スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ジョシュア 悪を呼ぶ少年』-ベタな怖い子供モノ
Joshua

なんですかこの邦題の「悪を呼ぶ少年」って!ぶわはははは!!ヤケっぱちで付けたとしか思えない。ヴェラ・ファーミガの偉人伝書いてたら見つけたんですけど、タイムリーに図書館にあって、しかも『月に囚われた男』で観たばかりのサム・ロックウェルが共演ってことで、面白そうだから借りてきました。

ジョシュア 悪を呼ぶ少年 [DVD]
dvd on amazon.com
Produced: 2007
Director: George Ratliff
Writing Credits: George Ratliff, David Gilbert
Cast:
Brad Cairn: Sam Rockwell
Abby Cairn: Vera Farmiga
Joshua Vairn: Jacob Kogan
Ned Davidoff: Dallas Roberts
Chester Jenkins: Michael McKean
なんかIMDbで見たらサンダンスとかインディペンデント系の賞とかノミネートとか獲ってるんですけど、かなりベタな「怖い子供」モノです。オーメンとかさ。そういえば、ヴェラ・ファーミガって、『エスター』にもお母さん役で出てるよね。

この家族は、ニューヨークはマンハッタンで高級アパートに住んでいるヤッピーなんですけど、サム・ロックウェル演じるお父さん・ブラッドが、すっごい下世話で面白い。仕事はストック・ブローカーらしいんだけど、ニューヨークのヤッピーなのに、ブルーカラーみたいなしゃべり方をする。で、息子のジョシュア(ヤコブ・コーガン)がまだ9歳なのに、家でもワイシャツにネクタイみたいな格好をしている気取ったガキで、この息子に多分密かにバカにされてるんじゃないかと想像される、だらしね~感じのお父さんが余りにハマっているサム・ロックウェルに笑う。

お母さんのアビー(ベラ・ファーミガ)も気取った感じじゃなくて、ジョシュアの学校の生徒の親たちとか、ハイソな感じの人たちをすっごい嫌っている。で、この夫婦が第二子をもうけるところから話が始まるんですけど、アビーの弟、ブラッドの両親が赤ちゃんを観に来て、もう可愛い可愛いで、ジョシュアは面白くない。

ジョシュアは、自分が赤ちゃんの時もあんなに可愛がられたのかしらと思い、自分が小さい頃のテープを探して見る。すると、ジョシュアはすごいカンの強い赤ん坊で、お母さんは育児ノイローゼだったことがわかる。今の赤ちゃん、ジョシュアの妹はすっごくおとなしくて、そんで可愛がられているのが気に入らなくて、両親に隠れてつねったり(多分。見たわけじゃないけど)して、泣かせる。で、妹もカンが強くなってしょっちゅう泣くようになってしまい、お母さんは「またかよ~」って感じでノイローゼになってしまう。

ジョシュアがそれこそ色んなことするんだけど、あんまり怖くないんだよね。「え!え!どうなっちゃうの?!」とか思わない。ただ、「あ~奥さん育児ノイローゼなると、旦那は大変だなあ」って思った。昼間は働いているのに、家に帰ってきてまた一騒動。休む暇ないよなあ。『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』にもあったな、こういう描写。

しかも奥さん、会社に電話してきて「いますぐ帰ってきて!」なんて言うしさ。そいで、面白いのは、奥さんそういう感じで、セックスレスになっちゃったので、お父さんは会社の女の子といちゃいちゃし始めるんだよね。なるほど~。

***ネタバレ***

お母さんはジョシュアに翻弄されて精神病院に入っちゃうんだけど、お母さんの弟が、お父さんを慰めているときに「姉さんの病気は、義兄さんが至らなかったせいじゃないよ。家系だから」と、お母さんサイドの家系に精神上の気があることを示唆する。そうすっと「ああ、じゃあジョシュアもヤバイんじゃん」って思うじゃない?

で、ジョシュアがヤバイって気が付いたお父さんは、妹を守って、ジョシュアにあからさまに「お前がやってるって知ってるんだぞ」みたいな事言う。なんかさ、ジョシュアって、最初から余り愛されてなかったみたい。赤ちゃんの頃はカンが強いし、大きくなってからはちょっと変わってるし。でも、お父さんは結構かまってあげたりしてたんだけどさ。

でもお父さんも陥れられて、幼児虐待で刑務所に入れられてしまう。で、最後ジョシュアは、お母さんの弟に引き取られることになったらしく、荷作りしているときにピアノを弾きながら、自分で作った歌を歌うんだけど、歌詞が、要約すると、両親はバカだし、ボクを愛してくれなかったし、あなたと一緒にいたかった、みたいに、叔父さんであるお母さんの弟に向けられた歌詞で、それを聴いて「あ、ジョシュアがやったんだ」って気付いたお母さんの弟がおののく、という最後なんだけど・・・。

考えてみると、赤ちゃんが生まれたときにお父さん側は両親がきたけど、お母さん側は弟しか来なかった、ってことは、お母さん側は両親が既にいないということを示唆しているじゃない?で、お姉さんの精神病は、家系だって言う。つことは、この二人もジョシュアがやったことみたいのを自分の両親にやったんじゃないかと・・・・。でもそれにしちゃあ、お母さんの弟が最後「おののく」ってのがわかんらんな。

まあ、どちらにしろ結構どーでもいい映画なんすけど。なんたって「悪を呼ぶ少年」ですからね!
映画 | コメント(0) | 【2010/02/08 00:21】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『クレイジー・ハート』-主演男優賞は確定なんじゃ
NEXT: 『ニューヨーク、アイラブユー』-観ている方はシラける

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。