スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ロスト・イン・トランスレーション』-アメ人目線で観てね
Lost in Translation

公開当時に観た時、アメリカ人の友達がみんな「日本の描写がすごいいい!」って絶賛してて、私は一人「日本ってこんな国かよ~」って思ってたら、マイミクさんが、「この映画は、ソフィア・コッポラが日本に来て、『なんなの、この国!』って思った経験から作られてる」って聞いて、「なるほどな~」と思った。

lost_in_translation.jpg
dvd on amazon.com
Produced: 2003
Director: Sofia Coppola
Writing Credits: Sofia Coppola
Cast:
Charlotte: Scarlett Johansson
Bob Harris: Bill Murray
John: Givanni Ribisi
Commercial Director: Diamond Yukai
Kelly: Anna Faris
「アメリカ人目線で見て、『異様』って思った日本の集大成」として観れば、確かにこの日本描写はすっごい的確!だからアメリカ人は「すごい」と思うし、日本人は「なんだコレ~!」って思うんだろうな。

アタシもアメリカに住み着いて14年くらいになるけど、時々日本に帰ると、バラエティ番組って異様だもん。異常に明るい照明、ファンキーなカッコした司会者、何が面白いのかわかんないけどとにかく笑う、とか。でも私は元々日本人だから、何日かすると慣れちゃうけど、アメリカ人だったらずっと気になるだろうな~。

あと、英語わかるようになると、通訳が全然訳なんかしてないってわかってイライラする。まあ、ああいう状況でいい訳するって難しいし、雰囲気だけでいいんだからいいんだろうけどさ、通訳されている方は、なんでみんな笑うのかとか、反応が違うと「ちゃんと訳されているのだろうか」って不安になるよね。

でも今回この映画を観たら、この日本描写ってのは、主人公の二人の孤独感を表現するために使われているんだなあ、と思った。主人公たちは、日本が好きで「来てみたい」と思って来たわけじゃない人たち。そんな国で、知り合いもいなくて、家族や親しい人と引き離されているって、すっごい猛烈な孤独感に襲われると思う。

で、二人とも、アメリカの家族や友達と電話で話すんだけど、全くその気持ちをわかってもらえなくて、孤独感倍増。私もアメリカに来た当初、こういう気持ちになったから「うわ~」って思った。

この二人が、年の差を越えて親しくなってしまうのってすっごいわかる気がしたもん。自分がこの瞬間、キョーレツに感じている孤独感を理解してくれている人。自分の奥さんや旦那さんさえわかってくれないこの思いを共有できる唯一の相手。

その人が先にアメリカに帰っちゃうって、スカヨハ演じるシャーロットにしてみれば、すっごい辛いだろうなあ。考えてみれば、この映画って初めてスカヨハに「おっ」って思った映画だったんだよね。今観ると太ってんだけど、なんだかすごい魅力的な娘だなと思った。

ビル・マーレィって、結構汚らしい、冴えない感じの男じゃない(なのにモテる設定だったりして納得いかなかったりとかするんだけど)?だから元々好きじゃなかったんだけど、プールのシーンとか見るとこの人すごいいい身体してんじゃん?で、特典で見たら、すごいかっこいい人なのよね。すごいカッコいいのにこのうらぶれた感じが出せるとは、すごい演技派なんだな~なんて今回見直した。

でもアレよね、この二人って、もしアメリカに帰ってカップルになったとしたら絶対続かないよね。異国でこのシチュエーションだから強く繋がっただけで。かと言って二人とも、今一緒にいるパートナーとは余り親しみを感じていないのがわかって、辛いなあ~。

今回観たらすごい好きになったこの映画。アタシも段々アメリカナイズしてきちゃったのかしら。

Related Article
■スカーレット・ヨハンソン映画偉人伝
拾いモンの映画 | コメント(9) | 【2010/03/06 21:03】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『The Invention of Lying』-ウソが全くない世界
NEXT: J.K.シモンズ出演作品一覧 [映画偉人伝外伝]

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
はじめまして!
チュチュ姫さんの映画のレヴューがかなりの量だし、視点が面白いな~と思いながら、何度かロムさせてもらってましたPeachesといいます。
ロストイントランスレーション。私も前に見た時は「?」て感じだったんですけど、アメリカ人からの視点だとそんななのか~と思いましたわ。
わんこのてっちゃん可愛いですね!今年のお誕生日会も楽しみですね~。
うちにもチワワがいるんですが、去年は家族で1歳のお誕生会しました!
【2010/03/07 21:22】 URL | Peaches #K8XqRQwA[ 編集] | page top↑
Peachesさん、

初コメ、サンクスです!アメリカ人目線もそうなんですけど、旅行でも長いこと外国にいると、言葉も習慣も違って、すごい孤独に陥ることがあって、そういうのを良く表しているなあ~と思いました。

チワワちゃん見ました~。うちのテツは最近好戦的になってきたので、今年のお誕生日は人間しか招かないことにしようかなあと思っています。
【2010/03/07 21:54】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
私はこの映画、好きです。
もう1回みたいぐらい。

ソフィア・コッポラの映画って、全部見たわけじゃないですけど、空気が独特ですごく良いと思います。
【2010/03/09 19:13】 URL | ほよ #JaFhmbU6[ 編集] | page top↑
いやー何度も言ってすまんが、ここ10年くらいではワースト1なんですよ。http://www.h3.dion.ne.jp/~gowaka/review22.htm
【2010/03/09 21:56】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
ほよさん、

確かに、ソフィア・コッポラって、良くても悪くてもなんとなく好きだなあ。なんか、女がみんな持ってるロマンティズムみたいなものを体現してくれる人だと思う。
【2010/03/10 03:07】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
GOさん、

なつかしー!GOさんの昔のサイト。

アタシも公開当時は全く100%、GOさんのように感じたけど、今はわかるんだ~。アメリカ人の日本観なんて、こんなものだよ。逆に言うと日本人だって、アメリカ来て「未だにこうなの?!」って人一杯いるし。

って、でも、そう言われても全然意味ないとは思うけど。
【2010/03/10 03:14】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
こんにちは!
最近、他の方のブログでチュチュ姫さんのお名前をお見かけして、
久しぶりに覗かせてもらいました。御無沙汰してました。

この作品、御自身がアメリカに住んでいる事で
より理解が深まったようですね。
描かれている日本が面白かったです(^_^)

http://yanrock.blog78.fc2.com/blog-entry-234.html
【2010/04/03 17:01】 URL | YAN #9L.cY0cg[ 編集] | page top↑
YANさん、

コメ、サンクスです!

そちらにTBさせていただきました!
【2010/04/03 18:30】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/01/07 04:54】 | #[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
- by
管理人の承認後に表示されます【2010/03/08 10 : 48】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。