スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ぼくの美しい人だから』-必ず泣いちゃうの~!
White Palace

初めてこの映画を観た時、すっごい印象に残ったのは、ムチムチのスーザン・サランドンが、酔っ払って具合悪い草食系のジェームス・スペイダーの上に乗っかって、一人で勝手にエクスタシーをキメていると、ジェームス・スペイダーが「わーやめてくれー」みたいになってるところだったんですけど、今回観たら、ジェームス・スペイダーの方が本気になっちゃうんですねえ。

ぼくの美しい人だから [DVD]
dvd on amazon.com
Produced: 1990
Director: Luis Mandoki
Writing Credits: Glenn Savan, Ted Tally
Cast:
Nora: Susan Sarandon
Max: James Spader
Judy: Eileen Brennan
Rosemary: Kathy Bates
Neil: Jason Alexander
安いレストランの中年ウエイトレスに無理やり家に連れ込まれて犯られちゃった、まだ30前のエリート・ヤッピーが、16歳も年上の、すれっからしウエイトレスにどんどんのめりこんでいく理由が疑問なのですが、色々名ゼリフもあったりして、なかなかいい映画なんですよ、これが。

まず、一夜の誤ちだろう、こんなの!って思いながらももう一度ノラ(スーザン・サランドン)に会いたい衝動を抑えられないマックス(ジェームス・スペイダー)がドアの前に現れたのを見たノラの一言。

「私は43歳。今年44になるの」

「・・・ボクは27歳だ・・・」

で、無言で抱き合ってキスし始める2人。それを見ながら「ぎゃはははは!」と笑ったら、スーザン・サランドン映画の中で「ぎゃははは!」と笑っていた(爆)!!

二人は急速に仲良くなっていくのだが、マックスは友達の結婚式にノラを彼女として連れていけない。年齢差と、階級の違いが居心地悪かったのである。ウソを付いて一人で結婚式に出たのを知ったノラはすごい怒るんだけど、その時の会話が・・・。

ノラは、「あんたはデートの約束をすると、必ずやってくる。しかも時間通りに。その時、どんだけ私が感謝してるか、わかる?この男は少なくとも、当分は一緒にいてくれるだろうと思うの」

と言って声を詰まらせたり、「ウソをつかないで。まだ殴られたりする方がいい。それなら戦うことが出来るから」なんて言うんですよ。このセリフだけで、ノラが今までだめんず達と、実りの少ない恋愛をしてきたことがわかり、泣かせます・・・・。

あとこの会話。

マックス「ボクはこんなに激しく誰かを求めたことはないんだ。死んだワイフにもこんな気持ちは感じなかった」
ノラ「・・・死んだ奥さんより、私のことを愛しているってこと?」
マックス「そうは言ってない」
ノラ「・・・じゃあ何が違うの?」

もーこんな風に率直に訊けちゃう、ノラってバカだけどすごい!!

マックス「I don'r know .....」

わからない、ってことは、本当にノラのこと愛しているんだなあ。

あと、ノラのお姉さんのジュディ(アイリーン・ブレナン)が、怪しいサイキックなのだけど、彼女がノラに「あんたは本当に愛されてるよ」って言うと、ノラは、すっごい驚いた顔をしてマックスのことを見るんだよね。それだけ今まで愛されたと感じることが出来なかったノラは、しょっちゅうマックスに、「思ってもないこと言わないでよ。本気になりたくないから」みたいなことを言って、自己防衛に回る。わかる、わかるぜ、ノラ!!

で、結局、サンクスギビングに家族や知人のパーティに連れて行かれ、紹介されるんだけど、居心地悪いノラは、途中で帰ってしまう。

このシーンが面白いのは、エリートの方の人たちの方が、ノラに寛大というか、ノラがウエイトレスだとか、トシ取ってるとか気にしてないのに、ノラの方が卑屈なんだよね。エリートの方は、まあ、社交的なだけかもしれないけど、ちゃんと挨拶してきてくれたり、ノラが政治に関して意見を言った時、汚い言葉を使ってもオーバーリアクションとかせず、無視もしないしさ。アタシなんかもっとヒドイ扱いされたことあるよ。誰も自分からは話しかけてこないし、何か言っても誰も反応してくれなかったり。

とにかく、そんな中で、気取っていると思っていた女に「あなたの方が私達のことを外見で判断している」ってはっきり言われちゃうノラ。

この件があって、ノラは黙って街を出てしまう。独りになったマックスは、友達に誘われてパーティに行くのだが、その家で、以前マックスがノラのために買ってあげたダスト・バスター(ハンディ掃除機)を見つけ、中に全然ダスト(ホコリ)が入ってないのをみつけ、

「ダスト・バスターなのに、ダストが入ってないじゃないか!」と叫び、その足で、ノラを探しにニューヨークへ行く。

ここで気が付いたのだけど、マックスがノラを好きになった理由って、彼女が「リアル」な人間だったからなんだなあ(気付くの遅いか)。allcinema.netの解説では「・・・裕福で仕事も順調、おまけにモテモテ(本当に!)男が、母親ほど年の違う女性に走ることに疑問を持ち続けたまま映画が終わってしまう・・・」って書いてあったけど、マックスは、彼の世界って好きじゃなかったんだよ。

で、マックスは、仕事も辞め、高級アパートも引き払い、単身ニューヨークに出てきて、普通のアパートを借り、収入は減っても、もっとやりがいのある仕事を探す。ノラが、自分の属している世界に馴染めないのなら、自分がノラの世界に下りてくる・・・・・。エライ、エライよ、あんた!

でもノラも、マックスと付き合うことによって、成長しているんだよね。今までは家の散らかしっぱなしだったのが掃除するようになったり、ニューヨークでの仕事もウエイトレスには変わりないけど、St.ルイスにいた頃のファスト・フードじゃなくて、ちょっといい感じのレストランで、見た目もこぎれいになっててさ。マックスに愛されたことによって、自分に自信が出て、「少しづつでも生活を向上させよう」という気になったみたい。こういうところが、恋愛のいいところだよなあ。

会いに来たマックスを見てノラが、「探さないでって言ったでしょ。この仕事失いたくないし、私はいまの自分が好きなんだから、St.ルイスに戻る気はないの」というとマックスは、

「ボクも、St.ルイスを出てきたんだ。40丁目にアパートを借りた。今、仕事探しているんだ」

ノラが感動していると他の客が「早く注文しろよ、にいちゃん」なんていう。メモ帳を出して、冷静に注文を取ろうとするノラ。マックスは立ち上がって、メモ帳をノラの手から叩き落とし、キスし始める。

そしておもむろに、テーブルの上の塩やコショウをざざざと叩き落として、テーブルの上でメイク・アウトし始めると、客がみんな「いえ~い!」って拍手し始め、他のウエイトレスは、恥ずかしそうに笑い始める。このラストが最高にいいんだよね~!ざざ~と塩やコショウを落とすジェームス・スペイダーと、テーブルの上で押し倒されてゲラゲラ笑っているスーザン・サランドンも泣かせるんだけど、ソレ見て怒るどころか、盛り上がるお客さんたちが、すっごいニューヨークっぽくっていいんだよな。

映画で年齢や階級が違う人たちが恋愛するって話が感動的なのって、本当に心が通じ合えれば、そういう表層的な違いなんて乗り越えられるんだ、っていうところなんだろうね。『プリティ・ウーマン』に通ずるところがあるなー、この話、って思ってたら、主人公の親友のイヤな感じの男を演じてるのがやっぱりジェイソン・アレクサンダー で、この人こういう役ハマるな~。

でもさ、女の方が階級が上、って話は観たことないなあ。あるっけ?そういう話。

映画 ぼくの美しい人だから ルイス・マンドーキ スーザン・サランドン ジェームズ・スペイダー ジェイソン・アレクサンダー キャシー・ベイツ アイリーン・ブレナン
★おすすめ映画★ | コメント(0) | 【2009/09/03 23:21】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『脳内ニューヨーク』-60になったらもう一度観てみよう
NEXT: 『セントアンナの奇跡』-スパイク・リーって身近かも

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。