ ルドルフ・クライン=ロッゲ

メトロポリス 完全復元版  (Blu-ray Disc)メトロポリス 完全復元版  (Blu-ray Disc)
(2010/11/27)
洋画

商品詳細を見る

拾いモンの映画 | コメント(0) | 【2010/06/21 23:40】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『セックス&ザ・シティ シーズン 3』-エイデンとは?
NEXT: 『セックス&ザ・シティ Season 3』- ビッグって何モン?

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。