スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ジェニファーズ・ボディ』-ディアブロ・コディは一発屋?
Jennifer's Body

脚本が『ジュノ』のディアブロ・コディ、主演が『トランスフォーマー』で一躍有名になったミーガン・フォックスだったので、どんなもんか一度観てみたかったのですが、こういう映画ってなんて言うの?「ホラー/コメディ・お色気映画」?

Jennifer's Body
dvd on amazon.com
Produced: 2009
Director: Karyn Kusama
Writing Credits: Diablo Cody
Cast:
Jennifer: Megan Fox
Needy: Amanda Seyfried
Chip: Johnny Simmons
Nikolai: Adam Brody
Mr. Wroblewski: J.K. Simmons
Chip's mom: cynthia Stevenson
チア・リーダーのジェニファー(ミーガン・フォックス)と、メガネかけててだっさいニーディ(アマンダ・セイフライド)は、小さい時からの親友。お揃いのペンダントして、「レズなんじゃん!」と言われる位の仲。

ある日、シティから来るバンドを観に行きたいと、ニーディを誘うジェニファー。ニーディは、ボーイフレンドのチップ(ジョニー・シモンズ)とデートがあるのにキャンセルさせられる。ジェニファーは、一緒に来るニーディにださい格好はして欲しくないけど、胸を強調するようなトップは着て欲しくない(胸の谷間はジェニファーの専売特許だから)。

ここまで観て本当は「ジェニファーってビッチじゃん!」って思うべきなんだろうけど、「女の親友って、こんなもんなのか~」って思ってた自分がなんだろう・・・。

ジェニファーは自分がキレイってわかってるからか、男には積極的で、目を着けていたボーカルのニコライ(アダム・ブロディ)と懇意になるのだが、ニコライとバンドのメンバーは、「あの娘、処女だろうな。こましちゃえ」みたいな会話をたまたま聞いてしまったニーディは、ジェニファーに忠告するけど、もちろんジェニファーは聞き入れない。

で、ライブが始まるのだが、アクシデントで火事になり、ニーディに助けられてなんとか逃げ出すジェニファー。外に出ると、ニコライが、「バンドのヴァンに乗りなよ」と誘うと、「ダメ」というニーディを振り切って乗ってしまうジェニファー。

その日の夜遅く、ジェニファーは血みどろになってニーディの家に来て、冷蔵庫のチキンをむしゃむしゃ食い始めたかと思うと、いきなり真っ黒なゲロを吐く。

ジェニファーは実は、有名になりたいニコライに悪魔への捧げモノとして殺されてしまったのだが、いけにえは処女でなくてはならず、処女でなかったジェニファーは悪魔に取り付かれてしまい、「人食い」として生き返ったのである。

高校生として普通に生活しながら、お色気で男の子達を誘惑しては食べてしまうジェニファーの正体を突き止めたニーディは、ボーイフレンドのチップを守るために色々画策するのだが・・・。

ホラーとしては怖くないし(グロくないし)、コメディとしては面白くないし、お色気は・・・・まあ、ミーガン・フォックスだからってのはあるけど、全てに中途半端です。でも、ミーガン・フォックスみたいなやらしい、若い女の子が血みどろになったり、ゲロ吐いたり、目の色が変わって男に噛み付いて人肉喰ったり、ぐちゃぐちゃの死体から血をすすって飲んだりとか、そういうのが萌える人もいるんだろうなあと思います。

あと、中盤でジェニファーとニーディの生々しいキスシーンがあるので、これも男性ファンの萌えを満たしてくれるんだろうけど、すっげえ唐突に必然性のないシーン・・・・

そういうの多くて、最初のバーが火事になった理由ってのもわかんないし、のちのちニーディが「チップの安全を守るため」にチップと別れる、ってのも良くわからない。

バンドをやってる男の子達が、「今バンドやってる男なんてみんな可愛いし、ださい映画の主題歌に選ばれるかなんかしないと成功なんてできない」って理由で、グルーピーを悪魔に捧げて取り引きするとか、ジェニファーとニーディの「女の親友」に対する洞察とか、細かい設定は面白いんだけど、ストーリーに上手く絡んでないというか、ストーリーの中であまり生かされていない。

で、なんか知らんけど、J.K.・シモンズとか何気に出てたりしてんだけど、全然生かされてないしさあ。ニーディの彼氏役のジョニー・シモンズもなかなか好演だったのにもったいない。考えてみれば役者さんみんな良かったのに、ストーリーが取り留めなくて、イマイチ盛り上がらない。

やっぱりディアブロ・コディは一発屋だったか。

ホラー | コメント(0) | 【2010/03/03 03:59】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: J.K.シモンズ出演作品一覧 [映画偉人伝外伝]
NEXT: 姫の野望シリーズその6:更に精進します!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。