スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『セブンティーン・アゲイン』-かなりイケてます!
17 Again

やっぱザック・エフロンってむちゃくちゃ可愛い!2回立て続けに観てしまいました。この子の良さって、ただ可愛いんじゃなくて、この外見なんだけど、心は酸いも甘いも知り抜いた37歳の中年男だ、って納得できるところなのよね。劇中にあったでしょ?保健体育の時間で、マイクが赤ちゃんをこの腕に抱いた時、この娘が転んだら抱き上げてあげたい、傷ついたりしないように、守ってあげたい・・・って言うところで、女の子たちが感動しちゃうの。アタシもちょっとウルウルきちゃったよ~!ああいうセリフに説得力持たせられるってのは、ザック君って結構スゴイ。

セブンティーン・アゲイン 特別版 [DVD]
dvd on amazon.com
Produced: 2009
Director: Burr Steers
Writing Credits: Jason Filardi
Cast:
Mike O'Donnell: Zac Efron
Scarlett O'Donnell: Leslie Mann
Ned Gold: Thomas Lennon
Mike O'Donnell: Matthew Perry
でもこのトシになるとですね、ザック君が20年後にマシュー・ペリーになっちゃうんだって、よーくわかってコワイ~。本物のザック君は、20年後どんな人になっているのかなあ。多分、濃い~、いやらし~い感じのおっさんになっているのだろう。太ったら、目も当てられない・・・。

マイクの親友、ネッドも説得力あるよね~。高校時代は身体が小さくてスポーツはできないわ、みんなに虐められるわなんだけど、ヲタが高じてIT業界で大成功、今や大金持ち。対するマイクは、高校時代はイケメンでバスケットボールのスター選手だったのに、大学へ進学しなかったがためにしがないセールスマン、容姿もすっかり衰えて、普通のサラリーマンになっている。マイクが大学進学をあきらめて結婚したスカーレットは、高校時代はそんなに冴えない娘だったけど(と、私の目には映った)、今や美人のアラフォー。この辺の設定がすごく上手いので、ただのバカコメディというのでなく、それなりの洞察が楽しめる。

それに面白いよ、この映画!ネッド(トーマス・レノン)がマイクの高校の女校長(メロラ・ハーディン)に恋しちゃって、ものすごいアタックするのだけど、校長は「生徒の親とは付き合わない」と、相手にしてくれない。強引にディナーに誘い、

「僕は普通に振舞うことができない。ヲタなんだ。グレイ・ギャンドルフのなんちゃらに、何百ドルも使ってしまう、ヲタなんだ」

「・・・それはとんでもないヲタね・・・・だってグレイ・ギャンドルフは『仲間たち』にしか出てこない。『Two Tower』からはホワイト・ギャンドルフになってしまうから・・・」

と、校長もヲタなのがわかる!そして二人は、エルフの言葉で会話し始める!ここ、もうカウチから落っこって笑いました。

この超面白いネッドと、実は同い年の親友、という設定になっているザック君が、本当に同い年の親友に見えるからいいんだよね、この映画。ネッドとマイクの会話のシーンとか、全然違和感ないし、露骨にマイクと寝たがるティーンの女の子たちに説教して「他の父親の問題だ」って言うところも、若い子が無理して作っているという感じしない。あと、離婚裁判のシーンで、ザック君が「マイクからの手紙」を読み上げるところも、ベタながらなかなか泣かせるのよ~。結構演技派よね、この子。

「青春ファンタジー」って紹介しているサイトもあったけど、どちらかというと大人に訴えないかね、この映画。さっきも言及した人物設定もリアルだし、「あのとき、こうしていれば」って思うのだけど、たとえその頃に戻れても、じゃあ違う道を選ぶんじゃなくて、現在の自分の生活をなんとか良いものにしたい、と思う・・・。人生って、一瞬一瞬が「選択」の連続で、その時その時で「正しい選択をしなくちゃ」って思ってがんばるのだけど、間違った選択ってのは、実際ないのかもしれない。どういう道を選ぶのかが問題ではなくて、その中で努力するのかしないのかが人生に対する満足感や幸福感を決めるんじゃないの?というのがこの映画の教訓かしら?

でもさ、本当に不思議なんだけど、今わかることが17歳の時には本当にわからないんだよね。どんなに説明されてもわからない。マイクの娘(ミシェル・トラクテンバーグ)が、しょーもないスタンにマジで惚れて、いい大学に行かないで、地元のコミュニティ・カレッジに行く、なんていい出すと、うわ~、あり得ないって、ザック君の反応、超わかるんだけど、もう一歩踏み込んで考えてみると、この娘がちゃんといい大学に行って、卒業してすごいいい職について、トントン拍子で行っても、アラサーくらいになって、お金もたくさんあってキャリアもあるけど、「何か満たされない」なんて思うってことも充分あり得るわけだし、本当に人生ってわからない。

Related Articles
■ザック・エフロンを最初にいいな~と思った『ヘアスプレー
■レスリー・マンって、ジャド・アパトーの奥さんなんですよね。『ノックトアップ』ですっごいきれいなおばさん!って思った
■『ミステリアス・スキン』に出てたんだ!ミシェル・トラクテンバーグ

Key Words
セブンティーン・アゲイン バー・スティアーズ トーマス・レノン スターリング・ナイト メロラ・ハーディン マシュー・ペリー
拾いモンの映画 | コメント(3) | 【2009/09/07 21:05】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『エージェント・ゾーハン』-単にアホ過ぎてつまんない
NEXT: 『サンシャイン・クリーニング』-肩が凝らないほのぼの話

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
そうなんや。
こういうコがお好みなんですな。
ふぅむ。
ウルヴァリンのガンピットとも共通点があるような……
私は両方共ちょっと、違うんですが。(腋毛の生え方のせいではありません)

この映画思いのほか感動しちゃいますよね。
やっぱり、ティーンを大分前に通り過ぎた人間の方が分かる映画かもしれないと思います。
【2009/09/09 16:59】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
本当はあんまり好みじゃないんだけど、演技とか結構上手いじゃん!とかそういう「意外性」みたいなところに魅かれますね~。

うん、この映画は、ザック君が可愛きゃいい、面白きゃいい、っていう映画じゃなくて、一応テーマに思い入れを持った人が作っているんじゃないかと思わされます。
【2009/09/09 22:28】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/01/07 04:42】 | #[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。