スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『世界の中心で、愛をさけぶ』-意外に面白かった
Socrates in Love, aka Crying Out Love, In the Center of the World

これがセカチューってやつか!意外にキライじゃなかったよ。今時、白血病、不治の病、初恋、実らない恋・・・・という古臭いテーマではありますが、結構ホロリと来たりして。

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]
dvd on amazon.com
Produced: 2004
Director: Isao Yukisada
Writing Credits: Kyoichi katayama, Yuji Sakamoto, Chihiro Ito, Isao Yukisada
Cast:
Sakutaro: Takao Osawa
Ritsuko: Kou Shibasaki
Aki: Masami Nagasawa
Saku: Mirai Moriyama
Shigezo: Tsutomu Yamazaki
スクリーン・プレイもなかなか良かった。サクが病院を去っていこうとして、亜紀が追っかけて来る所とか。

でも、最初、亜紀(長澤まさみ)のしゃべり方に慣れるまで時間かかったけどね。こんなしゃべり方すんのってAV女優だけじゃないの?日本人の女の子って、こんなしゃべり方しないでしょ?私も昔、日本人の女の子だったけどこんな風にしゃべらなかったし、私の友達も、ぶっちゃけ殴ってやりたいくらいのカマトト・ぶりっ子の女でもこんな風にしゃべんなかったと思うのだが。

日本のドラマって、セリフが自然じゃないことが多くない?普段こんなこと言う奴いねえよ、みたいな。でも長澤まさみも森山未來も、演技はいいなと思ったの。もしかして、演出家の人が、ああいう風にしゃべらせてるのかな?だって、山崎勉はそんなに悪くなかったもん。まあ、私の場合観ている日本映画の絶対数が極端に少ないのでなんとも言えませんが。

あとさ、設定が1984年なんだと思うんですけど、時代を全く反映してないと思うのですが。亜紀とサクが聴いている深夜ラジオでかかる曲が反映しているのかもしれないんだけど、私日本の音楽全然聴いてなかったから、今一わからない。それ以外のところ、例えばファッションとか、家の感じとか、町並みとか、全く時代性がないんだよな。まあ、四国の田舎という設定なので、東京とは違うよ、と言われてしまえばそれまでなのですが。でも、自分もそのくらいの世代なので、そんな私が「あー懐かしい」と全く思わないつーのもなあ。

山崎勉の写真屋さんとかも、あれって1960年代以前くらいのイメージじゃない?1984年で、あんなカメラで写真撮ってたっけ?しかもセピア色の写真?無人島で拾ったカメラの写真は鮮明にカラーなのに、結婚写真はセピアなんだよね。

着ている洋服とかも「そーそー、こんな服!」とかそーいうの全然ないし。あ!でもウォークマンが時代なのか。でも待てよ、サクの髪型とかも90年代以降っぽくない?ま、いいけど。

***ネタ?***

もうとっくに時効だとは思いますけど、一応。朔太郎の今の彼女の律子が、当時カセット・テープを届けていた女の子だった、ってのは上手かったね。「おお~、そうか!」と思った。あの女優さん(柴咲コウ)の片足不自由な演技が学芸会してるな~と思ったけど、設定的には「なるほどね~」と思いました。

でもさ、律子が置手紙を残していなくなってしまった、とかいって、タイムリーにTVに写るかな~。絶対ないとは言わないが、にわかに信じがたい。あとさ、最後、オーストラリアだっけ?行った時、なんで朔太郎は亜紀の遺灰を持ってんの?どっかでそれに言及してましたっけ?ちょっと長丈な映画だったんで、途中ぼーっとしてて見逃したかな?

key Word 映画 行定勲 片山恭一 大沢たかお 柴咲コウ 長澤まさみ 森山未來 山崎努 杉本哲太
見た映画の感想 | コメント(3) | 【2009/01/18 08:10】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 親バカ日誌その十:冬のお散歩もなかなかいいモンです
NEXT: 『How to Lose Friends & Alienate People』-ベタですな

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
ふふふっ、これは見た事あるぞ!

だってオヤジは長澤まさみのファンなんだな。

「だから何なんだ?」

と言われると困るが、好きなモノはしょうがない。作品の内容よりも、長澤まさみを鑑賞したワケ。

何か?
【2009/01/19 12:43】 URL | 土佐のオヤジ #-[ 編集] | page top↑
オーストラリアにそれ持って入ったら 
検疫で絶対捕まると思います。
申告しないで持ち込もうとしてばれたら相当な罰金食らうか または服役しなくてはならないのですが それ突っ込んだらロマン消えちゃいますね。
【2009/01/19 20:08】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
オヤジ、

いや、この娘は可愛いよ。AV女優みたいにしゃべるし、オヤジ好みですね(笑)

プリシラさん、

それって、それか・・・・。いや、どっちにしろ、どっから出てきたのかわかんないんだよね。
【2009/01/19 23:36】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
- by
管理人の承認後に表示されます【2010/07/04 18 : 50】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。