スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『レッド・ドラゴン』-羊の二番煎じ
Red Dragon

FBI捜査官のウィル・グレアム(エドワード・ノートン)は、誰も解明できなかった連続殺人犯が、人食いではないかと予想するが自信が持てず、FBIコンサルタントの精神科医、Dr.レクター(アンソニー・ホプキンス)に相談に行く。いつも通り紳士的にアドヴァイスしてくれるレクター博士であったが、ウィルは、博士の持ち物の中に、レクター博士が犯人ではないかと思われる証拠を見つけてしまう。と思った瞬間、レクター博士に襲われるウィル!死闘の末、ウィルはレクターを逮捕するが、そのときの経験がトラウマになり引退してしまうが、またもや謎の連続殺人が起こり、FBIから援助を要請される・・・。

レッド・ドラゴン(2002) 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
dvd on amazon.com
Produced: 2002
Director: Brett Ratner
Writing Credits: Thomas Harris, Ted Tally
Cast:
Dr. Hannibal Lector: Anthony Hopkins
Will Graham: Edward Norton
Francis Dolahyde: Ralph Fiennes
Jack Crawford: Harvey Keitel
Reba McCalane: Emily Watson
Freddy Lounds: Philip Seymour Hoffman
羊たちの沈黙』の続編っていうか、物語り的にはこっちが先、しかも既に一度映画化されているので、実質『羊たちの沈黙』の成功に乗っかったリメイクの感は否めません。アンソニー・ホプキンスのDr.レクターがあんまりにもハマり役なので、この人の個性でもう一本行けるか!って作ったらコケちゃった!って感じでしょうか。

結局『羊』のクラリスがウィル・グレアムになっちゃったっていうだけというか・・・。『羊』で印象的だった、クラリスが初めてレクターに会いに精神病院の暗い、湿った廊下を歩いて行くところ、レクターとガラス越しに話すところ、カメラの感じとか、全部『羊』をそっくりそのままのアングル。

コレ私本も読んだんだけど、小さなディティールを一つ一つ紐解いて犯人を割り出すプロットなので、125分あっても足りません。なので、次から次へと事件の謎解きの連発で、その次点でリアリティないです。そんなに都合良く次々と驚くべき事実!みたいに起こるわけないじゃん!みたいな。

でもこの映画って、今観てみるとオールスターなんだよね~。エド・ノートン、アンソニー・ホプキンスはもちろんなのですが、FBIのウィルの上司、ジャック・クロフォード役がハーヴェイ・カイテル・・・・これはね~ちょっと・・・・『羊』で
ジャック・クロフォード演じてたスコット・グレンがハマり過ぎてましたからね。落ち着いて、冷たくクールに、どんな凶悪な犯罪でも一歩退いて感情的にならず、しかし温かみもあるという・・・。ハーヴェイ・カイテルだとちょっと下世話っていうか、マフィアのボスみたいになっちゃうのよ!

それから、全く職業倫理のない、うさんくさ~い新聞記者、ラウンズの役がフィリップ・シーモア・ホフマン。このいや~な感じ、やっぱ上手いですね、この人は。で、なんか悪いことして捕まって、ウィルとクロフォードに協力しろって言われて、連続殺人犯を刺激するために「この殺人犯はバカだ」みたいな記事を書いたため、犯人にむごたらしく殺されるというすごい見せ場があって、裸で車椅子に接着剤で貼り付けられて、情けなく泣いたり「殺さないでくれ~」って懇願したり、ハマってるぅ。でも、この人作り過ぎのきらいがあるせいか、あんまり緊迫感がなかったけど。(裸体が結構痩せていた。若かったのね)

犯人のフランシス・ダラハイドを演じるのは、『愛を読むひと』のレイフ・ファインズなんですけど、ちょっと笑ってしまいました。この頃は無名だったのかしら?背中いっぱいに「レッド・ドラゴン」の刺青入れて、ラウンズに見せてるところとか超笑った。なんかすごいドラマチックに着物(はい、日本の着物です)をばさあ!と脱いでラウンズにポーズ取って見せるとラウンズが「お~~まいがぁ~っど!」とか泣きそうになるのですが、全然おぞましくもなんともなくて、失笑、みたいな。

あと、ダラハイドの盲目の恋人・リーバを演じるのが『パンチ-ドランク・ラブ』のエミリー・ワトソンで、こんな映画に出てたのか、という。なんか、エド・ノートンといい、フィリップ・シーモア・ホフマン、そしてエミリー・ワトソンと、結構良心的というか本物の?役者さんが出ているのだから、いい映画になりそうなものなのですが、雰囲気優先の、『羊』の二番煎じ感は拭えません。

なんか、こんな映画をありがたがって観ていたのかと思うと恥ずかしい~ってくらい、時代性がありましたね。『羊』も時代を感じるけど、こっちは緊迫感とかがすごいので時代性とかそういう瑣末なことはどーでもいいんだけど、『レッド・ドラゴン』はこの頃のもういうグロ系ミステリーの悪いところ(大げさ、謎解きが細か過ぎて良くわかんないかこじつけっぽい、不必要にドラマチック)の集大成、みたいな感じでした。

あ、そうそう、この映画のDVDのプレヴューに入ってたのが、アン・リー監督の『ハルク』のプレヴューで、これがのちのちエド・ノートンがやることになるなんて思ってなかっただろうな~なんて思いました。

Key Word
ブレット・ラトナー アンソニー・ホプキンス レイフ・ファインズ ハーヴェイ・カイテル エミリー・ワトソン

Related Articles
■エドワード・ノートン出演作品一覧
■フィリップ・シーモア・ホフマン映画偉人伝
映画感想 | コメント(5) | 【2009/09/25 04:44】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 一度は体験してみたい!トミー・エマニュエルの職人芸
NEXT: 『ファイト・クラブ』-やっぱ面白いです!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
これ監督がブレット・ラトナーなんですよね。たしか完成したときノートンが、監督が9時5時に仕事を終えるタイプで自分とアンソニー・ホプキンスが色々提案したけど全然受け入れてもらえなかったと愚痴ってた記事を読みました。
俳優さん達にしても残念な出来だったんじゃないでしょうか。
【2009/09/25 07:50】 URL | lifeonmars #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
これは、オヤジも知ってます。
「羊」の方も見た事あるし・・・。
勿論、両方とも本も読んでます。
アンソニー・ホプキンスっていう役者さん、存在感があってイイと思ってます。
あんなオヤジになりたいもんだ。
って、無理か・・・・。
【2009/09/25 12:54】 URL | 土佐のオヤジ #-[ 編集] | page top↑
lifeonmarsさん、

9時5時って、今どき普通のサラリーマンだってそんな仕事してませんよねえ。

オヤジさん、

トマス・ハリスは流行りましたよね~。
【2009/09/25 21:47】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
一回目の映画化はマイケル・マン監督の"Manhunter"です。こちらのほうがずっと良い出来だし、そのまんまいただきだとわかる個所もあります。正直こちらにでてくるレクター博士は脇役ですがホプキンスよりもリアリティがあると思います。この映画と全く同じセリフで同じシーンがありますが、こんなにドラマチックで大げさな演出をしていなくて、普通のあっさりとした日常会話風なのがすごくいいです。レクター博士は自分が狂人だと気づいていないという設定の演技なんですよ。
【2009/09/27 21:41】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
> レクター博士は自分が狂人だと気づいていないという設定の演技なんですよ。

これって面白そう!というか、多分アタシもコレ観ているハズなんですけど、全く記憶にないんですよね~。
【2009/09/28 23:04】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。