スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『フロスト×ニクソン』-結果はわかっているので・・・
Frost/Nixon

やっと観終わった~って感じです。ブロ友さんたちには「面白い!」とすこぶる評判が良いのですが、わたしゃ掴みのところから睡魔に襲われ、何度も観直すハメになり、デヴィッド・フロストがキャロラインに出会うシーンなんて4回くらい観たよ。

フロスト×ニクソン (フランク・ランジェラ 主演) [DVD]
dvd on amazon.com
Produced: 2008
Director: Ron Howard
Writing Credits: Peter Morgan
Cast:
Richard Nixon: Frank Langella
Davis Frost: Michael Sheen
James Reston, Jr.: Sam Rockwell
Jack Brennan: Kevin Bacon
Bob Zelnick: Oliver Platt
Caroline Cushing: Rebecca Hall
フロストとニクソンの間にケミストリーがないのが、フラットに見えた原因かしら。誰の間にもケミストリーがなかったなあ。フロストとキャロラインも、本当に愛し合ってる彼氏・彼女なのか、スケコマシのフロストのセフレ的相手なのか全然わからんし。

フロストが自分の名声のためにニクソンのインタヴューをしたい、と軽く思っているのに、「いや、これはすげえインタヴューにならなきゃダメなんだ!」っていう暑苦しい」サム・ロックウェルのキャラとか、逆にガチガチに堅くて冷たい感じのケヴィン・ベーコンとか、いい感じのキャラがフロストに対峙する立ち位置にいて、火花を散らして欲しいのに、はじけなかったりとか。

話もつまんないし。資金繰りに困るし、ニクソン側の巧みなコンロトールで色々苦難してるんだけど、結果フロストが勝つ、ってわかっちゃってるせいか、全然ハラハラしないんだもん。でも実際に起こった事のドキュメンタリーとかって、「あのインタヴューの裏には、こんな話がありました」ってのを見せられて「へええ~」なんて面白がったりするから、この映画も面白くなりそうなものなんだけどなあ。

なんかさ、実際フロストが勝つ、って知ってても成り行きにハラハラできるとしたら、それはフロストがほんっとしょーもなくて、「わー、こんなヤツがニクソンに勝てるわけねーよ」って納得するくらいの、ダメ~なキャラだったらいいんだけど、なんかそういう風に見えないんだもん。フロスト役のマイケル・シーンって、すごい評価されてるみたいなんだけど、私的には掴みどころがなくて、どういう人なんだか余りピンと来ない。カル~イ人みたいなんだけど、その軽さが強みになったのか、軽そうに見えるんだけど実はキレる人だったから勝てたのか、その辺が曖昧で良くわかんない。

実際にインタヴューの収録が始まってからは、しょっぱな「なんでテープを焼かなかったんですか?」って訊いたシーンだけが小気味良かったけど、その後、ニクソンが聞いてもいないような話を延々とする、という手法で都合の悪い質問を避けようとするシーンが長くてすげー退屈だった。

唯一「ニヤリ」とできたのが、フロストの履いているイタリアン・シューズに、ニクソンが興味を示すところ。で、それを堅くて冷たいケヴィン・ベーコンのキャラが「ホモっぽい」って一刀両断にすると、それを使ってニクソンは、インタヴュー前のフロストをいや~な気分にさせるが、インタヴュー後にニクソンを訪ねてきたフロストは、そのイタリアン・シューズをお土産に持ってくる。それをもらうニクソンは「やっぱり本当は欲しかった」っぽくって、なんかこの一連のエピソードはちょっとスパイスが効いてるなあと思った。

まー、ウォーターゲートとかその辺に興味も知識もないせいかと思うけど。

映画 ロン・ハワード フランク・ランジェラ マイケル・シーン ケヴィン・ベーコン レベッカ・ホール オリヴァー・プラット サム・ロックウェル
映画レビュー | コメント(2) | 【2009/05/11 06:38】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: M・ナイト・シャマラン作品一覧[映画偉人伝外伝]
NEXT: 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』-吉田戦車っぽいです

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
あら~
つまんなかったですか?
この映画で「実は……」みたいな裏話的なことはみんなオマケだと思うんですよね。
だから、インタビューという1対1の勝負のところが、というか、そこだけが、見所だと思うのですが……そこがつまんなかったとなるとつまんないでしょうなぁ……
この映画を観た後、舞台だったら、もっと疲れたろうなぁ…と思いました。
同じ空間でこの勝負を見たら、緊迫感で肩が懲りそう……と。

>掴みどころがなくて、どういう人なんだか余りピンと来ない

ところが、いいと思うんですけど、マイケル・シーン。
毎回「知ってるはずなんだけど、何で観たんだっけ?」という、カメレオン的な(しかも容姿をそんなにいじらないのに!)ところが、いいと思います。
【2009/05/13 17:09】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、

そーなんですよ。映画だから、作り物だから緊迫しない、ということはないと思うのですが、なぜか今回はことさら

「演技じゃん・・・・」

って思ってしまったの。なぜときかれてもわからない。いかにも役者が演じてる!って感じがしたの。
【2009/05/15 05:22】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。