スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『25時』-やるせないですお~!
25th Hour

これ、昔観たとき、ものすごいやるせない気持ちになったのですが、今観ても本当にやるせないです。麻薬売買で逮捕されたモンティ(エドワード・ノートン)は、明日の朝、刑務所に送られる。今日がシャバでの最後の日。父親の経営するレストランに食事に行き、その後幼馴染みのジェイク(フィリップ・シーモア・ホフマン)、フランク(バリー・ペッパー)、そしてガールフレンドのナチュレル(ロザリオ・ドーソン)とクラブで一夜を過ごすことにする。

25th hour
dvd on amazon.com
Produced: 2002
Director: Spike Lee
Writing Credits: David Benioff
Cast:
Monty Brogan: Edward Norton
Jacob Elinsky: Philip Seymour Hoffman
Frank Slaughtery: Barry Pepper
Naturalle Riviera: Rosario Dawson
モンティは7年間刑務所に入れられるのですが、それが何を意味するか、ということが、最初私にはわからず、登場人物の会話から段々わかってくると、背筋が寒くなります。モンティのような華奢で可愛い男、しかもムショに知り合いもいないような男は、屈強な他の囚人たちに女のようにレイプされ、弄ばれる。クラブでフランクとモンティがしゃべっているシーンでモンティが、

「多分、最初の夜に歯を全部折られるだろう。そうすれば一晩中フェラチオさせても、噛まれる心配ないだろうから・・・・」

なんて自分で言ってるのを聞くと、どよ~んと重くなってしまいます。フランクは、7年経って出てきたら、また希望が開けるよ、みたいなことを口では言うのですが、この前のシーンで、ジェイクと二人っきりの時に

「モンティは終わりだ。7年ムショに入れられるってのがどういうことかわかるか?」

とか言ってるわけですよ。その含みが、もしかしたら殺されてもおかしくないんじゃないかと思われるような口ぶり。

そんなところに放り込まれるとわかって過ごす日々って・・・・。やだろうなあ。

このフランクが住む、ニューヨークの高級アパートは、911のグランド・ゼロが見下ろせる場所にあり、まだ作業員が片づけをしているところを見ながら、フランクとジェイクが話をしているシーンがあります。それとか、密告によって逮捕されたことに対して「なんで俺が」と思った鏡の中のモンティが、ニューヨークに住む様々な人種に対して文句を言うシーン。スパイク・リーは、この一人のドラッグ・ディラーの物語りを通して、現代のニューヨークを描きたかったのかなあと漠然と思ったのですが、ウィキを見たら、時期的に911が起こった直後だったので、原作にはない911のリフェレンスをリー監督が挿入したんだって。

「様々な人種」の方は、目的はわからないけど、なんか、「自分ばっかり損をしている」なんて感じる時には、どいつもこいつも憎くなる、っていう気持ちがあるでしょ?それを現してるという意味では良かった。韓国人、中東、南米の移民、ユダヤ人、アイリッシュ、イタリアン、本当にニューヨークには色んな人がいる。

フランクが言うとおり、モンティは他人をドラッグ中毒にして金持ちになったんだから、仕方ないんだけど、いやにモンティに肩入れしちゃう設定になっているんですよね。肩入れっていうか、やだよな~って。『シャウシャンクの空に』でもあったじゃん。刑務所でリンチされたり、レイプされたり。そこを見せないで、そういうところに送り込まれる前の日、っていう設定がもう、どよ~んですよ。最後、モンティを車で刑務所まで送っていくお父さんが、

「お前が逃げたかったら、どこか遠いところへ連れてってやるぞ」

といい、どこか名もない街にモンティを下ろし、「帰ってくるな・・・」と言い残して去る。で、モンティはそこでひっそりと暮らし、何年か後にはナチュレルと連絡を取り、結婚し、子供もでき・・・・・

ってなんか上手い話だな、と思っていたら、車の中で居眠りしているモンティの夢だった・・・・という、最後もめちゃくちゃやるせない~!!!


Key Words スパイク・リー デイヴィッド・ベニオフ アンナ・パキン ブライアン・コックス トニー・シラグサ コースチャ・ヴァネッサ・フェルリト イザイア・ウィットロック・ジュニア

Related Articles
■最初、トビー・マグワイアがキャストされてたらしいけど、こっちで正解だったんじゃん?エドワード・ノートン出演作品一覧
■お得意の「情けないデブ」を好演してた、フィリップ・シーモア・ホフマン出演作品一覧
■やらしー感じの証券マンを好演したバリー・ペッパー と言えば、やっぱりプライベート・ライアンのスナイパー役ですよねえ
■モンティの彼女・ナチュレルを演じたロザリオ・ドーソン。スタイルいいよね~。色々出てんだけど、 なぜかレントしか思い出せない
映画を見て、思ったこと | コメント(2) | 【2009/10/23 02:54】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 地獄の2連ちゃん第一日目-ウルフマザー!
NEXT: ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ - こんな日がこようとは・・・・

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
チュチュさんの書いてるのを読んで
「え?夢だったっけ?いやいやいや~」と思って確かめるためにレンタルして再び観てしまいました。
ずっと前にこれ観てたんですが、私勘違いしてました。。。最後のシーン観てなかったのか??
夢じゃなく、どこかの街に逃れておじいさんになるまでひっそりと暮らしたのかと思ってた。(汗)

しかし、刑務所入るんなら死んだ方がマシかもってホントに思ってしまう。自由を奪われるだけじゃなく、もっと過酷な世界が待ってるのかと思うと恐ろしい。

ところで、フランク役のバリー・ペッパー久しぶりに観ましたが
やっぱカッコイイですね。私もこの人好きです。
【2009/11/01 19:49】 URL | codomo #yBfrOqTk[ 編集] | page top↑
codomoさん、

私も、再見するまで細かいところ忘れてて、特に、スパイク・リーがあとから挿入したとされているNYCに住む人たちのリフェレンスみたいの、やっぱりちょっと余分っていうか、今観ると、原作どおりにやった方がインパクト強いんじゃないの、って思ったんだけど、それでなくてもいい映画ですよね。

なんか、今回観て気がついたのは「よりにもよって、アノ刑務所かよ」みたいのがあって、なんかNY近郊でも一番怖い刑務所に送られてしまうみたい。本当に怖いですよ~この映画・・・・・

バリー・ペッパー、渋いよね~。大好き!
【2009/11/03 00:51】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。