スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
映画偉人伝 ~その11~トム・サイズモア
映画偉人伝 ~その11~ 

Tom Sizemore

トーマス・エドワード・サイズモアJr.は1961年11月29日、デトロイトのイタリア系アメリカ人の家庭に生まれる。小さい頃から映画のタフ・ガイたちに憧れて育ち、ウエイン・ステート大学を経て1986年、テンプル大学で演劇の博士号を取る。

その後NYでウエイターをしながら下積み時代を過ごす。最初のビッグ・ブレイクは、オリバー・ストーン監督の『7月4日に生まれて』へのキャスティング。この後90年代には『トゥルー・ロマンス』『ナチュラル・ボーン・キラーズ』を始めとする様々な映画で活躍する。

華々しい活躍の裏で1998年、ドラッグ更正プログラムを始める。サイズモアの母親と、友人のロバート・デ・ニーロが連れ立って撮影現場に訪れ、「今すぐ刑務所かドラッグ更正施設へ連れて行くが、どっちがいいか」とサイズモアに迫り、サイズモアは更正施設を選んだ。プログラムを終了したあと、サイズモアは薬物中毒のティーンエイジャーのカウンセラーをしていた。

ちょうどこの頃、スティーブン・スピルバーグ監督に『プライベート・ライアン』のサージェント・ホーバス役をオファーされる。この役でサイズモアは、人間味溢れる役柄もこなせる才能を認められる。また、この映画の撮影中、スピルバーグ監督はサイズモアに定期的なドラッグ・テストを義務付け、一度でもテストに落ちたら、映画を全て最初から撮り直すと脅かした。これによって薬物中毒から立ち直ることができたと、サイズモアはスピルバーグ監督に感謝している。

■小さいときマーシャル・アーツを習っていたことがある。

■ウエイト・リフティングが趣味。

■『ナチュラル・ボーン・キラーズ』の刑務所のシーンでは、ジュリエット・ルイスに本当に鼻の骨を折られた。

■下積み時代はNYのワールド・トレード・センターでウエイターをしていた。

■『レザボア・ドッグス』のMr.ピンク役のオーディションを6回受けた。

チュチュの感想■
またもや、デトロイト出身のスターです!タフ・ガイに憧れて映画スターを目指したということですが、タフ・ガイというより異常者というイメージが強いんですが。これも90年代の映画の性質のせいかも知れません。『レザボア・ドッグス』のMr.ピンクって、あの、耳切る人でしょ?私は長い間、あの役者とサイズモアさんの見分けがつきませんでしたよ。

サイズモアさん関連記事
■月並みながら、ワタクシもこの映画でサイズモアさんいいと思いました『プライベート・ライアン』
■この人出てたっけ?全然記憶にない『パール・ハーバー』
■異常な刑事・スカグネッティを好演『ナチュラル・ボーン・キラーズ』
■軍隊の中間管理職がすっかり板についてしまった『ブラックホーク・ダウン』

Key Word
映画 俳優 トム・サイズモア


こちらもよろしく
■チュチュの映画偉人伝~INDEX~

※この記事は、IMDb (Internet Movie Database) の記事をチュチュがテキトーにサマって訳したものです。もしこの偉人伝で取り上げてもらいたい映画の偉人さんがいたら、教えてください。がんばって翻訳しま~す。
好きな俳優 | コメント(7) | 【2005/12/28 00:50】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: ジョニー・デップ 映画偉人伝 その8
NEXT: Mr.インクレディブル-お父さんはたいへんです!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
チュチュ姫さんこんにちわ。
トム・サイズモアは「プライベート・ライアン」のほかに「ストレンジ・デイズ」の相棒役でしか覚えがないですが、その哀愁たっぷりなカンジの佇まいがステキですね。人生に疲れた中年のワルといったとこでしょうか。
Mr.ピンクのオーディションを受けていたんですか!でもブシェーミをさしおいて他にあんな演技できる人はいないかと。
【2005/12/29 13:44】 URL | リトル・ゼ #-[ 編集] | page top↑
リトル・ゼさん、
あ、Mr.ピンクって、ブシェーミか、そりゃだめだわなあ。じゃあ耳切る人は?Mr.オレンジ?あの人ってサイズモアさんに似てない?
【2005/12/29 22:12】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
マイケル・マドセンですね。似てますねー完全にイタリアンマフィアですね。個人的に思慮深い兄(サイズモア)危なっかしい弟(マドセン)という設定があったらいいなぁなんて。
【2005/12/30 05:57】 URL | リトル・ゼ #-[ 編集] | page top↑
”ブラックホーク・ダウン”にも出てましたね、
なんか物凄く役柄が”プライベート・ライアン”とかぶってると思いましたよ。こういう役は昔ならアーネスト・ボーグナインがやってたなあ。
【2005/12/30 15:04】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
いや~ん!私、この人大好きなんです。
イタリア系だったですか。納得。
「プライベート・ライアン」とか「ブラックホーク・ダウン」での役が私は好き。
でも、ドラッグから立ち直ったのですか?最近もなんか問題起こして刑務所に入ったようなニュースを読んだ気がするのですけれど・・・。
【2006/09/25 21:43】 URL | naoco #-[ 編集] | page top↑
naocoさん、
この人が「いや~ん」って感じで好きとは、気合入ってますな。

最近聞かないので、なにか問題起こしているかもしれませんね・・・。いい役者さんなのですが、なにかと問題多そうです。がんばって欲しいですが。
【2006/09/25 23:56】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
耳切るのはピンクではないです。
ピンク=スティーヴ・ブシェミ

確かミスターブロンド
でもトム・サイズモアが耳きり役だったほうがよかったかも・・・
【2007/08/31 00:23】 URL | ふれん #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。