スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『セレブレーション』-真理を突いた昼メロ?
Festen (The Celebration)

去年の夏頃に、うちの近くの図書館で、毎月外国映画を見せる催し物があって、ご近所の人たちと一緒に行ってたんですが、このデンマーク映画は用があって観に行けなかったの。後でご近所の人たちに聞いたら、「すっごい面白かったわよ!」って。

デンマークの田舎でホテルを経営しているヘルゲの60歳の誕生日に、親戚一同が集まる。ヘルゲのホテルに泊まり、特別なコース・ディナーを食べ、ダンス、歌、と楽しい宴になるはずだったのだが、長男のクリスティアンの爆弾発言が飛び出し・・・・・。

Festen
Produced: 1998
Director: Thomas Vinterberg
Writing Credits: Thomas Vinterberg, Mogen Rukov
Cast:
Christian: Ulrich Thomsen
Helge: Henning Morizen
Else: Birthe Neumann
Michael: Thomas Bo Larsen
Helene: Paprika Steen
Pia: Trine Dyrholm
Mette: Helle Dolleris
あっと驚くネタバレ!って感じのプロットじゃないんですけど、余り内容を知らないで観た方が面白いと思うので、観たい方はこの先読まない方が。

長男の爆弾発言ってのが、お父さんのために乾杯するときのスピーチで、ヘルゲが自分と、自分の双子の妹を性的に虐待していた、という内容なんですよ。

で、それを聞いたパーティに集まった人たちは、きょとんとして、何も反応がない。そこへ、ちょっとボケの入ったおじいちゃん(ヘルゲのお父さん)が、唐突にスピーチし始めて、みんなクスクス笑ったりする。

この映画は、長男の発言によって物語が大きく展開していくとかそういうタイプの映画じゃなくて、「爆弾発言があったのに、みんなあんまり反応しない」というような、人間の心理をズバリ描いているところが面白いみたい。話自体は昼メロみたいなんだけど、人間の反応が本当っぽいと言うか。

次男のミケルとその女房も面白いんですよ。しょっちゅうケンカしていて、しかもそのケンカがものすごいの。怒鳴りあうし傷つけ合うし、ものは投げるわ壊すわ。女房の方は顔がいつも怒ってて、すごい緊迫感。

で、ホテルの部屋で大喧嘩した後、ミケルが「ベッドに横になろう」って言うと、女房が嫌そうにするんだけど、「謝っただろ」って言って、結局セックスする。

なんかコレってリアルだな~と思った。虚勢張ってる小心者の男って、さんざん奥さんを怒鳴ったり殴ったりした後、セックスしたがるんだよね。小心者だから、「それでも愛している」って確認したいのか、身体も心も俺のものなんだ!って納得したいのかわかんないけど。こういういや~なセックスをモロ描写しているところが「すっげー」と思った。

で、仲直りしたのに、シャワーで滑って転んだミケルは、また女房に当たる。で、またケンカが繰り返される。こういう夫婦っているよな。

あと、お母さんもスピーチするのだけど、そこで「うちの子供たちはみんな素晴らしい。ミケルはなんちゃらで、ヘレネはなんちゃらで・・・・」って褒めてるんだけど、かなり苦しい。「素晴らしい子供たちです!」ってトーンでスピーチしているのに、子供たちが要するに負け組みなのがわかって可笑しい。で、クリスティンの話になったとき、

「・・・クリスティンは昔からイマジネーションが強い子で、空想のお友達を持っていました・・・・」

って言って、さっきのお父さんに犯された、って話も空想の賜物、

「クリスティン、あなたの空想のお友達から離れて、お父さんに謝りなさい」

なんてやんわりと言うと、「うわ~ヤナ感じ!」ってなるところが笑う。

そんな感じで、結局クリスティンの爆弾発言があったにも関わらず、パーティは夜の10時まで続いていく。クリスティンは執拗に、ヘルゲが自分たちをレイプしたことを言及して、ミケルと親戚の血の気の多いおっさんたちがクリスティンを外に連れ出しちゃうんだけど、そんなことがあってもパーティの客は淡々とディナーを食べたりしている。

ああそんで、ウィキによると、この映画は「ドグマ95」という、デンマークの映画ムーヴメントの「純潔の誓い」基づいていて、効果音なし、照明効果なし、セット撮影なしで撮られている。確かに、画面があんまりクリアじゃなかったり、ミケルがクリスティンを殴る音がチンケだったりして、観ている間「うーん、何かが違う」と思った。

で、最後は、次の日の朝、朝食の席でヘルゲが「子供たちに悪いことをした」と子供を犯したことを認める。で、ミケルが「みんな朝食を食べるから、あんたは出てってくれ」って言うと、ヘルゲは出て行こうとする。そのとき奥さんに、「お前は?一緒に来るか?」って言うと、「私は残るわ」って冷たく言う。この辺も「真理だな~」と思った。
気になる映画 | コメント(2) | 【2010/01/09 22:29】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ハート・ロッカー』-淡々としてて逆に怖い
NEXT: Merry Christmas & Happy New Year!!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
ドグマ映画って画面が揺れるから見てて酔ったりしませんか?
私はどっちかというと苦手です・・・。

私、デンマーク在住ながら、デンマーク語で映画を観れるほどの語学力が
まだないので、この映画も観れるのはいつになることやら。せめてDVDには
英語字幕を入れてほしいんですが、ないんですよねー。
日本映画にはついてたりするのに。
【2010/01/10 19:09】 URL | Jylland #-[ 編集] | page top↑
> ドグマ映画って画面が揺れるから見てて酔ったりしませんか?
> 私はどっちかというと苦手です・・・。

なかなか新鮮な感じで良かったですよ。リアルというか。ストーリーも面白かったから。ちょっと引っ張り過ぎ?って感じもしたけど、おおむね良かったです。
【2010/01/11 21:49】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。