スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『How to Lose Friends & Alienate People』-ベタですな
How to Lose Friends & Alienate People

これは同名の回想録を基に、イギリスからアメリカの超有名セレブ雑誌に雇われてきたジャーナリストが、ニューヨークで成功するまでに観てきたアメリカのショービズのの内側、みたいな感じで、Amazon.com の本の解説読むとすっごい面白そう。

How to lose friend
Produced: 2008
Director: Robert B. Weide
Writing Credits: Peter Straughan, Toby Young
Cast:
Sidney Young: Simon Pegg
Clayton Harding: Jeff Bridges
Alison Olsen: Kirsten Dunst
Eleanor Johnson: Gillian Anderson
Sophie Maes: Megan Fox
本では、マンハッタンの社交界とか、有名セレブ雑誌の暴露モン(この雑誌はヴァニティ・フェアらしい)満載なんですと。著者のトビー・ヤングは、小さい頃からハリウッド映画が大好きで、ヴァニティ・フェアに記事を書き、ニューヨークで暮らすなんて夢のような話だったので、喜び勇んでアメリカに来たのだけど、この世界は上下関係が厳しく、雑誌社はセレブに媚売っているだけで、ものすごく保守的だと知る。トビーは、偉い人や同僚に気に入って欲しいのだけど、謙遜と言うものが全くなく、時には他人を攻撃するようなイギリス人特有の皮肉屋で型破りな態度で、この社会では浮きまくってしまう。しかし、そういうところが逆にこの世界の裏側を鮮明に描いていたりして面白いらしい。

映画は、ラインとしては原作を踏襲しているのですが、かなりハリウッド日和見的なコメディになっていて面白くない。サイモン・ペグって『ホット・ファズ』では面白かったんだけど、コレとか『恋愛上手になるために』とか、どーなのかなあ、って感じ。

しかも相手役がカースティン・ダンストだぜい。彼女は、本当は小説家になりたいのだけど、ニューヨークで生活していくには会社でつまらない仕事をするしかない、天下のヴァニティ・フェア(映画の中では架空の雑誌名だけど)で働いているんだもん、これが成功じゃなくて、何が成功なのよ。と思いながらも全然幸せじゃないという、超ベタな設定。こういう女の子が、トビー(映画ではシドニー)のような型破りな男に魅かれていくという、ハリウッドの王道ラブコメの型にはめ込むために作られたのが見え見えのキャラ。

シドニー自身も超ありがちで、最初とんがってたのがだんだん揉まれて、上手いこと立ち回って会社をどんどんのし上がり、今では誰もが頭を下げるようなパブリッシャー、美人の女優やモデルと関係を持ち、アリソン(カースティン・ダンスト)が会社クビになっても平気。でも、これって本当に俺が望んでいたものだろうか、と気づき、アリソンに愛を告白、キスしてめでたしめでたし。

多分原作が面白そうなのは、このシドニーのキャラがいかに破天荒で、相手が不快になるようなことをばったばったとやってのけ、それを「すっげー」とか言いながら読んじゃうところだと思うんですけど、映画はそういう毒気の強いところを丁寧にならして、観やすくしちゃってるから面白くない。てか、原作も読んだわけじゃないので、セレブ雑誌の裏側とかソレ系のジャーナリストの生態なんて、最初からこんなものかも知れないんだけどさ。『ノックトアップ』の女の子も芸能レポーターだったけど、あっちの方が自然にそういう世界の裏側を描いていたような気がするなあ。
映画感想 | コメント(3) | 【2009/01/17 22:43】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『世界の中心で、愛をさけぶ』-意外に面白かった
NEXT: 『スモーキング・ハイ』-アパトー一家、アクションに挑戦!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
Hotfazzは「Spaced」「Shaun of the dead」と同じ製作陣、俳優かつ
サイモン本人も脚本や演出に
かかわってますからな。
面白くて当然といえば当然かも…。
【2009/01/27 14:39】 URL | うに #-[ 編集] | page top↑
うにさん、

そーですよねー。この人役者より製作の人なのかもね。
【2009/01/27 22:30】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
こんにちは。

娘を膝の上に乗せながらPC覗いてます。
のんびり見させていただきます(* ̄∇ ̄*)
ブログ応援させていただきます!
またゆっくりあそびにきますね(^^)
それでは失礼します。
【2009/02/12 11:48】 URL | ☆KEEP BLUE☆ #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。