スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『危険な情事』-とにかくグレン・クローズです
Fatal Attraction

ニューヨークで弁護士をしているダン(マイケル・ダグラス)は、奥さんと行ったとあるパーティで、魅力的なキャリア・ウーマン、アレックス(グレン・クローズ)と出逢う。後日、仕事で再会したダンとアレックスは一緒に食事をし、食事が危険な情事にエスカレートして行く・・・・・。

Fetal Attraction
dvd on amazon.com
Produced: 1987
Director: Adrian Lyne
Writing Credits: James Dearden
Cast:
Dan: Michael Douglas
Alex: Glenn Close
Beth: Anne Archer
Ellen: Ellen Hamilton Lazten
このパーティ、ジャパニーズ・レストランが会場で、なんかわかんないけど世界的に有名なカラテの先生?が招かれていて、不必要にお辞儀しまくっているのをダンとダンの友達が

「サムライのなんちゃら!」

とか言ってマネをしてゲラゲラ笑ったり、今では考えられないほどすっごい無神経な日本レフェレンス満載で、時代を感じますね~。

男の浮気を容認する気はありませんが、このシチュエーションはちょっと厳しいなあ。たまたま魅力的な女が現れた週末に、奥さんと子供が実家に遊びに行っていないなんて!こんな状況じゃなかったらダンだって、浮気してなかったと思うよ。こういうのをまさに「魔が差す」って言うんでしょうね。

しかも魅力的な女の方がヤル気満々なんだからさ。公開当時は、「こんなババア顔の垂れパイ女のどこがいいんだろう」と思ってたんだけど、今観ると、グレン・クローズめっちゃキレイ!!!すっげー魅力的。ちょっと褐色系のメイクにちりちりの金髪がすごい似合ってて、腰がすげー細くて、当時流行った肩パッドの入った皮のコートがむっちゃ似合う!

このグレン・クローズ演じるアレックスってデキるキャリア・ウーマンで、自立してて、しかもすごい魅力的なので、一回くらい寝てもサバサバしていると思ったんだろうなあ、ダンよ。まあさ、ストーカーとかって、一見してストーカーってわからないので、気の毒ではあるのだが。

だが。

やっぱダンが悪者になっちゃうよねー。アレックスとご飯食べてて家族の話になり、「俺は(可愛い子供と奥さんがいて)本当にラッキーだ」と言うとアレックスが、

「じゃあ、あなたここで私と何やってるの?」

と突っ込まれてグウの音も出ない。そうなの、何やってんのよ!んで結局、アレックスは妊娠したと言ってダンに責任取れって迫るのですが、ダメだよ~、女が避妊していると想定して中で出しちゃ(笑)。それに、ダンもハッキリしない男なんだよね~。しつこく電話かかってきたりしてうざがる割には、会うと「キレイだよ」なんて言ったりさ。でも男って結構こういうところ煮え切らないでしょ?女だったら「メーワク!」って思ったらもう鼻にも引っ掛けないけど、男ってうだうだうだうだ未練がましいんだよね。それを優しさと履き違えてるんだろなあ。まあでも、アレックスってマジ切れてるから、男がどういう反応をしても、こういう結果になったんだろうけど。

で、どんどん怖くなってくるアレックスから逃れるため、電話番号変えたり、郊外に引っ越したりするのだが、アレックスは執念で追いかけてくるのですね~。怖いですね~。ダンの車に硫酸かけて台無しにし、レンタカーを借りて郊外の家に帰るダンの後をつけ、窓から家族団欒を盗み見ていたら、つわりで気持ち悪くなっちゃって、怒りに燃えながら茂みでゲロを吐くアレックス!もーわたしゃ笑い過ぎてカウチから落っこちました。。

ここまでもアレックスの魔女ぶりが超怖いのですが、やっぱりこの映画の一番の見所は、後半のアクション・シーンなんですよね。アレックスとダンの一騎打ちがすごい。マイケル・ダグラスに髪の毛引っ張られて、ガラスに顔をグリグリ押し付けられちゃうグレン・クローズ!今では女が映画で殴られるなんて当たり前なんだけど、そういう現在の感覚で見ても、このグレン・クローズ、すごい迫力だよ。

で、最後、アレックスがバスルームでダンの奥さんを襲うところなんて、すっげ~~~~怖い!サイコ・ホラーですよ。完全に狂っているアレックスが、自分の足にグリグリ包丁押し付けながら、ブツブツ文句言うところ、キ、キレてる。バスルームに蒸気が充満している中で・・・・。怖くて、心臓がドキドキしますよ~。

その後逆噴射して包丁振り回すアレックス!!奥さんの足首持って離さない!ひー。このシーン、ほんっと怖いのよ。で、最後銃で撃たれて浴槽の中に沈むグレン・クローズ、上手いんだよね。名優です。あ、その前に、一度浴槽に顔付けられて動かなくなったアレックスが水からざばあ!と起き上がってきてダンを襲うシーンもあるのだけど、カメラの位置が浴槽のまん前にシフトするので、「あ、ざばあ!と来るな」とわかっちゃって余りインパクトない。

DVDの特典に付いていたインタヴューが面白くて、グレン・クローズはこの役をやった後、良く男のファンに声掛けられて、「あの映画が僕の結婚を救った」って感謝されたんだって(笑)。グレン・クローズってすごい落ち着いた、しかもちょっとシャイ気な感じの人で、こんな激しい役が出来ちゃうって、やっぱ役者なんだなーと、当たり前ながら関心した。

あとね、もともとのエンディングは、アレックスが自殺するんだったんだって。自分で自分のクビを切り(それも怖いなあ)、ダンが殺したようにみせかけ、ダンが警察に捕まり、連行されていく車を奥さんが追いかける、という。このエンディングは映画祭かなんかで初公開したときのエンディングだったのだが、すげー評判悪かったのだって。観客は、最後、ダン一家の復讐を求めたとか!

で、エンディングを取り直すことにしたのだが、グレン・クローズが一番反対したそうだ。なんでも彼女はこの役を演じるに当たって、精神科医に会ったり、こういう女の生態を研究したが、家族を襲ったりすることはなく、自殺することが多いんだって。そういうリアリティを無視したエンディングはイヤ!って反対したそうです。

まあ確かに、このエンディングはハリウッドしているのですが、コレがストーリー全体をぐっと引き締めてると思う。マイケル・ダグラスも、奥さん役のアン・アーチャーもすごくいいし、それと忘れてはならないのが、7歳の娘役のエレン・ハミルトン・ラッツェン。この子は、愛くるしいし、お父さんとお母さんが口論しているときに泣くシーンなんか、信じられないほど上手い。

でも、とにかく、グレン・クローズです。

key Word
映画  危険な情事 エイドリアン・ライン マイケル・ダグラス グレン・クローズ アン・アーチャー エレン・ハミルトン・ラッツェン
ハリウッド映画 | コメント(6) | 【2009/03/15 21:21】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: クリント・イーストウッド[偉人伝外伝] 出演/監督作品一覧
NEXT: 『ミルク』-オスカー納得です

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
もう一つのエンディング、みれないのかなあ。当時、なんだB級ホラーとおんなじじゃん、っておもったからな。
【2009/03/16 06:43】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
GOさん、

特典についているインタヴューのバックに流れる程度には観れましたよ。
【2009/03/16 21:08】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
>こんなババア顔の垂れパイ女のどこがいいんだろう

ここ 受けました。

グレン・クローズってこの前はわりかしきれいな家庭的な役割が多かったけど(ナチュラルとか?) なんかこの映画から怖い女一直線になっちゃったような覚えがあります。当時私はメリル・ストリープとグレン・クローズの見分けがまったくつかなかったのも思いだしました。

私もGOさんと同じく あのエンディングはちょっとな~と思ったクチです。今なら最初のエンディングの方が受けるんでしょうね。その辺にも時代を感じます。
【2009/03/18 20:07】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
プリシラさん、

私も、もう一つのエンディングは、今なら超ウケると思います。

当時はどう思ったか忘れちゃったけど、今観るとあのエンディングは良く出来てるし、80年代していて面白いですよ!
【2009/03/18 21:34】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
>観客は、最後、ダン一家の復讐を求めた

って ダンが悪いんじゃない…優柔不断で と当時思ったんですが いっぱん的な人にとっては とにかく家庭を破壊する人は悪者なんでしょうかね~。

「浮気でOKだよね」
みたいに思うのは 男の勝手な妄想ですし どうせそんな関係になるなら 若くてカワイイ男の子の方がいいよ!こんな脂ぎったおっさんより! と アレックスの年齢に近いので思います―。
【2009/03/21 22:07】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
プリシラさん、

ダンが悪いか悪くないかと言うことよりも、まーこういうことしたらこういう結果にもなり得ますよ、といういい教訓ですよね。

アレックスは全然浮気として割り切れていないところがこの映画のポイントなんだと思います。
【2009/03/24 02:26】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。