スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『007/カジノ・ロワイヤル』-すごい拷問・・・
Casino Royale

ダニエル・クレイグのいい身体が観たかったのに、間違えて『慰めの報酬』を借りてしまったのだか、こうなったらなんとしてでも観たい!と借りてきました!

007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
dvd on amazon.com
Produced: 2006
Director: Martin Campbell
Writing Credits: Neal Purvis, Robert Wade
Cast:
James Bond: Daniel Craig
M: Judi Dench
Vesper: Eva Green
Le Chiffre: Mads Mikkelsen
Mathis: Giancarlo Giannini
Felix: Jeffery Wright
確かにこっちの方が良く脱いではいるが、あんな身体・・・・・。肩と胸が異常にムキムキしていて、「鍛えている」という意味ではいい身体だと思うけど、魅力ないなー。でもポロ・シャツとか着てるとかっこいいね。でもさー、思ったんだけど、ダニエル・クレイグって、トニー・レオンに似てないか?なんかあの、八の字まゆつーか、なんかちっともタフそうじゃないのに、なぜかタフな男を演じさせられる・・・・・。

特に今回は、恋に落ちてしまうボンドっつーことで、にやにやしたりするとなんか気のいいおっさんみたいになっちゃって、007ってもっと、古風なコテコテ白人の、アゴが割れちゃっているようなのを想像していたんだけど、ダニエル・クレイグなんだーふーん。あ!そうそう、『慰めの報酬』観ているとき、ストーリーがチンプンカンプンだったんだけど、『カジノ・ロワイヤル』からの続きだったんだー。良かった。映画のストーリーが理解出来ないと、自分がバカなのかと不安になるよ。

この映画の方がツッコミどころが多くて、『慰めの報酬』よりも面白いね。でもカジノのシーンは退屈!だってルールがわかんないから、あんまり緊張しない。ものすごい大金掛けているけど、額が多過ぎて逆に「うわー」とか思わないし。

笑ったのは、毒を盛られたボンドがホテルの外をヨタヨタ歩いてるところ。酔っ払いのオヤジみたい!ギャグか~!町山さんは、掛けに負けたボンドが、「次は勝つから金を出せ!」とヴェスパーに迫るところがギャンブル狂いのオヤジみたいで可笑しいって言ってたけど、私はそのシーンよりこの酔っ払いみたいなダニエル・クレイグの方が笑った。

でもさ、こういう映画の意図ってなんなんだろう?ものすごい制作費高そうで、多分ボックス・オフィスもNo.1とかなっちゃうんだろうけど、なんでこんな映画撮るんだろう?観に行く人も、なんで観るんだろう?面白くないわけじゃないんだけど、全く何も心に残らない。つい最近、『天使のくれた時間』に、「・・・ですがあまり深く考えすぎずに観賞すればそれなりに楽しめると思いますよ 映画はあくまでも映画なのですからその裏には何もありませんよ」というコメを貰って、いや、映画っていうか物語っていうのは必ず何かそれを書いた人の思いがその裏にあるものだ、と思ったばかりなんだけど、この007のシリーズって、本当に目で見える以上のものは何もない。

ストーリーも人物の描写も、示唆するとか暗喩する、とかってほとんどない。で、じゃあアクションとか、ロケ地の景色とかを楽しめばと思うんだけど、こう言っちゃなんだけど、景色とかってカラオケの背景みたいだし(爆)、アクションも、ド派手なだけで、なんだかなー。『シューテム・アップ』くらいバカ度が高いとエキサイティングだしスカッとするけど。「薄っぺらい」とか「表面的」って言うと、「じゃあお前は深いのかって!」って言われちゃったら反論できないのですが、本当に全く思考する必要がない。

あ、でもでも!あのロープで金玉打つ拷問はすごかったねー!!!すっげー痛がってるんだけど、「俺は絶対パスワードを言わない!」とか言って、「おい、玉の右側が痒い!掻いてくれ!」とか言っちゃって、わざわざ相手を煽ってる~!で、次のシーンでもうヴェスパーとセックスしてて、「タマ(もしくはチン)は痛くないのか?」と思っていたら、うちのボスもこの映画を観てて、「セックスできるわけないよ!その前に拷問中に痛くて死んでるな!」と憤っていて、そんなに痛いのかと思ったら余計笑った。そもそも私、最初にイスの座席の部分を切り取ったとき、尻の穴を攻めるのかと思って「すごい謎な拷問!」とかマヌケなことを考えていたくらいだし。でもあのロープのこぶが尻の穴当たったら相当痛くない?

まーそんなわけで、特にメタクソけなす気もないけど、どーでもいいちゃあどーでもいい映画でした。せめてダニエル・クレイグの身体が好みだったら!

映画 007/慰めの報酬 マーティン・キャンベル ダニエル・クレイグ エヴァ・グリーン マッツ・ミケルセン ジュディ・デンチ
今日見た映画 | コメント(14) | 【2009/04/04 11:27】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ホリディ』-うわーナンシー・マイヤーズだ!
NEXT: 『007/慰めの報酬』-これぢゃないっ!!!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
裸目的で見るってところがなんとも。でもダニエル・クレイグの筋肉って弾力がなさそう、っていうか堅そうですよね。ぶつかると痛そう、みたいな。
【2009/04/04 16:29】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
あら~、チュチュ姫さんたら、
直接的な言葉をそのまま書いてらして、
勇気あるわ~(^▽^;)

これは、スパイになって駆け出しのボンドが見られて、
私はけっこう好きです。

http://yanrock.blog78.fc2.com/blog-entry-278.html
【2009/04/04 18:03】 URL | YAN #9L.cY0cg[ 編集] | page top↑
GOさん、

いや~、こういう映画って、自分では観よう!と思うモチベーションがないので、なんかきっかけがないと・・・

YANさん、
そっかー、これは駆け出しのボンドなんですね。この後の奴でもテンパー高くてイヤに熱苦しい奴だな、とは思ってたんですけど。
【2009/04/04 18:59】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
 スミマセン、タイトルだけで笑っちゃいました。
 イヤ、ワタシもアノ拷問シーンは最高のギャグシーンだと大爆笑したもので…… (笑)。
 ワタシ的には、名車アストン・マーチンが単なる救急箱代わりにしか使われなかったのが何よりもショックでしたが (笑)。

 ともあれ、ソレまでにラブコメ (?) やSF、ファンタジー要素テンコ盛りになっていた007シリーズをキチンとしたスパイ物に軌道修正した、というのがクレイグ・ボンドの価値だと思ってます。
 殺しのライセンスをフル活用し過ぎてるのはどうよ? と思いますけど (苦笑)。
【2009/04/06 10:36】 URL | RAGENT #Cv2s2L.A[ 編集] | page top↑
Ragentさん、

殺しのライセンスをフル活用!(爆)

そうっすよねー、この人金玉潰されるべき人なのかも(笑)
【2009/04/07 01:51】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
チュチュさんの前回のガックリぶりの後の拷問についての熱い語りに爆笑です。

ボンドは男性には夢ですので…。世界を股にかけ 美女とねんごろになり 敵をバタバタ倒す!
私にはよくわかりませんが それがいいらしいです。

あと 毒もられるシーンで 「そうか 毒を間違って飲んだらコショウを山盛り飲めばいいのね!」と一つ勉強になりました!
そんな機会はないとは思うのですが。
【2009/04/07 20:49】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
プリシラさん、

なんだっけ、コショウって?忘れちゃった。

でもさー、昔の007って確か、新種のスポーツカーが出てきたり、ハイテクの武器が出てきたり、それこそおもちゃ好きの男心をくすぐる映画だったんじゃなかったっけ?この007、結果的に2本とも観てしまいましたが、現実的であんまり夢がないんじゃない?

でも、うちのボスがあの拷問の後にセックスしたボンドをむちゃくちゃ羨ましがってたから、「男の中の男」って感じなのかな?くだらね~
【2009/04/07 21:28】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
チュチュ姫さん。
私にとって、あの拷問シーンは、「変な拷問」というだけの印象でしかありませんでした。
一般的な拷問のほうが効果的だとおもうんだけどなぁ。

このダニエルクレイグボンド、好きになれません。
なんかおっさんくさいんですよ。容姿、アクション、カジノの駆け引き等を見ていると・・・・
未熟なボンドを動きで出したいのでしょうけど、オッサンになって動きが悪くなったという印象をうけちゃうんです。
【2009/04/08 06:58】 URL | くんくん #-[ 編集] | page top↑
くんくんさん、

そーですね、あの拷問はギャグですね。つか、この映画、ほとんどつじつまとかはどーでも良くて、「派手に!エキサイティングに!」ってしょっちゅう「えー!!!」ってことが起こってないといけないみたいです。

私はダニエル・クレイグがアクションスターだってこと自体に違和感あります。
【2009/04/08 21:03】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
ほら 毒をもられて アストンマーチンまで行くところですよ~。
でもコショウを飲むよりも 解毒剤とか持ってる方が役に立つんじゃないかな と 映画観てて思ったんですけども。
【2009/04/13 19:42】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
プリシラさん、

アストン・・・・って、あの車ですよね?コショウ飲んでたの?!なんか、こんなときこそ仲間を連れて来いよ!とか思って観てたから気が付かなかった。
【2009/04/13 20:58】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
はじめましてプリンセス。こんな古い記事ですが反応は頂けるのかな?

>本当に全く思考する必要がない

ん~わかってないなぁ~。
アメリカのアクション映画で脳味噌を使うなんて愚かですよ~。

そりゃ~ダークナイトみたいなシリアス要素を含んだ作品もありますけど、これは007。
脳味噌を使う必要なんてどこにもない‘超‘大衆向けに作られた映画です。
過去の作品から皆それがわかった前提でつくられています。
アメリカのバカは全部丁寧に説明しないとわからないレベルのバカなので、必然的に極端な大衆映画を作らざるを得ないのですよ。
スターウォーズとかダイハードもいい例ですね。

>でもさ、こういう映画の意図ってなんなんだろう?ものすごい制作費高そうで、多分ボックス・オフィスもNo.1とかなっちゃうんだろうけど、なんでこんな映画撮るんだろう?
>映画っていうか物語っていうのは必ず何かそれを書いた人の思いがその裏にあるものだ、と思った

簡単ですよ。子供、幼稚な大人、童心に帰りたい大人、少年時代にコネリーのポスターを飾っていた大人、セクシーな尻が目的の女性。
彼らを満足させるために作られた娯楽映画です。
どうも日本人の女性には受けの悪い体みたいですが、海外の女性には非常に受けたみたいですよ。あの肉体。
男としても凄く憧れる筋肉です。
ボックス・オフィスは見たことがありません。申し訳ない。

あと忘れてはならないのが、この作品はカジノ・ロワイヤルだということ!
フレミングの第一作目の小説が待望の映画化です(一応一度映画化されてますが、信じられないような駄作で、ファンからは007シリーズとは認められていません)。
これはファンとして見るべきだ、という気持ちに否が応にも湧きあがってきます。

ちなみに拷問についてですが、あれは内臓を一つ破壊されることと同じだと考えてください。
アレは女性で言う子宮ですよ。とても笑えませんでした。

所謂‘深い‘映画は素晴らしいドキドキ感を与えてくれますが、たまには脳味噌すっからかんにして、ポップコーンとコーラを味わいながら王道エンターテイメントを楽しむのもいいと思いますよ!
【2011/01/11 02:16】 URL | ロジマ #-[ 編集] | page top↑
ロジマさん、

コメ、サンクスです!

文句言ってるからって楽しんでないわけではありません。文句言うの好きなんです。

ボックス・オフィスってのは、映画の名前じゃなくて、「興行収入(成績)」です。
【2011/01/13 00:27】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
大変失礼しました。
文句言うのがお好きなだけだとは僕には思いつくことができませんでした、ご免なさい。

カジノを扱う映画が以外に名作が多いので、いくつか調べておくのをオススメします~。
どれもトランプひと組と人間二人で出来ますから、実際にやって覚えちゃいませんか。
ルーレットとスロットは大丈夫として、特に、
・ポーカー
・バカラ
・ブラックジャック
は頻出だと思います。この映画で採用されたのはポーカーの一種のテキサス・ホールデムというルールだそうですが、普通にポーカーの基本ルールを知っているだけで楽しめました。
【2011/01/16 00:16】 URL | ロジマ #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。