スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
一度は体験してみたい!トミー・エマニュエルの職人芸
Tommy Emmanuel @ the Ark, Michigan September 25th, 2009

いや~、今回は本当に、自分がもっと音楽やギターに詳しくて、このすっごい演奏を言葉で表現できたら!とマジで思いましたね。とにかく凄かったんですけど、なんて言ったらいいかわかんないよ~!説明できないので、「Tommy Emmanuel」でちゅ~ぶで観てみてください。とにかく凄いから。

Tommy Emanuel
ステージに出てきて、おもむろにアコギをセットアップした後、もんのすごい早弾きでノリノリのナンバーを演奏。私はこの人のこと「一人バンド」って呼んでるんですけど、少なく見積もっても、ベース、ドラム、サイドギター、リードギターは全て一人で、ギター一本でやってる。下手すると「ツインリード」もやってるから、5人分演奏してるかも。これを観ていると、普通のバンドってなんなの?!って思う。

それは本人も重々わかっているらしく、

「バンドのメンバーは紹介したっけ?」

なんでジョークもかましてた。でもその後、「はい、まずベースです!」って、

ぼん、ぼん、ぼん、

とベースラインを弾き始め、「はい、ドラムです」

ってカッティングというか、手の平で弦を叩き出し、「次はギター」

とか言って、コードを弾く、で、そこにメロディも乗っかって行くんだよ~!!!!

しかも、なんと「ドラム・ソロ」まで観れました。ジャズのドラマーが使う、ハケみたいのあるじゃん?あれと手の平で、ギターのそれこそいろんなところを叩いて音を出すんだけど、ハケでマイクも叩いてた。マジで部分部分、ジョン・ボーナムみたいなソロだったよ!ジョン・ボーナムよ!

・・・でもさあ、あれって「ドラム・ソロ」なのか?「ギター・ソロ」ではないよなあ。そもそも、最初から一人しか演奏してないのに、「ソロ」って・・・。

この人オーストラリア人ってことなのですが、MCがほとんど何言ってるかわかりませんでした。私も一応、アメリカ10年以上住んでるので、大概はMCわかるのだけど、トミーさんのギャグは全くわからなかった。でもとにかく場内大爆笑だったので、相当面白い人に違いない。弾いてるときも愛嬌たっぷりだったしね。

一個だけわかったのは、トミーさんがチューナーに対して文句を言ってるところ。チューニングしながら下を見るので、チューナーに繋いであるようなんだけど、

「・・・・しょっちゅうモメるんだよ・・・・チューナーと・・・・・チューナーは『チューニングできました』って言うんだけど、音あってねーよ!」

って叫んだときは爆笑しました。その後も曲間に

「Dだよ!・・・・サンキュウ!」

って言ってるときがあって、チューナーって時々混乱して、「A」「E」「F」とがバラバラ!って表示されたりするじゃん?それに対してしゃべってるのかと思ったらわろた。

最前列のハード・コアなファンと思われる人とはすでにお友達らしく、

「彼女に、『なんであなんたはビートルズのナンバーを演らないの?』なんて言われちゃいまして・・・・」

とか言ってビートルズ・メドレーを始めたのですが、これが凄かった。

だってさー、「ディ・トリッパー」で、お馴染みの

だーだたらららー たたー たたた

っていうリフと、歌のメロを一緒に弾いてるんだよ!(もちろんベースもドラムもやりながら)

・・・・理屈で考えれば、ギターってそういうことが出来る楽器なんだよね。指が届けば。でもさ!

一緒に観に行った我が社のスーパーギタリスト、Kさんは、

「そりゃそうだけど、全部リズムが違うんだよ!」って、そうだよね~。

で、もうとにかく「すっげえな~」って感じだったんですけど、それで押し切るんじゃなくて、普通にギターの教則本みたいなスタンダードの曲もメロメロ~っと弾いていて、これは私には退屈でした。

あ、そうそう、なんかMCの端々に「カラマズー、カラマズー」って出てきて、それがミシガンにあるカラマズーのことらしいんだけど、そこにギターを修理に持っていくんだ~明日!とか言ってて、それがなんでも1934年に作られたギターで~、とか、この辺はさすがギターオタク!って感じで嬉々としてギターのことをしゃべっていたんですが、ライブの後でKさんが、

「カラマズーって、ギブソン発祥の地なんだよ!」

ってことで、カラマズー時代に作られたギブソンは、今ではもちろんプレミア付き、200万円くらいするんだって。

実は前座の人がいて、名前忘れちゃったけど、この人も「一人バンド」なんだけど、「フォーク・シンガー」の域から出てない人。もちろん上手いのですが、むちゃくちゃ普通で退屈で、曲が「父に捧げます」とか「息子に捧げます」っていう、メロウな、湿った曲ばっかり。で、ピアノの弾き語りもしたんですけど、曲がもう、ジャーニーのバラード(オープン・アームスとか)とか、リチャード・マークスかよ!って感じで、ほとんど拷問でした。

でもこの人、トミーさんのお友達らしく、後半この人と二人で、じゃんじゃか思いっきりストロークで弾きまくりながら演ってて、なんだかどこかで観たことある光景だ、と思ってたら

アリス!

って頭に浮かんで来ちゃった(笑)

最後の曲はこの人がピアノを弾いたリチャード・マークスみたいなふつーの曲で閉められ、「ああ~もっとテンポのいい一人バンドで閉めてくれ~」って感じで、ちっと残念

マイミクのGOさんが紹介してくれたときから「一度は観てみたい!」と思ってたので、ミシガンに来てくれて嬉しかったけど、「一回観れば充分」って感じでした。

key Word
音楽 トミー・エマニュエル
ライヴレポ・感想 | コメント(2) | 【2009/09/27 07:15】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『96時間』-娘がムカつく!
NEXT: 『レッド・ドラゴン』-羊の二番煎じ

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
ビートルズ、”ミッシェル”とかやりませんでした?あれも実は超絶なテクニックなんですよ。あと、姫の言う普通のギター教則みたいな曲もめちゃくちゃ難しいですよ。”モンバサ”って曲は半年くらい練習してやっと弾けるようになりました。姫には退屈だったかもしれないけど軽いメロディックな小品、みたいな曲が結構僕にはツボです。
【2009/09/29 23:47】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
それはやっぱ、GOさんはギター弾くからじゃないですか?私はそれがどんなすごいことかもわからないしさ~。

あと、私ってやっぱ派手で速いのとかが好きなんですよ(笑)
【2009/09/29 23:55】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。