スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『96時間』-娘がムカつく!
Taken

宇多丸さんの「リーアム・ニーソンのお面をかぶったスティーブン・セガール・ムービー」というレヴューが可笑しくて観てしまいました。宇多丸さんの名誉のために言っときますが、宇多丸さんはけして「面白いです」とは言ってません(キメの「オススメです!」はもちろん言ってましたが)。宇多丸さんのしゃべりが面白かったから借りちゃった、という、ほとんど意味不明な動機です!

Taken
dvd on amazon.com
Produced: 2008
Director: Pierre Morel
Writing Credits: Luc Besson, Robert Mark Kamen
Cast:
Bryan Mills: Liam Neeson
Kim: Maggie Grace
Sam: Leland Orser
リーアム・ニーソンってこういう人だったっけ~?確か、私の愛するキリアンの憧れの俳優じゃなかったかなあ。しかしまあ、リーアムさんに関しては宇多丸さんと彼の聴取者の人たちが面白いこと言ってるんで、ここでは置いておくとして。

私がムカついたのは、リーアム父さんの娘ですよ!リーアム演じる実のお父さんは、元CIAの工作員。お母さんが再婚した新しいお父さんは、なんだか知らんけど大金持ち。17歳の誕生日に馬は貰うわ、U2の追っかけやってヨーロッパ中を旅行する金を親から貰うわ。だいたいさ、このバカ娘が無キズで助かったのは、実のオヤジが元CIAで、継父が金持ってたからじゃん。その時点でもういけすかないですよ!

それにさ、このバカ娘の設定ってなんか変。誕生日で馬が出てきたときとか、「おーまいが!おーまいが!」って走るじゃん。リーアム父さんがパリ行きを承諾してくれたときも走ってたじゃん?なんかやたら無邪気に走りまわるんだけど、アレって12歳くらいの描写じゃないですかね?17歳ってもう少し成熟してない?『ジュノ』とか、『リトル・ミス・サンシャイン』のポール・ダノとかさ。それとも金持ちの娘ってあんな感じなのか?あ!そっか!のちのち誘拐されてから、この娘が処女だ、っていうのの伏線なのかな、この「無邪気」を強調した役作りは。でもそんだったら、こんなバカっぽい無邪気さを強調するんじゃなくて、友達との会話の中で

「やだ~、あんたまだ処女なの?!」なんてバカにされたりとか、そーいう逸話みたいのを持ってきてくださいよ。

あとさ、今時の17歳が追っかけしたいバンドってU2ですかね~。U2っつったら、お母さんの方が追っかけしたいバンドなんじゃないの?だからやたら寛大に承諾したのかな、お母さんは。

このお話の中では、リーアム父さんのあっぱらぱーの小娘が、パリに旅行に行ったら人身売買組織に誘拐されてしまうのですが、なんか、映画の中で「一人旅している女の子を誘拐する方が、コストがかからなくていい」っていう理由で、空港に着いたばかりの女の子たちを狙っている、って話だったんだけど、コレってどうかね。このお話にズバリあるとおり、誘拐した娘の親が金持ってたり、権威のある仕事してたりしたら、却って面倒くさいことになるんじゃない?まあ、やたらと腕っ節の強い元CIAが追っかけてくるってことはないにしろ。

私がたまたま読んだ人身売買に関する記事では、身寄りのない娘とか、家出少女とか、売春やってる娘とか、いなくなっても誰も大騒ぎしないような娘を誘拐してくるって書いてあったよ。そういう子がいるのは可愛そうなことなんだけど、人身売買する方の身になって考えてみれば、その方が都合がいいのでは。なんかいかにもアメリカの中産階級以上の家の娘なんか誘拐したら、親がわーわー騒いで仕事しづらくなるんじゃないかしら。

とか、要らぬ心配をしながら観てましたが・・・・。そうそう、そんで最後、リーアム父さんとバカ娘は空港に降り立ち、娘は人ごみの中を一日千秋の思いで待っていたお母さんと継父のところへ走って行く(また走った!)んだけどさ、いくらマフィアだとは言えあんだけ人殺して、あっさりアメリカに帰って来れる訳ねーだろ!だいたいさ、リーアム父さんをパリに送り込む時は自家用ジェットだかなんかで送りこんだんだから、帰りもソレで隠密に帰ってくればいいだけの話じゃん!金持ってんだろ~~!!!(警察とかより、最後に殺したサルタンとか違法な組織の方がヤバくね?とか思うのですが)

Key Words
ピエール・モレル リュック・ベッソン

Related Articles
■私のリーアム・ニーソンのイメージといえばこの映画なんだがなあ・・・『プルートで朝食を
■リーアム父さんの親友役のリーランド・オーサーは、『セブン』で刀ベルトをつけて売春宿で見つかった男の役が忘れられない
映画感想 | コメント(3) | 【2009/09/27 08:14】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: リーアム・ニーソン出演作品一覧 [映画偉人伝外伝]
NEXT: 一度は体験してみたい!トミー・エマニュエルの職人芸

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
カッコイイブログですね、あれはハルクホーガンですかね?今ぶろぐを始めたばかりで勉強中ですまたおじゃましますv-222
【2009/10/04 22:06】 URL | wanwan #-[ 編集] | page top↑
都市伝説なんでしょう きっと…。
ヨーロッパに行ってさらわれちゃうんだよ!ってホステルとかありましたよね。
この映画ほど前評判と公開後の評価が違ったのってなかったような。確か2つ星くらいだったけど 公開したら大評判で 私はどっちかというと2つ星でした。理由は当然 あの娘ですよ!ホント そのままやられてしまえ~~~!とまで思ってしまいました。
【2009/10/21 20:06】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
プリシラさん、

久しぶり~!

そーでしょ、あの娘!今考えても頭悪いんじゃないかと思っちゃう。
【2009/10/22 02:28】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。