スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ヤギと男と男と壁と』-出演者が豪華
The Men Who Stare at Goats

ええっと、なんでも原作が、USミリタリーが超能力者を兵器として使うために作ったユニットを取材して書いた本だそうで、映画の最初に「このお話は、あなたが思っているより真実に基づいています」みたいなテロップが出ます。『The Men Stare at Goats』っていうのは、このユニットに集められた超能力者たちが、見つめる(Stare)だけでヤギ(Goat)の心臓を止める実験をしたことからこのタイトルになったそうです。

the men whi stare at goats
Produced: 2009
Director: Grant Heslov
Writing Credits: Peter Straughan, Jon Ronson
Cast:
Lyn Cassady: George Clooney
Bob Wilton: Ewan McGregor
Bill Django: Jeff Bridges
Larry Hooper: Kevin Spacy
General Hopgood: Stephen Lang
Todd Nixon: Robert Patrick
Gus Lacey: Stephen Root
とにかく出演者が豪華です。かつてUSアーミーに実在した、New Earth Armyという、超能力者を集めたユニットに在籍していたサイキック、リン・キャシディがジョージ・クルーニー、New Earth Armyを創設したヴェトナム・ヴェテラン、ビル・ジャンゴにジェフ・ブリッジズ、New Earth Armyでリンのライバルだったラリーにケヴィン・スペイシー、そしてそれを取材するレポーター、ボブ役にユアン・マクレガー!

しかも脇役も、最初にボブが取材する、「自分は超能力者だ」と主張するうさんくさーい男が、あの『リストラ・マン』のミルトンを演じたスティーブン・ルート、イラクでセキュリティ会社を経営するトッド・ニクソン役が『T2』のT-1000を演じたロバート・パトリック、New Earth Armyに陶酔するホップグッド大佐役が、『アバター』のいや~な軍人の演じたスティーブン・ラング!しっかし全く女が出てこない映画であります。良く考えると、ジョジクルとジェフ・ブリッジズって、オスカー・ノミニー同士の共演じゃない。裏でこんなアホな映画にも出てたんですね。

ストーリーは、ミシガンのアン・アーバーというしがない土地でちまちまと地元紙のレポーターをしているボブは、「俺ってこれでいいのかな」と思いながら「これでいいんだよ」って自分を納得させながら生きていたのだが、奥さんが自分の新聞社の同僚と浮気していた上にそいつの元に去ってしまい、やけになってイラクに取材に行くことにする。イラクに入国できずにアフガニスタンで悶々と日々を送っていた時に、リン・キャシディと名乗る男と出会うのだが、そいつが実は、前に取材した「自分は超能力者」と主張するヤツが、「リン・キャシディってヤツは見つめるだけでヤギを殺したんだ」と言ってた男だった。

リンを問い詰めると、それは本当で、New Earth Armyは実在し、そこで訓練を受けていた者たちは「ジェダイ・ウォーリアー」と呼ばれていた、と告白する。

ここでアタシは笑ってしまいました。ユアン・マクレガーって、オビ=ワン・ケノービ演じた人だよね?!その辺考慮しての配役だったんだろうか。

リンは、明日イラクに行く、って言うので、ボブは「俺も行く」って言って、イラク戦争よりこの超能力者ユニットの取材の方が面白い、と言ってリンについて行くことにする。

で、リンと行動を共にすることによって暴かれていくNew Earth Armyの実態を、ボブのナレーションで語って行くのですが。

創設者のビル・ジャンゴは、ヴェトナムで負傷、帰国した後精神の安定を求めてか、ヒッピー文化に深く傾倒し、「自分探し」をするのですが、この回想シーンのジェフ・ブリッジズがまさに『ビッグ・ラバウスキ』のDude!そのもので笑う。ジェフ・ブリッジズって言うと必ずラバウスキが出ちゃうんだけど、オスカー見て、「それってあながち間違いじゃないな」って思った。だって、オスカーで普通に(演技じゃなく)しゃべってるジェフ・ブリッジズって、マジにDude!そのものだったんだもん!

あと、リンのライバル超能力者であったラリーって言うのが、すっごい焼もち焼きの、コスい感じの男で、こういう役演じると上手いんだよね~、ケヴィン・スペイシー!しかも今回は、LSDでラリって蝶々と遊んだり、超能力のテストで変な声でしゃべったり、はじけまくってます。

ジョジクルも、ユニットにいた頃の回想シーンで長髪だったり、ボストンとかの曲に合わせて踊りまくったり、なんかおっさんたちが楽しそうにはじけまくってて、なんかそれだけでも面白い。

アタシは、観終わってからクレジットとか調べるまで、ずっとコーエン・ブラザースの映画だと思ってた(笑)。ブログ書くのに監督とか調べたら全然違くて「あれ?」って。そういう雰囲気の映画でした。
最近観た映画 | コメント(3) | 【2010/04/04 00:05】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『マイ・ブラザー』-メロドラマちっくに演出し過ぎ
NEXT: 『しあわせの隠れ場所』-良き人であるとは

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/09/04 04:48】 | #[ 編集] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/09/06 05:44】 | #[ 編集] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/09/09 04:49】 | #[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。