スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『フォース・カインド』-超怖いけど「ん?」
The Fourth Kind

夫が何者かによって殺害された、心理学者のアビー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は同僚のアベルに頼んで催眠術を受ける。夫を殺した者の顔を見ているのに思い出せないからだ。しかし催眠術でも顔はわからない。アビーの住むアラスカのノームでは、不眠症に悩まされるひとが多く、アビーも何人かそういう患者がいる。その人たちは共通して、白いフクロウを見ることに気付いたアビーは、一人を催眠術にかけて潜在意識を探り出そうとするのだが、その患者は、自分が思い出したことが恐ろしすぎてアビーに告げられない。その夜この患者は自分の家族を全員射殺し、自分も自殺する・・・・・。

THE 4TH KIND フォース・カインド 特別版 [DVD]
dvd on amazon.com
Produced: 2009
Director: Olatunde Osunsanmi
Writing Credits: Olatunde Osunsanmi
Cast:
Abbey Tyler: Milla Jovovich
Sheriff August: Will Patton
Awalowa Odusami: Hakeem Kae-kazim
Abel Campos: Elias Koteas
すっげー怖かったよう。特に、実際の催眠のヴィデオ・テープと、俳優がそれを演じている映画のシーンを並べて見せるところがすっごーい怖い!あとからウィキとか色々読んだら、「実在する」と言われているヴィデオ・テープも作り物だってわかっったからアレだけど、でも観ている時はすっごい怖くて、映画の手法としては上手い!

冒頭に主人公のアビゲイル(アビー)・タイラーを演じるミラ・ジョヴォヴィッチが出てきて、「ハロー。タイラー先生を演じるミラです。この映画は実話に基づいています・・・」とかって言うので、ヴィデオの信憑性とか疑わないで観れちゃうので、本当に怖い。まあ、疑い深い人なら「うそだよ~」って思いながら観るんだろうけど、私は単純なので、マジ怖がってた。一緒に観た友達は「絶対アラスカのノームには近づかない!」って言ってた。

でも、この話って、あながちウソじゃないんじゃない?つーのは、設定がすごい『ツイン・ピークス』に似ているんだよ。夢の中でフクロウを見るとかさ。『ツイン・ピークス』は、場所がシアトルに近い町だけど、あの辺って本当にFBIがしょっちゅう出入りしてて、行方不明とかすごい多くて、『ツイン・ピークス』はそういう噂(事実かどうかは知らん)を下敷きにして作った話ってのを聞いたことがある。

でまあ、すっげービビってたのですが、後から考えてみると、お話はちょっと「ん?」って思ったりする。(ネタバレかわかんないけど、映画を楽しみたかったらなるべく詳細は知らない方か面白いかも)

私としてはですねー、宇宙人がSumarianだっけ?という人間が太古の昔に使っていた言葉を使う、ってのがなんかなー、って思った。多分、言いたいのは、この太古の文明が残したものを見ると、(壁画とか)、宇宙人と交信していたと受け取れる描写があるので、彼らの言語も宇宙人から教わったものだ、みたくも取れるんだけどさ。

それに、宇宙人に誘拐された人が宇宙人の言葉でしゃべるってのがウソくさい。そりゃあ、誘拐されたことを記憶から消されてるとか、宇宙人が高度な科学を持ってるんだったら何でも有りなんだろうけどさ。でも、アビーが宇宙人に誘拐された娘を取り戻すために宇宙人と直接交信するとか言って、アベルに催眠術にかけてもらい、催眠に陥った状態で宇宙人と自分両方の声で会話するんだけど、それってにわかに信じがたい。そもそもなんのために人間を誘拐してるんだろ。なんで誘拐した人間を通して、人間と交信するんだろ。交信したいなら、なんで催眠術かけないと交信できないんだろ。

でもこのシーン、むちゃくちゃ怖いんだけどね!!観ている時はそんな屁理屈なんか考えてないし、「実在するヴィデオ・テープ」だと信じているからすっげー怖い。

でも「I am God」って宇宙人が言うかよ!とか、脳の裏側で思ってたけど。

とか言いながら、この映画を観た後、テツを散歩に連れて行かなくちゃならなかったんだけど、怖くて行きたくなかった(笑)。夜のお散歩は、いつも星がすっごいきれいで、星を見上げながら歩いてるのね。で、うちは空港が近いので、赤や緑のライトをつけた飛行機がバンバン飛び回っているし、そういう中には「これって普通の飛行機?」って思うようなものもあるの。流れ星を見た事も何度もあるし、ぶっちゃけ空気がきれいだから、星の色も、白っぽいのや黄色っぽいのや、色々あったりしてさ。

ご近所も安全だし、星に願い事なんかしながら、犬とふらふら歩いてたんだけど、しばらくは宇宙船に連れて行かれたらどーしよーとか思うんだろうなあ。星が自分を守ってくれてるとか勝手に思ってたんだけど、この映画を観ると異星人は敵なのね。なんか夢を壊されました・・・・。
今日見たDVD | コメント(2) | 【2010/03/21 22:43】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『しあわせの隠れ場所』-良き人であるとは
NEXT: 『隣の家の少女』-でもやっぱ観て置くべき・・・かも

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
この映画気になってました。
なんか話し聞いてるだけでちょっと怖いかんじが。。。。っていうか「ツインピークス」に似てるって書いてある時点で、ちょっと。。。
私も「ツインピークス」昔全部見ましたが、なんか独特の雰囲気のあるテレビドラマでしたよね。
テツ君、夜お散歩する事もあるんですね。すごい!私は日本にいても怖くて夜はできないんです。。。。田舎だから暗すぎて。。。笑
【2010/03/22 20:35】 URL | Peaches #K8XqRQwA[ 編集] | page top↑
Peachesさん、
怖いですよ!でも、興味深い話でもあるので、是非観て欲しいけど。

テツは一日4回お散歩するんですよ~。早朝、お昼、夕方、夜。散歩たって、ちょっとおしっこするために5分くらいってのがお昼と夜なんですけどね。

うちも結構田舎だから暗いけど、星のキレイな夜とかは、わざと林の近くの真っ暗なところとか行っちゃう!ちょっとでも民家から漏れてるあかりがあるだけでも、星の見え方が変わっちゃうんですよね~。でも当分は怖くて、早足で歩いちゃいそう。明るいところを(笑)
【2010/03/22 21:50】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。