スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
ダスティン・ホフマン 映画偉人伝 ~その13~
映画偉人伝 ~その13~ 

Dustin Hoffman

dustin.jpg
1937年8月8日LAのユダヤ系ポーランド人の家庭に生まれる。サンタ・モニカ・シティ・カレッジ在学中に「芝居のクラスを落ちるやつはいない」というだけの理由で芝居のクラスを取る。その後成績不良で大学をやめる。俳優になったのも、堅気の仕事はしたくないし、アーミーにも行きたくないという、至極不真面目な理由。その割には、性格俳優として難しい役をこなすことで名を上げてきたのは、才能があったんですな。同時に、気難しいことでも有名。

■『Wag the Dog』(1997)撮影中に、競演のロバート・デ・ニーロ、監督のバリーレビンソンと共にワシントン・ホテルで当時の大統領だったクリントンに会うことになった。クリントンはデ・ニーロに、「で、撮影中の映画はどんな内容なの?」と聞かれ、答えに窮したデ・ニーロはレビンソン監督の方を振り向き話を振ろうとしたが、レビンソン監督はホフマンの方を振り向き、ホフマンは「しょうがないから、タップ・ダンスをしてごまかした。何を言ったかは覚えていないよ。」

■ジーン・ハックマンとは、1956年にパサディナ・プレイハウス(演劇学校)で知り合って以来の旧友。ハックマンは3ヶ月で学校をやめ、ニュー・ヨークへ引越し、舞台俳優を続けていた。ハックマンを頼ってニュー・ヨークに出てきたホフマンは、当時26丁目に住んでいたハックマンのアパートに居候。2人は大のマーロン・ブランド・ファンで、マーロンがクラブで演奏していると聞いて、彼のようになりたいと言う思いからアパートの屋上で、ハックマンはコンガ、ホフマンはボンゴを一緒に演奏した。

■結局はハリソン・フォードになった『ブレード・ランナー』(1982)のリック・デッカード役の候補に名前が上がっていた。

■『小さな巨人』(1970)で、17歳から121歳の男の生涯を演じ、「最も幅広い年齢層を演じた俳優」として、ギネス・ブックに載っている。

■2004年の『ベニスの商人』のシャイロック役を狙っていたが、アル・パチーノに先を越される。ホフマンは1990年にブロードウェイの舞台でこの役を演じ、トニー賞にノミネートされたことがある。

■『ファインディング・ネバーランド』の撮影中に指先が切断されてしまう事故があったが、モルヒネを売って撮影を続行した。

■第78回アカデミー賞で、『ブロークバック・マウンテン』が受賞した、ベスト・アダプテット・スクリーンプレイ賞のプレゼンターをした。まだ発表のときじゃないのに封筒を開けてしまいそうになり、「あ、開けるところだった!」といって、場内を笑わせていた。
その後、「受賞出来なかった人も、良くやっていたよ!」と皆に拍手を促したりして、一番上手なプレゼンターでした。

チュチュの感想■
ダスティン・ホフマンといえば、私としては『レインマン』ですね。ホフマンさんは私のイメージでは「美男子ではないが、繊細なニューヨーカー」というイメージがあったのですが、LA出身なんだね。でもユダヤ人だからNYにもマッチするかな。

ダスティン・ホフマン出演作品
■The Big Year
■Kung Fu Panda: The Kaboom of Doom (2011) (pre-production) (voice) .... Shifu
■Meet the Fockers Sequel (2010) (post-production) .... Bernie Focker
■Barney's Version (2010) (post-production) .... Izzy
■The Tale of Despereaux (2008) (voice) .... Roscuro
■Kung Fu Panda: Secrets of the Furious Five (2008) (V) (voice) .... Shifu
■Last Chance Harvey (2008) .... Harvey Shine
■Belonging (2008/II) (unconfirmed) .... Narrator
■Kung Fu Panda (2008) (voice) .... Shifu
■Mr. Magorium's Wonder Emporium (2007) .... Mr. Edward Magorium, Avid Shoe-Wearer
■主人公は僕だった (2006) .... Professor Jules Hilbert
■パフューム ある人殺しの物語 (2006) .... Giuseppe Baldini
■"Curb Your Enthusiasm" .... Larry's Guide #1 (1 episode, 2005)
■The Lost City (2005) .... Meyer Lansky
■Racing Stripes (2005) (voice) .... Tucker
■Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events (2004) (uncredited) .... The Critic
■ミート・ザ・ペアレンツ2 (2004) .... Bernie Focker
■I Heart Huckabees (2004) .... Bernard
■Finding Neverland (2004) .... Charles Frohman
■Runaway Jury (2003) .... Wendell Rohr
■"Liberty's Kids: Est. 1776" .... Benedict Arnold (1 episode, 2003)
■Confidence (2003) .... King
■ムーンライト・マイル (2002) .... Ben Floss
■Tuesday (2001) (voice)
■The Messenger: The Story of Joan of Arc (1999) .... The Conscience
■Sphere (1998) .... Dr. Norman Goodman
■Wag the Dog (1997) .... Stanley Motss
■Mad City (1997) .... Max Brackett
■Sleepers (1996) .... Danny Snyder
■American Buffalo (1996) .... Walt 'Teach' Teacher
■Outbreak (1995) .... Col. Sam Daniels
■Hero (1992/I) .... Bernie Laplante
■A Wish for Wings That Work (1991) (TV) (voice) (uncredited) .... Milquetoast the Cross-Dressing Cockroach
■Hook (1991) .... Capt. Hook
■Billy Bathgate (1991) .... Dutch Schultz
■"The Simpsons" .... Mr. Bergstrom (1 episode, 1991)
■Dick Tracy (1990) .... Mumbles
■Family Business (1989) .... Vito
■Rain Man (1988) .... Raymond Babbitt
■Ishtar (1987) .... Chuck Clarke
■Death of a Salesman (1985) (TV) .... Willy Loman
■Tootsie (1982) .... Michael Dorsey / Dorothy Michaels
■Kramer vs. Kramer (1979) .... Ted Kramer
■Agatha (1979) .... Wally Stanton
■Straight Time (1978) .... Max Dembo
■Marathon Man (1976) .... Babe
■All the President's Men (1976) .... Carl Bernstein
■Lenny (1974) .... Lenny Bruce
■Papillon (1973) .... Louis Dega
■Alfredo, Alfredo (1972) .... Alfredo Sbisà
■Straw Dogs (1971) .... David Sumner
■Who Is Harry Kellerman and Why Is He Saying Those Terrible Things About Me? (1971) .... Georgie Soloway
■The Point (1971) (TV) .... Narrator/Father (first telecast)
■Little Big Man (1970) .... Jack Crabb
■John and Mary (1969) .... John
■Midnight Cowboy (1969) .... Ratso
■Sunday Father (1969) .... A 'Sunday Father'
■"Premiere" .... Arthur Greene (1 episode, 1968)
■Un dollaro per 7 vigliacchi (1968) .... Jason Fister
■卒業 (1967) .... Ben Braddock
■The Tiger Makes Out (1967) .... Hap
■"ABC Stage 67" .... J.J. Semmons (1 episode, 1967)
■"Hallmark Hall of Fame" .... The Dragon (1 episode, 1966)
■The Star Wagon (1966) (TV) .... Hanus Wicks
■The Journey of the Fifth Horse (1966) (TV) .... Zoditch
■"The Nurses" .... Larson (1 episode, 1965)
■"The Defenders" .... Buddy / ... (2 episodes, 1962-1965)
■"Naked City" .... Finney / ... (2 episodes, 1961-1963)

こちらもよろしく
■チュチュの映画偉人伝~INDEX~

※この記事は、IMDb (Internet Movie Database) の記事をチュチュがテキトーにサマって訳したものです。もしこの偉人伝で取り上げてもらいたい映画の偉人さんがいたら、教えてください。がんばって翻訳しま~す。
ハリウッド俳優・監督 | コメント(6) | 【2006/01/03 01:02】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: ミッキー・ローク 映画偉人伝 ~その14~ 
NEXT: 『シン・シティ』ーチュチュ的時間のムダ

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
(^・x・^)ノ☆ 「パピヨン」のレビューがあったのでTBさせていただきました。20世紀を代表する名作のひとつですぜ (*^ー゚)b
【2006/01/03 13:36】 URL | Dr.デュランデュラン #-[ 編集] | page top↑
博士、
私はあんまりこの人の映画って知りませんので、博士の教えを請いに後ほど見させていただきますです、はい。
【2006/01/03 22:01】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
ダスティン・ホフマンといえば「卒業」じゃないですか!
ラストシーン、バスに飛び乗った後のうつろな表情…
…あの映画、ぜんぜんハッピーエンドじゃないですよ。

サイモン&ガーファンクルの
「サウンド・オブ・サイレンス」の歌詞も好きだなぁ。
【2006/01/03 22:16】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
やっぱり「真夜中のカウボーイ」じゃないでしょうか。
数少ないチンピラ役なので見ていて新鮮ですよ。
あと「わらの犬」なんかもある意味新鮮ですよぉ。
【2006/01/04 09:33】 URL | リトル・ゼ #-[ 編集] | page top↑
リトル・ゼさん、メタバカさん、
私、この人の映画ほとんど見たことないので、みなさんのコメント参考になります。なになに、真夜中のカウボーイ、卒業・・・「わらの犬」って、原題なんだろう?
【2006/01/04 22:31】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
原題はそのまま「Straw Dogs」ですよ。
サム・ペキンパー監督の名作です。
ペキンパーの映画は凄いですよ、
一度はまったら、タランティーノなんて観られない!

あ、ちなみに「卒業」もそのまんま「The Graduate」ですね。
【2006/01/05 19:11】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
「パピヨン」 by 変態博士 Dr.デュランデュランの異常な愛情
「パピヨン」(1973年 仏 監督 フランクリン・J・シャフナー 原作 アンリ・シャリエール 音楽 J・ゴールドスミス 出演 S・マックィーン  ダスティン・ホフマン)(^・x・^)y─┛~~~~ いつかは、語らなければいけない名作中の名作。私が中学生の時に 変態博士 Dr.デュランデュランの異常な愛情【2006/01/03 13 : 30】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。