スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『スペル』-サム・ライミ・ワールド初体験
Drag Me to Hell

正直なところ、「これがすごいのか~」って感じでしたよ。確か、町山さんは「爆笑ホラーだけど、重いテーマが隠されている」って言ってたし、宇多丸さんも「結構いい」って言ってたと思うんですが(大絶賛はしてなかったはず)、私はこの手の映画は良く知らないし、『スパイダーマン』を除いたら、サム・ライミって初体験かも。

drag me to hell
Produced: 2009
Director: Sam Raimi
Writing Credits: Sam Raimi, Ivan Raimi
Cast:
Christine Brown: Alison Lohman
Clay Dalton: Justine Long
Sylvia Ganush: Lorna Raver
Shaun San Dena: Adriana Barraza
もっとさー、すっげー怖いのとか、ぶっちゃけ気持ち悪いのとかも期待してたのよ。なんかやたらと吐瀉物みたいのは出てくるのですが、特に本物っぽく見せようとしているのでもなく、漫画チックで、笑っちゃうけど怖くもキモくもなかった。主人公の女の子が血を吐くところなんか、口からどばー!っと出てきて、怖がるべきか、気持ち悪がるべきか、悩んでしまったよ。あと、襲ってくるおばあさんに、上から物を落として頭をかち割るんだけど、目がぐちゃっと飛び出てきて、主人公の女の子の顔にびちゃ!って張り付くとことか、一緒に観ていたDくんは「わー!ぎゃははは」って面白がってたけど、アタシは「ふーん」って。サム・ライミってどっちかっていうと男子系なのかなあ。あと、最後(ここからネタバレですので、気をつけてください)に、女の子が地獄に引き摺り込まれるところも、顔が変わっていくところがモロ漫画じゃん!!あそこ、怖いシーンじゃないの?!ギャグでやっているのか、本気なのか、計り知れない。

主人公の女の子がうっすらとブスなのとかも、計算なのかしら。なんか、「B級感」を出そう!ってがんばっているように見受けられた。あ、唯一「面白い!」って思ったのは、なんか霊媒師みたいなおばさんのとこで悪魔祓いしてもらうところ?ラミアって悪魔が乗り移って、空中に浮いたり、ここ結構見せ場っぽくて面白かったな。この霊媒師の役のアドリアナ・バラーザって人、いいなあ!って思って良く考えたら、『バベル』に出てたメキシコ人のおばさんだった。どっかで観たことあると思った。

あと、ラミアって、アイアン・メイデンの歌に出てくるんだよね。『Prodigal Son』って、『キラーズ』に入っているメイデン唯一のアコースティック・ソング(唯一だと思うのだが)が、ラミアに救いを求める歌詞なので、ラミアって天使かなんかと思っていたら、この映画ではすっごいパワフルなワル~い悪魔として描かれている。

町山さんが言うところの「重いテーマ」って、主人公の女の子が、自分の昇進のためにおばあさんの窮地を救ってあげなかったところなのかなあ。それって結構安っぽいモラルだな~と思ったんだけど。だって、救ってもらえなかったからって、呪いをかけるばあさんの方もどうよ、って思わん?それに呪いって、特殊技術じゃん!アタシがローンの返済待ってもらえなくても、呪いをかけたりできないよ!それとも町山さんお得意の、「実はこれはキリスト教ではなんちゃらです!」みたいな話が隠されているのかなあ。

まあ~どちらにしろ、私はこういうの見慣れないから何が面白いのかも全然わかんないし、ちょっと肩透かし。ジャスティン・ロングも冴えなかったしさ~。

Key Words
サム・ライミ アリソン・ローマン ジャスティン・ロング ローナ・レイヴァー アドリアナ・バラーザ
ホラー映画 | コメント(4) | 【2009/12/28 15:49】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: Merry Christmas & Happy New Year!!
NEXT: 『(500)日のサマー』-夏子の後は、秋子さん

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
まだ見てないのだけど、
”死霊のはらわた”シリーズでサム・ライミが大好きになったぼくらにとっては”僕たちのサム・ライミが帰ってきた!”的な映画だと聞いてます。姫のいう、ギャグなのか本気なのか、と戸惑ったところは全てギャグです。死霊のはらわたシリーズ3作を見れば彼の作品トーンが理解できますが、この3作を見て面白いと思えなければ”向いてない”としか言いようがないです。ボクはと言えば彼の映画は全部大好きですが、個人的には”死霊のはらわた2”が好きです。
【2010/01/01 23:39】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
GOさん、

ふむふむ、これがサム・ライミのあるべき姿なのですね。こういうものが面白い!って思う人がいるっていうのはわかるんだけど、こういう作風を期待して「観たい!」って思わないかもなあ。でも『死霊のはらわた』ってめちゃくちゃ有名だから、機会があったらチェックしてみます。
【2010/01/02 22:28】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
重いテーマってローンの事でしょ。あなた何観てたんですか?。
【2010/02/05 02:41】 URL | Just being a dick #-[ 編集] | page top↑
そうかなあ。ローンっていうのは『テーマ』を見せるための道具であって、テーマじゃないんじゃない?
【2010/02/05 03:45】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。