スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
ボーリング・フォー・コロンバイン-マリリン・マンソンはまともだ!
Bowling For Colombine

まず一番感心したのは、マリリン・マンソンって、アタマ良い!それに、彼が一番落ち着いてインタビューを受けていた。コロンバインで起きた、ティーン・エイジャーの発砲事件のスケープ・ゴートにされそうになっている人とは思えない落ち着き!ディック・クラークもチャールトン・ヘストンも逃げたし、発砲事件に使われた銃弾を売っていたKマートの偉いさんは、カメラの前に絶対出てこなかったのにですよ!あまりに感心したので彼のインタビューを要約すると、

CAST & CREDITS
Produced: 2004
Directed by: Michael Moore
Writing credits: Michael Moore
Cast:
Michael Moore, Marilyn Manson, George Bush, Dick Clark, Charlton Heston
「小さいときから音楽は、現実逃避の方法だった。現実では、着ている服が変だからってとやかく言われたり、怒鳴られたりするけど、音楽だけは僕を不当に判断しないからね。自分が社会から標的にされる理由はわかる。僕は恐怖を体現してるからだよ。僕が言いたいこと言って、したいことするから、みんな僕のことが怖いんだよ。

今回のコロンバインの悲劇の副産物は2つある。映画や音楽などの暴力描写と、銃規制に関する議論ね。次の選挙の格好の議題になるんじゃない。でも一方でみんなアメリカ合衆国の大統領がホワイト・ハウスでモニカ・ルインスキーとしたことや、他の国を爆撃していることなんかは忘れて、悪者は、マリリン・マンソンつーのもなんかおかしいんだけど・・・

これとか↓marilyn.jpg
これが(あ、右ね、右)↓
matt_stone20.jpg
大統領よりまともな人間かも?!
コロンバインの悲劇があった日に、アメリカがコソボを爆撃したことは知っている。おかしいよね、メディアは、大統領が他の国を爆撃したことがコロンバインの悲劇に関係あるんじゃないかとは絶対言わない!それだと彼らの趣旨に沿わないからね。彼らはTVで恐怖を与えて、それによって消費をうながしてるだけなんだよ。息が臭いと彼女ができない、さあ、マウスウォッシュを買いましょう、とね。」

マイケル・ムーアに「もし、コロンバインの犯人のティーン・エージャーに何か言うことができたら、なんて言う?」と聞かれたマリリン・マンソンは「何も言わない。彼らが言いたいことを聞いてあげる。そんなこと誰も彼らのためにしてあげなかったと思うから。」と言ったんですよ。この人がヘンなカッコしてロックを歌っていて、ブッシュやクリントンが大統領やってる時点で「なんか間違ってねーか?」と思わせるのに充分なインタビューでした。

マリリン・マンソンが言った「メディアはCampaign of Fear and Consumption(恐怖と消費のキャンペーン)をやっている」は言いえて妙だと思いました。前にも書いたことがあるかと思うけど、私は朝のニュースを見るのを止めたの。だって強盗、殺人、幼児誘拐、コーポレート・スキャンダル、詐欺で家やお金を失った人たちとか、朝っぱらからそんなの見て落ち込むよ。TVニュースは、そういう「事件」をドラマチックに取り立てて騒いでいるだけで、自分達の意見も何もない。本当は、TVのニュースがマイケル・ムーアみたいに、「事実」や「事件」とどう見るか、どう考えて行くか、自分らの姿勢を視聴者に常に示して行くべきなのに、批判や反対意見を恐れて日和見的なことしか言わないのに観る価値なんかないよ。

それから、意外なところで、『サウス・パーク』『チーム・アメリカ』のマット・ストーンがインタビューされていた。マットは、事件があったコロンバインに小さい頃住んでいたんだって。彼によるとコロンバインは「painfully noraml」、「嫌になるくらい普通」なところでマイケル・ムーアによればマット・ストーンは、「疎外される怒りを銃ではなくアニメにぶつけた」そうで。マリリン・マンソンも「音楽は現実逃避」と言っていたし、たまたまこの間見た『8マイル』でも、音楽は厳しい現実からのはけ口だと思ったし、映画や音楽で自分を表現できている人の方が全然まともだね。

こういうクリエイティブでアタマの良い人たちの中にマイケル・ムーアはいて、しかも真正面からこういうフィルムを作ってくれて、それがオスカーを取るんだから、まだまだアメリカも捨てたもんじゃないってことね。

マイケル・ムーア映画
■言わずと知れた『華氏911』
■ビンゴ大会で資金作ったにしちゃ驚くべきいい出来です!『ロジャー&ミー』

こちらもよろしく
■映画偉人伝~その9~ マイケル・ムーア
■チュチュの映画偉人伝~INDEX~

マイケル・ムーアの関連アイテム

がんばれ~マイケル・ムーア!いつも応援してるぜぃ。






Key Words
映画 ボーリング・フォー・コロンバイン マイケル・ムーア マリリン・マンソン
日記 | コメント(6) | 【2005/12/24 06:33】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: こんなうちの嫁になりたい!-ミート・ザ・ペアレンツ2
NEXT: マロリーかっくいい!-『ナチュラル・ボーン・キラーズ』

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
姫様、エロサイトの書き込みが
とんでもないことになってますよ!

>°)m~~~∈
▽(・o・)▽
(⌒ー⌒) ニヤリ

こいつらぜんぶエロサイトからのコメントで、
URLに飛ぶとIPアドレスぶっこぬかれますよ!
(というか、やられたのか、おれ…)

引っかかった人、
絶対にメール送ったり
お金払ったりしちゃダメですよ!
こんなの振込み詐欺と一緒ですから。
【2005/12/25 10:58】 URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集] | page top↑
 そういう、恐怖を煽った直後に企業のCMを入れて消費を促す方法を、広告業界では "scare tactic" と呼んでいます。特にアメリカではテロ直後に増えたようで、日本でも少し話題になりました。でもテレビでは流していなかったなあ(当然ですが)。
 最近ではかなり落ち着いたと聞きましたが、どうなんでしょう?

 マンソンは格好良かったですねー。あえて悪役を買って出てるのが、勇気があるなあ、と。あとマット・ストーンも洞察力がある! こういう人が堂々としているところを見ると、アメリカはやっぱり凄いと感じます。
【2005/12/25 12:46】 URL | kentaro #vWiEq6jM[ 編集] | page top↑
メタバカさん、
すごい!「お楽しみ袋」のウォッチ・ドッグですね!大丈夫、あわてず、騒がず、禁止ワードへ。

Kentaroさん、
”Scare Tactic”というのは知りませんでしたが、メディアが恐怖を煽っているというのは本当だと思います。本文で書いたように、ニュースなんか見る気しません。

【2005/12/25 20:44】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
演壇に立つ元NRA会長チャールトン・ヘストンは、表面的には、所謂、強気のアメリカという感じで堂々としてますが、最後の、爺さんで、よれよれさ加減は、悩める・病んでるアメリカみたいなイメージです。わざと最後に持ってきたのでしょうね?多分ですが。
私も、東京で一人暮らしの一時期、鍵をかけないで暮らしてました。若い頃で、取るもの無いしと言う感じでした(笑)。
【2005/12/26 11:28】 URL | Slowhand #-[ 編集] | page top↑
Jerryさん、
フィルムの中でカナダ人が「アメリカ人は鍵をかけると安心って思うんだろうけど、カナダ人は閉じ込められてると感じる」と言うのを聞いて「そういう考え方もあるか」と思いました。
【2005/12/27 07:50】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
素敵なブログですね~♪
チュチュ姫様って、とってもスマートですね!
読んで、いろいろと勉強になります。
映画について、偉人について、
たくさん教えて下さい。

これから、時々伺います。
よろしくお願いします。
それからTBさせて下さい。

【2007/07/19 21:09】 URL | eaglei #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
ボーリング・フォー・コロンバイン-マリリン・マンソンはまともだ! by 今日も映画を観た!
Bowling For Colombineまず一番感心したのは、マリリン・マンソンって、アタマ良い!それに、彼が一番落ち着いてインタビューを受けていた。コロンバインで起きた、ティーン・エイジャー 今日も映画を観た!【2006/02/26 01 : 50】
「ボウリング・フォー・コロンバイン」 by AMOR ETERNO
2004年2月2日 皮肉にも、登場した人々の中で一番マトモに見えたのがマリリン・マンソンだった。 マイケル・ムーアは、アメリカ人としてコロンバインの事件に対する大きな疑問と AMOR ETERNO【2006/01/04 19 : 05】
『ボウリング・フォー・コロンバイン』 by 右近の日々是好日。
 こんばんは。今日は、マイケル・ムーア監督の映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』を観て考えたことを書きたいと思います。 『ボウリング・フォー・コロンバイン』ではアメリカの銃社会批判が主なテーマになっていますが、私はこの映画をひとつのアメリカ社会論とし 右近の日々是好日。【2005/12/26 22 : 13】
マリリン・マンソン  so american by Literally Memodesuko Mudaidesuvic
GYAOで、マリリン・マンソンのライブ「Guns, God and Government World Tour」見た。無料だよ。日本公演の映像もちょっぴりあるよ。ユーリーズミックスの「スウィート・ドリームス」のカバーがカッコよかった。たまにかっこいい曲があるとは思ってたけど、真面目にこの人ら Literally Memodesuko Mudaidesuvic【2005/12/26 21 : 05】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。