スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
バカでもイケてるジェイクくん-『バブル・ボーイ』
Bubble Boy

bubbleboy3.jpg
バカです。バカ丸出しです。『ブロークバック・マウンテン』や『グッド・ガール』、『遠い空の向こうに』なんかでスゴイ演技派だな~と感心した後だけにこのおバカ加減、よけいに魅き立ちます。でもそこは出演作を緻密に選ぶジェイク・ジレンハール(ギレンホール改め)だけあって、コメディでもただでは起きない!『バブル・ボーイ(Bubble Boy)』はなんとあの、1976年のジョン・トラボルタの感動名作、『プラスティックの中の青春(原題『The Boy in the Plastic Bubble』)』のパロディなのです!

免疫不全症として生まれてきたジミーは、ばい菌が触れたら死んでしまうので、ずっと外の世界と遮断されたプラスティック(バブル)の中で暮らしている。ジミーのお母さんがそれこそ昼夜問わず面倒を見ているので、どんな男の子なのかは想像つくでしょう。ティーン・エイジャーになってギターを弾くようになったり、バブルの中で退屈なのでTVゲームをしたりしますが、外の世界のことを知るのは、全てお母さんを通してなので、精神的に成長していない。

ある日、クロエという同い年位の女の子がお隣に引っ越してくる。窓からクロエの姿を見たジミーは、恋に落ち、初めてのアサ立ちを経験するのですが、それがなんであるかを知らないジミーは、バットで股間を一撃・・・

クロエの方も、友達が「お前、バブル・ボーイの隣に住んでんだろ」とバカにするのを聞いて、ジミーに興味を持ち、会いに行きます。二人は友達になり、毎日一緒に過ごすのですが、もちろん直接触れ合ったりできるわけでなく、友達のまま。クロエは「バブルの中に入れて」と頼むのですが、ジミーは怖がって入れられない。

そうこうしているうちにクロエはボーイ・フレンドを見つけて、ナイアガラの滝で結婚することになる。一度はあきらめたジミーだが、クロエが本当は自分を愛していると確信し、「ポータブル・バブル・スーツ」を作成、クロエの結婚式を止めに行くぞ!

bubbleboy2.jpg
このあとは、良くあるドタバタ系のロード・ムービーで、ヘルス・エンジェルスから、カルト宗教集団、小人や奇形、インド人、中国人、泥レス、じーさん、ばーさん、ありとあらゆるヘンな人が出てきます。もちろん最後は結婚式を止め、一生後悔はしたくない!と自らバブルを破ってクロエをその手に抱き、キスをします。なんとも微笑ましい!

ジェイクくんたら、こういう仕事は一体どっからもらってくるのかと思いますが、ちょっと頭の弱い、純粋なジミーくんの役を楽しそーに演じていました。他の人には単なるバカ映画かもしれませんが、ジェイクくんのファンなら必見!

bubbleboy.jpgBubble Boy
Produced: 2001
Directed by: Blair Hayes
Writing credits: Cinco Paul, Ken Daurio
Cast: Jake Gyllenhaal, Swoosie Kurtz, Marley Shelton, Danny Trejo, John Carroll Lynch


ジェイクくんの出演作品一覧はこちら↓
■チュチュの映画偉人伝 その10 ~ジェイク・ジレンハール~


お父さんは監督、お姉さんも俳優・・・・・ジレンハール家のDVD
映画かってに評論ww | コメント(6) | 【2006/01/01 14:15】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ドニー・ダーコ』が拒否する私達の日常
NEXT: 占いから見た自分の性格-心理テストの結果です

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
あけおめ です
ジェイク・ジレンハールにはまってますね。
自分も、ジェシカ・アルバにはまってました
けどかなりブレイクしてきたんで、
スカーレット・ヨハンソンに乗り換えようとか
勝手に思ってます。日本では、まだあまり知られてない気がするんで。
【2006/01/02 00:40】 URL | hiro #-[ 編集] | page top↑
あけましてオメデトウございます。
ご挨拶遅れましたが、何卒お今年もよろしくおねがいします。
チュチュ姫さんのブログはいつも楽しみにしてますので今年も思う存分書いちゃってくださいね。あと去年からのウチのブログへのご訪問とコメントありがとうございました。そしてこれからもヨロシクです!
※追伸 「ドッチボール」とか「スタスキー&ハッチ」とかこういうお馬鹿B級映画自分も大好きです。
【2006/01/02 04:22】 URL | リトル・ゼ #-[ 編集] | page top↑
まもなく”プルーフ・オブ・マイ・ライフ”という映画が公開されますね。なかなか評判良さそうです。
 しかしこの邦題、なぜ英語を長くする・・・。原題は"Proof"。この邦題だとどうしてもラッセル・クロウとメグ・ライアンの映画しか頭に浮かばないんですけど。
【2006/01/02 11:32】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
GOさん、
「プルーフ」だと、日本人にはピンとこないからじゃないですかね?だからきちんと頭使って邦題を考えろって言ってんですよ、私は。

リトル・ゼさん、
こちらこそ、今年もよろしく。私もリトル・ゼさんのブログは楽しみにしていますよ。私はおバカBムービーは嫌いなはずなのですが、なぜか一番笑っているのは私なんですが・・・。

Hiroさん、
今年もお互い、自分の書きたいことを、書きたいように、思いっきり書いて行きましょう!
【2006/01/02 13:17】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
(/^・x・^)オイッス! 謹賀新年です~!(_ _) 「プラスチックの青春」は高校時代に『NHKで放送』してくれたのを鑑賞しました。憶えてるのは●「無菌にしている自室」でウェートトレーニングなどを精力的にしているトラブルタ君のシーン。●ラストの、馬にまたがって「ガールフレンド」と砂浜をライディングするシーンかな。(あぶね~と思うけど)●無菌スーツを着用してクラスの青年と腕立て伏せの競争をしているシーンもあったな~(シミジミ)。こういう名作ってもうなかなかオンエアーしてくれないんだよね。でもパロディーまで制作されるってことはそっちではすごく評価されてて、嬉しいです。(^-^)
【2006/01/02 14:33】 URL | Dr.デュランデュラン #oZwc76Mg[ 編集] | page top↑
私もこれには笑いましたよ、博士。トラボルタ版をもう一度見たくなってしまいました。
【2006/01/02 22:16】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。