スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『フローズン・リバー』-アメリカの真実の本音
Frozen River

舞台はインディアン特別保留地に近いニューヨーク州北部のさびれた町。レイは町のディスカウント・ストアで最低賃金で働きながら2人の息子を育て、新しい家を買おうとお金を貯めていたのだが、ギャンブル好きな夫が有り金全部持って失踪してしまう。夫の車が乗り捨てられているところを見つけるが、その車はインディアンの女性が運転している。その女性ライラは、アメリカとカナダを隔てるセイント・ローレンス川を渡って不法入国者をカナダからアメリカに連れてくる仕事をしており、そのために車が必要なのであった。子供の朝食にポップコーンしか食べさせられない状況の中、レイは誘われるままにライラの共犯になっていく。

Frozen River
dvd on amazon.com
Produced: 2008
Director: Courtney Hunt
Writing Credits: Courtney Hunt
Cast:
Ray: Melissa Leo
Lila: Misty Upham
TJ: Charlie McDermott
今年のオスカーで、最優秀主演女優賞とベスト・スクリーン・プレイにノミネートされたのでご存知の方も多いと思いますが、まだ日本では公開もDVD発売もされていないようですね。確かに地味な映画なので、時間がかかるかもしれません。

映画的に上手いのは、最初のショットでレイが典型的なホワイト・トラッシュであることを的確に描いているところです。いきなり一発目のショットが、足の親指に掘られたバラの刺青で、色あせていて汚らしい。次がレイの顔で、起きたばっかりで髪はぼさぼさ、まだ40代だろうと思われるのにくっきりシワが刻み込まれた顔。タバコを吸いながら泣いているレイ。

もうこれだけでレイがいかに不幸な女かが良くわかってしまうという、素晴らしいオープニングです。

小さい頃、東北から出稼ぎに来る人がいる、って聞いて「なんでそんなことするんだろう」と思ったんだけど、こういう映画観ると良くわかりますね。東北の人は、農業ばかりで他の産業がないので、天候などの影響で実入りが少なかったら都会に出稼ぎにくるのでしょうが、この映画の町は単にさびれていて、いかなる産業もないような町です。

レイはディスカウント・ストアで働いているんですけど、それよりマシな仕事なんかないようなんですね。レイの旦那が置き去りにしていった車を盗んでしまうライラも、なんか良くわかんないんだけどゲーム場かなんかで働いている。田舎の、大してお金にもならないような。マイケル・ムーアの『ロジャー&ミー』なんかでおなじみのミシガンのフリントも、GMの工場が撤退しちゃってからは他に仕事がなく、人口が流出しちゃって寂れちゃったし、デトロイトも自動車産業がこのままダメになったら、私もこんな仕事しかできなくなっちゃうのかしら、とスゲー身に詰まされます。

とにかく、この二人の女性が、不法なことをしないで生計を立てていくことができるのか、と思う。ライラは特に、インディアンだから差別もされるようだし、また自らもそのせいでコンプレックスがあって、白人に雇われても居心地悪くて辞めてしまったり。

インディアンといえば、この映画に出てくる特別保留地は、カナダとアメリカの国境をまたいでいるんですけど、ライラたちインディアンにしてみれば、そんなの白人が勝手に引いた線でしかなく、自分たちの感覚では一つの土地なので、不法入国だなんて思ってない。アメリカの警察も、保留地での犯罪は取り締まれないらしい。

それでも、ライラがレイに何度も「あんたは白人だから、捕まってもたいしたことにはならない」と言うのが印象的。そしてレイはレイで、不法入国してくる外国人たちを見て、自分がこんな最低な生活しか出来ないような国にそんなにまでして来たいのか、と不思議に思っていたり。この辺の描写がすごく草の根的というか、真実の深層の本音、って感じがしますね。

これは本当にアメリカの底辺の底辺を描いた映画だと思います。なんだけど、最後、結局は愛、というか他人に対する思いやりとか友情が人間を救うというか、お金とか社会的な地位とかで、苦労したり惨めな思いをしても、人と人の心が触れ合うことが心の支えになるのだな、と思った。

key Word
映画  フローズン・リバー

Related Article
■公開決まったって!→http://www.astaire.co.jp/
映画を見て、思ったこと | コメント(0) | 【2009/03/07 19:38】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『その男ヴァン・ダム』-自虐的だけど愛もある、けど
NEXT: チュチュ姫的恋愛映画ベスト10

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。