スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』-ヘルボーイは男になったが。
Hellboy II: The Golden Army

第一作目に比べて大分スケール・アップしたのですが、ううーん、私的にはイマイチ。ポリスの『シンクロニシティ』とファーストとどっちがいいか、と聞かれたら間違いなく「ファースト」というように、『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』は、商業的には一作目じゃ小粒だけど、ここまでやっちゃうと俗っぽいなあ、という。

Hellboy
dvd on amazon.com

Produced: 2008
Director: Guillermo del Toro
Writing Credits: Guillermo del Toro
Cast:
Hellboy: Ron Perlman
Liz: selma blair
Abe Sapien: doug Jones
Prince Nuada: Luke Goss
Princess Nuala: Anna Walton
ブログには書いたことなかったですけど、実は私、ヘルボーイ大好きで、一作目はDVDも持ってるし、ヘルボーイの写真を会社に飾っていたくらいなんです。なんか可愛いじゃん!自分がブサイクなのを気にして、角を折って磨いてるところとか、けなげ!なのにマッチョで漢で、デカくて強くなければダメ!という男のエゴむき出しなくせに、ジョン・マイヤーズみたいな草食系の男の子にものすごい嫉妬している。大好きなリズ(セルマ・ブレア)が、ジョンとコーヒー飲みに行くのを物陰から盗み見てクサクサしているところなんて最高!

でも、こういう男は一緒になったら面倒くさいだろうななんて思っていたら、今作ではリズと暮らし始めていて、しかもいつもケンカしている。ああ、普遍的な恋愛の不条理・・・・・。しかし、実はリズは妊娠していて、この二作目はヘルボーイの男としての成長物語にもなっているわけなんですね。

さらに今作では、飄々としたところがなんとも愛らしい半漁人・エイブも恋をする!なんか前作に比べて大作っぽくなっちゃたことに抵抗あったんですけど、今考えてみると、こうしたキャラクター・デベロップメントというか、登場人物に深みを出すといった点では結構良かったなあ。

そういえば、一作目のジョン・マイヤーズはどうしちゃったのよ?彼は、ブルッテンホルム教授の後を継ぐために来たんじゃなかったんだっけ?やっぱり役不足だったのか・・・・・。

今回「大作っぽくていや」っていうのは、フリークたちの地下の町とか、歯をめがけて襲ってくる小さいクリーチャーとか、今回ヒール役のヌアダ王子のアクションがすっごいカンフー入ってるところとか、なんかさー。『スター・ウォーズ』ファンの人はどう思ってんのかわからないけど、私はジャバ・ザ・ハットが出てきた時点で『スター・ウォーズ』に興味を失ったのと同じように、なんか今回のヘルボーイは、一作目にあった暗さとかアウトローさとか、そういうものがなくなっちゃって残念。リズも超常現象捜査局でテキパキ働いてるし。一作目では、ヘルボーイは自分勝手だし、リズはヤル気ないし、チームとして全然まとまりないところがなんだか可笑しかったのに。

でも今回は、「なぜ自分をフリーク扱いして受け入れてくれない人間に味方して、自分の同類と戦っているのだ?」という究極の質問を投げかけているわけなのですな。ヌアダ王子が人間を滅ぼそうとしているのは、人間が好き勝手にやるためにこの世(地球?)がめちゃくちゃになっているからだという、至極真っ当な理由がある。うーん。私も人間がいなくなった方がいいんじゃないかという意見には賛成なので、そう言われちゃったヘルボーイの苦悩がジンジンと伝わってきます。

それにヘルボーイって、いつか人類を滅ぼす、という運命を背負ってるんじゃなかったっけ?ゴールデン・アーミーの指揮権をかけて、ヘルボーイがヌアダ王子にチャレンジした時、「おお!結局はヘルボーイが人間を滅ぼすのか!」とすげーエキサイトしたよー。だって、この前のシーンで、リズが、「今、ヘルボーイを助ければ、こいつはいつか人類を滅ぼす。こいつと人類とどちらを選ぶか?」と聞かれて、ヘルボーイを選んだのを観て「当然!」と思った後だったし。

これで人間界を滅ぼしていたらカッコ良かったんだが、さすがにそういうプロットにはできなかったのね・・・・。でも、ヘルボーイとヌアダ王子が死闘を繰り広げているとき、

「ヌアダ王子とヌアラ王女が双子で、気が通じ合っていて、ヌアダ王子が切られるとヌアラ王女も血を流すんだったら、ヌアラ王女が自殺すれば、ヌアダ王子を止められるんじゃん。ヌアラ王女に恋しているエイブが可哀想だけど、ヌアラ王女は王女なんだから、そのくらいのことは覚悟しないと・・・・・」

なんてクドクドと思っていたら、本当にヌアラ王女が自分の心臓を刺して、「おお!」と思ったけど「そうそう。王女なんだから」とイジョーに冷めていた私。でもエイブとヌアラ王女も掌と掌を合わせて気を交換できるみたいなので、エイブが気で治しちゃうかと思ってた私もなんだかんだロマンチックな人ですね。

で、結局ヘルボーイは超常現象捜査局を辞めて、リズと暮らすって言うんだけど、どこで何して暮らすんだろうな~。でもこれは、ヘルボーイがもうヒーローになることで人間に受け入れられようと思わない、リズだけに愛されていればいいさと思ったからだ、というのは美しいのだけど。いやでも、そうだったらゴールデン・アーミーを引き連れて人類を滅ぼし、フリークの王として君臨、リズとの子供が後に王位を継ぎ、フリークの社会は栄えました、いや、でもやっぱ社会というものが形成されると、人間だろうがフリークだろうが、争いは絶えず・・・・ってそこまでやると、ファンタジーでもなんでもなくなっちゃうか。いや、『ダークナイト』もああいう内容にしたんだし、ここは一つ世紀末っぽく(って前に書いたら「もう世紀末は過ぎましたよ」という鋭いツッコミを頂きましたが。いーの!「世紀末」って雰囲気を表してるの!)。

映画 ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー ギレルモ・デル・トロ ロン・パールマン セルマ・ブレア  ダグ・ジョーンズ  ルーク・ゴス アンナ・ウォルトン
映画の感想 | コメント(0) | 【2009/03/31 23:05】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ラースと、その彼女』-私はラーズを笑えません!
NEXT: 『レイチェルの結婚』-リアルなアメリカの家庭

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。