スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『羊たちの沈黙』-あのシーンがないんです!
The Silence of the Lambs

この映画で一番印象的なのは、やっぱりクラリス・スターリング役のジョディ・フォスターだなあ。ものすごいハマり役だと思いませんか?クァンティコ・FBIアカデミーのトップ1/4に入るほどの才女で努力家。知的で冷静、ともすれば冷たいとも取れる、真っ青な目。しかしすんごく小柄で背がちっちゃくて、アカデミーで鍛えている大男たちとエレヴェーターに乗るシーンでは、女性が男の世界で競争するのがどんなことなのかというのがヒシヒシと伝わってくる。

羊たちの沈黙 (特別編) [DVD]
dvd on amazon.com
Produced: 1991
Director: Jonathan Demme
Writing Credits: Thomas Harris, Ted Tally
Cast:
Clarice Starling: Jodie Foster
Dr. Hannibal Lector: Anthony Hopkins
Jack Crawford: Scott Glenn
Dr. Frederick Chilton: Anthony Heald
Jame 'Buffalo Bill' Gumb
Ardelia Mapp: Kasi Lemmons
そして一番印象的なシーンは、クラリスがDr.レクター(アンソニー・ホプキンス)に初めてインタヴューするシーン。精神病院の最厳重棟、レンガの冷たい壁、暗く湿った窓のない地下室。そのさらに一番奥の牢屋に入れられたDr.レクター。非常に頭が良く残忍なレクターに心を弄ばれないようにとがんばるクラリスが、どんどん感情的になっていくところが面白い。

この映画はクラリスとDr.レクターのアップのシーンが多くて、ジョディ・フォスターもアンソニー・ホプキンスも、見事な顔芸をしていると思います。二人の会話からレクターの狂気、クラリスの感情、バッファロー・ビルに関する情報、頭のいい人がする言葉遊びでの暗喩など、様々なことがわかるのですが、それを語る二人は、アップで撮られることがほとんど。

アンソニー・ホプキンスは、すごい知的で教養があって、しかも高貴なために余計その狂気が恐ろしいハニバル・レクターを好演。この人もハマり役ですよね。Dr.レクターはクラリスにある種の愛情を抱いたと思うのだけど、でもやっぱチャンスがあったらクラリスを食うんじゃないか?と思わせる、私たちフツーの人にはわかんない感覚で生きているんだろうな、と感じさせる。

あと、クラリスを気に入って、Dr.レクターにインタヴューに行かせるクロフォード主任捜査官役のスコット・グレンがまたいいんだよね。スラッとしてビシっとして、いいスーツを隙なく着こなし、冷静沈着、だが優しい。この人のイメージは、パトリシア・コーンウェルの『検視官』シリーズに出てくる、ベントン・ウェズリーにもそのまま当てはまっちゃったなあ。リアルなFBI捜査官、って感じで。

当時この映画を観たときからなんだか印象に残っているのは、バッファロー・ビルに誘拐されるキャサリン・マーティンが、車を運転しながら『アメリカン・ガール』を歌っているシーン。アメリカ人というものに憧れていた私は

おお~!アメリカ人ってこういうことするのか!

とノリノリでラジオに合わせて歌っているキャサリンを見ていた。15、6年後に自分も同じことをしているとは想像もつかなかったなあ。

最後、精神病院からまんまと脱走したDr.レクターが、めでたくFBIアカデミーを卒業したクラリスに電話をし、

「I'm having a friend for dinner」(友達をディナーに招く、という意味なんだけど、Dr.レクターが言うと、友達を食べる、という意味になる、名セリフ)

と言うシーンで終わるんですけど、これって「もう一つのエンディング」ってなかった?クラリスが、殺された女の子のノドに入っていた蛾のさなぎを発見し、それを解析したがちゃ目の昆虫学者と仲良くなるんだけど、最後、大きな2匹の犬と一緒に、彼のキャビンの暖炉の前にあるベッドで彼も一緒にだったかな?クラリスがすやすやと眠っているシーンを確かに観たと思うのですが、削除シーンにも見つからなかった。あと、Dr.レクターが逃走した直後、ランドリー・ルームの乾燥機がガランガランと作動しているのに寄りかかってうとうとと居眠りしているクラリスの映像も、しっかりこの目でみたハズなのですが、見つからない。

私はコレ大好きで、映画も何度も観たし、本も英語・日本語両方読んだので、本のエンディングを頭の中で勝手に構築しちゃっただけかもしれないんですが、すっごく鮮明に目の裏に焼きついている。それに、タイトルの『羊たちの沈黙』って言うのは、クラリスが小さいとき預けられていた農場で、朝方羊が殺されるときの悲鳴で目が覚め、そのことが未だにトラウマとして残っていて、羊を一匹でも救えれば、つまりキャサリンを連続殺人犯から救えれば、羊たちを沈黙させられて、安眠できる、自分の悪夢を昇華できる、という意味があるので、最後クラリスがすやすやと眠る、っていうシーンはすっごい納得なのですが、アタシの思い過ごしだったのかしら。

key Word 映画 羊たちの沈黙 ジョナサン・デミ ジョディ・フォスター アンソニー・ホプキンス スコット・グレン テッド・レヴィン アンソニー・ヒールド ブルック・スミス
★おすすめ映画★ | コメント(3) | 【2009/01/28 20:50】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ウォンテッド』-冴えないあなたの気分転換に!
NEXT: ジョージ・クルーニー [偉人伝外伝] 出演作品一覧

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
初めて読んだ映画原作本だわ~、懐かしい!仕事の休息も惜しんで一揆読みした記憶が(^^;
原作の後映画観た・・・・でも、映画ラスト思い出せないっ!!!
ジョディ・フォスターとアンソニー・ホプキンス、本当にあの恐怖と狂気と繊細さとMIXした感じが今でも思い出せます(・・・眠れなくなりそう・・・)
ちょっとレンタルしてくるv-30
【2009/01/30 01:19】 URL |  百 #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
百さんと同じく懐かしい~。
映画館が満員で立ち見になりそうだったんですよね。そのあたりも懐かしい。

ずいぶん昔に観たのでエンディングの記憶がないんですが もしかして編集してるのかもしれませんね。編集したなら編集したって書いておいてくれると親切なのに・・・。
【2009/02/01 15:26】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
百さん、プリシラさん、

最後、Dr.レクターが南の島で、似合わないアロハにパナマ帽でDr.チルトンを追っかけていくところで終わるエンディングが、劇場公開のエンディングに間違いないんですけど、小説の終わりは、クラリスが寝てるとこだと思うんですよね。それを削除シーンに入れてたかどうかが思い出せない。
【2009/02/02 21:59】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。