スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『セブン』-ブラピ、モーガン、フィンチャーの私的ベスト!
Se7en

んー、なんか久々に観ちゃいました、『セブン』。これは私のお気に入りの中の1本で、もう何百回と観ています。

なんと言ってもいいのが、ブラピ演じる若い熱血刑事・ミルズのあっぱらぱー加減と、モーガン・フリーマンの演じる初老のサマセット刑事の思慮深さの対比が可笑しくもあり、深くもあり、というところと、世の中を憂いて人を殺し続ける殺人犯のジョン・ドウ(ケヴィン・スペイシー)の絶望感というか世界観が、実は非常に真っ当で頭のいいサマセット刑事の感じる世界観とすごく近い、という「善と悪は紙一重」的な怖さ、暗さ。

se7en
dvd on amazon.com
Produced: 1995
Director: David Fincher
Writing Credits: Andrew Kevin Walker
Cast:
David Mills: Brad Pitt
William Somerset: Morga Freeman
Tracy Mills: Gwyneth Paltrow
Captain: R. Lee Erney
John Doe: Kevin Spacey
今回観てみて一番印象に残ったのは、ブラピ、フリーマン、スペイシーが迫真の演技つかハマり役なのに対して、他の人たちがすごい大根役者だったんだなー、というところ。スパゲッティの食べ過ぎで胃が避けて死ぬでぶっちょの人の検視官とか、ジョン・ドウが図書館で借りた本のリストを違法に手に入れるFBIとか、図書館の警備員、ミルズの女房の首を配達してくる人とか、みんなセリフとか棒読みだと思いません?

あ!でも、サマセットの上司役のR・リー・アーメイとかすっごいいいし、ミルズの奥さん・トレイシー役のグウィネス・パルトローなんか、ちょっと憂鬱な感じがいいね。というかさ、フリーマンも時々わざとらしいセリフまわしとかあるので、脚本のせいかもしれないんだけど。

あと、音楽も良くて、特にサマセット刑事がSeven Deadly Sins のことを調べるために夜の図書館に行き、そこで流れる『G線上のアリア』がものすご~く印象的。ソドムとゴモラの生々しい光景のバックに流れる美しい旋律。でも良く聞くとちょっと狂気に近い美しさで、悲しくさえもある。あと、トレイシーがサマセットを招待したディナーの席で流れるジャズも、スタイリッシュでいい。

昔から、サマセットとミルズがバーで語り合うシーンはいいな~と思ってたんだけど、今回観て改めて感動した。

サマセット刑事は、自分が引退する理由として、「無関心・無気力でいることを美徳のように受け入れて育成しているような場所にもう住めないと思ったから」と言う。ミルズは、「自分だってそうじゃんか。他の人があんたより劣ってるわけじゃない」と言う。するとサマセットは、

「俺が人より優れているなんて言ってないよ。みんなの気持ちは良くわかるよ。無関心でいることしかできないってね。人生を一生懸命生きるより、ドラッグに溺れる方が簡単だ。努力して手に入れるより盗んだ方が簡単だ。子供を育てるより虐待する方が簡単だ。そうさ、愛することは難しい。一生懸命努力しなくちゃならない」

つまりサマセットはもうこの世の中に絶望した、刑事として世の中を良くしようとがんばったけど、ダメだと気付いたので引退する、と言ってるんだけど、ミルズは、

「あんたが辞めるのは、本当にそう思っているからじゃない。あんたは自分が辞めるから、そう思ってると信じたいだけだ。俺はそれに同調できない。世の中めちゃくちゃだから引退して山小屋に籠もって生活するべきだなんて」

と言う。

このサマセットの絶望感は、ジョン・ドウの狂気とリンクしていて、この暗さが映画全体のトーンなので、ストレートに善を信じているミルズがすごく滑稽に見える。ジョン・ドウのようなヤツは、変態に決まってると言うミルズに対して、「自分と全く同じ普通の人間が、こんな残虐なことができる」ということに恐怖を感じるサマセット。ジョン・ドウは罪のない人々を殺したと信じるミルズに対して、罪を犯していない人間なんているのか、と詰め寄るジョン・ドウ。

サマセット刑事が、トレイシーの相談にのるために落ち会うアメリカン・ブレックファストのレストランもいい感じなんだよね。暗い、犯罪の溢れるとある大都市なのだけど、庶民はなんとかがんばって快活に生きている感じがして。二人のやり取りも、すごく愛が感じられていいし、最後トレイシーが「サンキュウ」って言ったのに目配せするサマセットの顔がすごい優しい。

あ~思い入れが激しいから、一個一個書いてると長くなっちゃうな~。とにかくこの映画は、私的ブラピとモーガン・フリーマン、そしてデヴィッド・フィンチャーのベスト映画

映画 デヴィッド・フィンチャー ブラッド・ピット モーガン・フリーマン グウィネス・パルトロー R・リー・アーメイ ケヴィン・スペイシー

Related Article
■ブラッド・ピット映画偉人伝
■モーガン・フリーマン映画偉人伝
■グイネス・パルトロウ出演作品一覧
★おすすめ映画★ | コメント(8) | 【2009/07/16 02:22】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『セントアンナの奇跡』-スパイク・リーって身近かも
NEXT: 『人類創世』-セリフがなくてきったねーけど感動的です

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
ツッコミ入れて申し訳ありませんが…。タイトルの表示が「Se7en」になってます…。
はい。この映画、私も大好きです!ワキの方々の大根ぶりには気づきませんでしたので、再見してみなくては。
ブラピとフリーマンさんのからみがいいんですよねー。フリーマンさんの味のある演技が大好きです。他の映画でも発揮してますよねえ。
【2009/07/23 18:35】 URL | ほりっち #-[ 編集] | page top↑
ほりっちさん、
IMDbでは、タイトルこういう風に表示されてるんですよ。
【2009/07/23 21:00】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
あーっ!そうだったんですね。大変失礼しました!
【2009/07/25 09:43】 URL | ほりっち #-[ 編集] | page top↑
初めてこの映画を観た時の衝撃。
いまだに忘れられません。
私もこの映画大好きでDVDも買って何回も観てます。そして、この『セブン』をきっかけにデビッド・フィンチャー監督ファンになりました。(ファイト・クラブも大好き)
”ブラピ、モーガン、フィンチャーの私的ベスト!”には私も激しく同意です。
私にとってもこの映画はベスト!です。
私がこの映画につっこみを入れるとしたら、思いっきり晴れてるのに雨降らしてるのがバレバレなところですかね。どのシーンも雨降ってますが、光加減をよく見ると晴れてるときの日の光が射してます。
【2009/07/25 19:14】 URL | codomo #yBfrOqTk[ 編集] | page top↑
> 私がこの映画につっこみを入れるとしたら、思いっきり晴れてるのに雨降らしてるのがバレバレなところですかね。どのシーンも雨降ってますが、光加減をよく見ると晴れてるときの日の光が射してます。

あはははは!!その通りです!特に、車の中のシーンで、車の窓に降ってくる雨が、バケツでぶっ掛けたみたいにすっごい降ってて、「それはないだろう」と思いました。(ミルズが、撃たれて死んだ同僚の話をしているシーンとか、サマセットが運転しているシーンのフロント・ウィンドウの雨すっごい!)
【2009/07/28 01:35】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
ただあなたの過去ブログを読んで腹がたちました。
薄い感性で偉そうに語るな!

【2009/07/29 23:23】 URL | 和幸 #-[ 編集] | page top↑
> 薄い感性で偉そうに語るな!

はいはい。

ネガティヴなコメなのに、匿名にしなかったところがエライですね。っつっても、誰だかわかんないけどね(笑)
【2009/07/30 02:13】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
Se7enに突っ込みを入れるところが凄い。こんな人がまだ入るんだ。誰が作った?どこかに書いてあったなんかどうでもいいじゃないね。良いセンスですねと思えば。(どうも良いとは思わなかったみたいだ。)その上、権威?(笑)に弱いから、『すいません』だって。姫様も権威?使っちゃ駄目だけど(笑)。
『腹がたちました。 薄い感性で偉そうに語るな! 』だって。嫌なら見なければ良いのにね。

ところで、最近ペースが落ちてますね。
【2009/08/21 22:33】 URL | Just being a dick #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。