スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『オープン・ユア・アイズ』-私は『バニラ』の方が好きです
Abre los ojos

バニラ・スカイ』の元ネタですね、はい(町山さん風に)。ほとんど原作に忠実にリメイクしたのだな~というのが最初の印象でしたが、私的には『バニラ』の方が好き。一般に「リメイクは原作を超えられない」事の方が多いですが、これはリメイクが原作の登場人物をもう一段階掘り下げて、さらにいい映画になったいい例だと思うんですが。

Open Your Eyes
dvd on amazon.com
Produced: 1997
Director: Alejandro Amenabar
Writing Credits: Alejandro Amenabar, Mateo Gil
Cast:
Cesar: Eduardo Noriega
Sofía: Penélope Cruz
Pelayo: Fele Martínez
Nuria: Najwa Nimri
まず、主人公である金持ちのバカ息子が、『バニラ』のデヴィッドの方が良かったですね~。デヴィッドは、会社の株主総会に遅れて行くわ、それでも全然悪びれないわ、という我がまま振りが良く出ていたのですが、こっちのセサールくんは、レストラン・チェーンの大物の息子で、金には困らないと言及されるだけだったと思うんですよね。乗ってる車も、フォルクス・ワーゲンとかで、なんか庶民的。

この男が恋に落ちるソフィアは、どちらの映画でもペネロペ・クルスが演じているんですが、これは両方とも良かったですね。でも、こっちの映画の方が冷たいね、ソフィアって。つか、原作を気に入ったトムちん映画化したがったんですよね、これって。で、既にペネロペに目をつけていたんでしょう?『バニラ』では、純粋無垢で初々しいペネロペがいい反面「ちょっとブリッコ過ぎ!」とか思ったんですけど、これって原作の可愛らしさを出したい!と誇張し過ぎちゃったせいかしら?とこっち版を観て思いました。明らかにこっちのペネロペの方が若くて子供っぽいもんね。

あと、主人公の親友の男の子は、『バニラ』のブライアン方が練りこまれてますよね~。容姿はイマイチ、無骨でモテなくてヲタクで、そんなちょっと哀れで同情しちゃうところが、デヴィッドの、「何もかも持っていて、ゆえにおおらかで自己中」な性格を強調していて、すごくインパクトのあるキャラだったけど、オリジナルのペラーヨくんは結構可愛いし、「モテない男の悲哀」ってのが全くなくて、それほど存在感なかったなー。

主人公に振られる女の子も、キャメロン・ディアズのサイコ女の方がインパクト強かったし。こういう解釈にしたのは、記憶がこんがらがってからの恐怖が倍増して、すごく効果的だと思った。

こうしたキャラ・デヴェロップメントを練りまくる反面、デヴィッドと面会する精神科医のおじさんの容姿とか、冒頭の誰もいないニューヨークと、スペインはどこ?マドリッド?違う都市なのに雰囲気がすごく似ていて、原作の味を消さないように忠実に再現したところが、なかなか上手いリメイクだと思うんですけどね。

まあさ、最初に観たのが『バニラ』だったりとか、個人的にアメリカの文化の方が精通しているから、リメイクの方がいいだけかもしんないけどネ。言葉も直接わからないしさ。スペインの文化の方が身近な人には、セサールくんやペラーヨくんの方が真実味があるのかもしれないし。フォルクス・ワーゲンも、スペインではすっげー金持ちの車なのかもしんないし。それに、原作があったからこそ、それをさらに拡げることができたのであって、何もないところから『バニラ・スカイ』は出てこなかったと思いますけどね。

あ、でも事故の後のブサイクさ加減はオリジナルの勝ちですね。トムちんもがんばってたけど、エドゥアルドくんだってかなりの二枚目俳優なのに、すっげえ顔になったもんね。トムちんは、顔がすげくなっちゃったことより、あの顔でディスコでソフィアを見てモノ欲しそうにするしぐさとか、医者にマスクを進められてブチ切れる演技とかの方が哀れで笑ったけど。

映画 オープン・ユア・アイズ アレハンドロ・アメナーバル エドゥアルド・ノリエガ ペネロペ・クルス ナイワ・ニムリ フェレ・マルティネス
最近見た映画 | コメント(0) | 【2009/04/23 04:30】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ロミオ&ジュリエット』-ちょっとバカバカしいかしら?
NEXT: 『ヴィレッジ』-そんなにヒドイですかコレ?

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。