スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『スラムドッグ$ミリオネア』-ストリート・キッズの一大叙事詩
Slumdog Millionaire

億万長者にもなれるというアメリカのクイズ・ショー『Who Wants to be A Millionaire?』のインド版、『Kaun Banega Crorepati』に出演して、今まで大学教授など、ものすごい教育水準の高いような人でさえ辿り着けなかったほどのお金を稼いだジャメルくん。ズルしているんじゃないかと疑われ、警察で拷問されるが、拷問ではどうしても白状しないので尋問すると、物知りなのは実はジャメルがスラムの出身で、それこそ生き残るために様々な仕事をしてきたからだということがわかる。

slumdog millionaire
Produced: 2008
Director: Danny Boyle, Loveleen Tandan
Writing Credits: Simon Beaufoy, Vikas Swarup
Cast:
Jamal Malik: Dev Patel
Latika: Freida Pinto
Salim Malik: Madhur Mittal
Prem Kumar: Ani Kapoor
the Police Inspector: Irrfan Khan
なんで『Who Wants to be A Millionaire?』なんだろう?という発想が面白いなあ、と思ったのですが、すごい上手い使い方ですよね。スラムで育とうが、学校に行ってなかろうが、頭のいい子はどこからでも学ぶことができるという事実と、またなぜそんな雑学を学んだかという話そのものが、ジャメルが今までどんな風に生きてきたかという背景を巧みに見せているし、そして何と言ってもジャメルがこの番組に出た理由が、スラムの幼馴染みで離れ離れになってしまったラティカがこの番組を観ているからで、決してお金のために出たわけじゃないという、貧しく育ったのにお金より愛が大事なジャメルくんの性格を良く現しています。

ジャメルくんのお兄さん、サリムはさすが年長さんで、気が強く、ストリートから拾い上げてくれたギャングの親玉に気に入られ、あれよあれよという間にタフな世界で頭角を現す。

ラティカは、ジャメル・サリムのマリク兄弟と同様にスラムで育って、ムスリム襲撃で親と家を失い、マリク兄弟と共にギャングに拾われるのですが、兄弟が逃げたときに逃げ遅れ、売春婦にさせられる。

私はずーっと昔にモロッコのカサブランカに行ったことがあるのですが、もちろん映画で有名になったために観光客も多く、ホテルとかものすごい豪奢できれいなのですが、本当に道一本入ると、手足がない人や、目が見えない人が物乞いしている。人一人が通れるか通れないかの道に手足もなく横になっている人や、目が見えないおじいちゃんの手を引いてお金をせびりに来る子供とか、真剣に「地獄みたいだ」と思ったのですが、この映画を観ると、インドの貧しい人たちも状況は同じみたいだけど、身体が不自由なのは貧しいからではなく、同情を引くために眼をつぶしたりするんだ!というのを観てものすごく驚きました。驚いていること自体、平和に暮らしてるんだなーと思ったけど。

ジャメルも歌が上手だったために眼をつぶされそうになるんだけど(めくらの子供が悲しい歌を歌うと同情を引くから)、その頃はかなりワルになったサリムが、ジャメルを救うために自分のボスに逆らって、二人は逃走する。その時残してきたラティカのことを一日たりとも忘れず、なんとかギャングのところから連れ出そうと街に戻ってくるジャメルくん。

スラムではだしで走り回っている子供時代から、20才くらい?までの成長期の話なので、サリムもジャメルもラティカも、子供時代・少年期・青年期と3人の役者が演じているのですけど、合計9人、みんな可愛い。男の子も女の子もみんなすごい美形で、ワタクシの白人神話がガラガラと音を立ててくずれて行きそうです。

一つ疑問だったのは、クイズショーのホストが、ジャメルくんにものすごく競争心をむき出しにして、嫌うんですよね。ウソの答えをわざわざ教えたりとか。この人はホストで、自分が物知りなわけじゃないんだからいいじゃん!とか思うのだが。視聴率も上がるし、何が気に入らないんだろう。

全編、インド訛りの英語で字幕もなかったためその辺が良くわからなかったのですが、ジャメルくんがズルしていると言って警察に捕まるのも結局は、このホストが通報したかららしい。でもさ、クイズショーでズルして警察で拷問されるってのもすごいよね。アメリカや日本ではそんなことないよね?良くわかんないけど。

結局おまわりさんは、ジャメルくんがサバイバルしている間に雑学を身に着けたという話が本当だと悟り、ジャメルくんは釈放されて、200,000ルピー?稼げるファイナル・クエスチョンに挑戦することになる。その過程でラティカとも連絡が取れ、最後はめでたしめでたしになるのですが・・・・・

長い長ーい映画だけど、色んな側面があって面白い。最後みんなが歌って踊るのは、Bollywood映画(ムンバイを中心に、ヒンズー語で書かれたインド映画はこう呼ばれているらしい)の王道らしく、唐突にみんな踊り始めてしかもあんまり上手くないところが『40歳の童貞男』のエンディングみたいで笑った。

key Word
映画 スラムドッグ$ミリオネア ダニー・ボイル デヴ・パテル マドゥール・ミタル フリーダ・ピント アニル・カプール イルファン・カーン
映画レビュー | コメント(15) | 【2008/12/30 22:11】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『パフューム ある人殺しの物語』-超面白いお話
NEXT: 『プリティ・ウーマン』-ポジティヴにさせられちゃう

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて この映画 観たいけど ものすごーく評価がよすぎるのと 何よりインド英語なので DVD待ちせざるを得ない…と 踏んでます。
ダニー・ボイル 久しぶりにヒットしそうなのは嬉しいのですが それにしても コテコテなストーリーラインですよね。さすが インド。なので評論家はOKを出すのでしょうか。

インド映画のハッピーぶりは大好きなのですが 英語が英語が…涙
【2009/01/02 20:01】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
プリシラさん、

英語は思ったほど難しくなかったですよ。後でウィキったけど、ほとんどつかめてたし。

ベタなストーリーでも面白いのは、それをどう見せるかが上手い、ということや、話のテンポがいい、役者がいい、といろんな要素があり、この映画はそういう意味ではとてもバランスが取れていて良かったと思います。
【2009/01/02 21:53】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
チュチュ姫さん、こんにちは。
この作品がアカデミー賞作品賞を獲得したので、
記事を読みにきました。

民衆の生活の暗部を描いたものは、たいてい評価が高いですよね。
これ、時間が長いんですか。

「ミリオネア」って日本でも放送されてましたが、
インドでも「Final Answer?」って聞いてましたか?(≧ε≦)
【2009/02/23 16:45】 URL | YAN #9L.cY0cg[ 編集] | page top↑
YANさん、

確か英語でやってたと思います。
【2009/02/23 22:23】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
思い出したけど インド人あちこちにいっぱいいるんですが やせててまつ毛のながーい美青年 結構いますよ!

でも 中年超えるとみんなデブ親父になるのが不思議。女性もそうなんですが…遺伝子?
【2009/02/25 12:45】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
チュチュ姫さん、こんにちは
よさそうな映画ですね。
ドイツでは、普通に上映しています。
が、ドイツ語吹き替えしかなく、ドイツ語を解さない身としてはつらいのです。
ストーリーがベタなら根性でわかるかなぁ。
私の中での世界で美形が多い地域は、
1、ベネズエラ(メスチソ中心) 2、インド 3、東欧諸国(スラブ系白人)
インド人が美男美女ぞろいでも納得できます。
納得できるんだけど・・・・・・・予告編みると美形すぎて思わずため息がでます。
【2009/03/29 19:46】 URL | くんくん #-[ 編集] | page top↑
くんくんさん、

まー全く言葉わかんないんだったら、観ても面白くないかなあ。ベタではありますが。
【2009/03/30 21:02】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
……どうして、アメリカの人達はこの映画に熱狂しちゃったんだろう?
というのが、正直なところ。
面白くないわけではないけれど、褒めちぎるようなところは私にはとても見つけられない。
やっぱり、何ていうか『ぱちもん』?
英語っていうところも、実をいうと気に入らないんですが(ま、監督が監督だし仕方ないけど)、私がインド映画で『愛すべき』要素と思っている部分を相当取っ払ってしまった感があるし。
あくまでも外国人の『インド』であって、本当の『インド』ではないでしょ?(ま、フィクションだし)
でも、外国人だからこそ撮れた『インド』でもあるとは思うんですけどね……
ところで
アメリカって以前にインド映画が上映されたことってなかったんですか?
観てたら、ラストシーンで驚かないか……
【2009/04/23 17:33】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、

「ぱちもん」って、なんだっけ?あー!日本語がわからん。

私は自分ではインド映画って知らないので、まーちゃんの意見から感じた印象としては、この映画はアメリカ人に取って「カリフォルニア・ロール」みたいなものなんじゃないでしょうか。

「オレ、日本食大好きなんだ!」

「へー、何が好きなの?」

「カリフォルニア・ロール」

日本食じゃねーだろ!という。

でも面白いのは、日本人もカリフォルニア・ロールが大好きなんですよね。

だからアレじゃん?どこの国の映画、という見方をしなければこの映画はエンタメとしては面白いんじゃない?
【2009/04/23 20:16】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
あ、関東の人は使わないか。
『ぱちる』というのは『盗む』かな~?
あ、『パクる』と一緒かな。
だから…偽物?(ていうと、盗むが関係ないな……)

う~ん、この映画を面白くしているのはインドという要素だし……。
冷静にプロット見直したら、面白いけどそこまでは……ていう感じなんです、私。
同じお金払うんなら、『フロスト×ニクソン』か『グラン・トリノ』観ぃ。と、人様には言うと思います。

司会者の人がジャマールに意地悪なのは、「スラム出身で一夜にして有名になったのはただ一人、私だ」という台詞があったと思うのですが、この『スラムの星』みたいな地位を他に取られたくなかったからではないかと推測しています。
【2009/04/24 17:17】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、

やっぱり。なーんか見逃していると思ったんだ。だって唐突過ぎるもん。この司会者が警察に通報しちゃうのって。つか、あり得ないよねー。
【2009/04/24 21:05】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
嫉妬は怖い(>_<)
ってことでしょうか?

何だかやっぱり思い出すたびに納得行かないこの映画。
ご都合主義を押し通す力技に欠けていると、私は思うのですが……

『踊るマハラジャ』観て!
無理か……;;
【2009/04/28 17:36】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、

「スラムの有名人は、オレだけだ!」→警察ってのが繋がらない(笑)
【2009/04/28 19:48】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
観ましたよ、久々に観てコメントできるのが嬉しい(感涙

>この人はホストで、自分が物知りなわけじゃないんだからいいじゃん!とか思うのだが。視聴率も上がるし、何が気に入らないんだろう。

過去に1000万ルピー(ラストの手前)獲得したのがこの司会者で、それを機にこの番組の司会者になった。この番組は賞金を獲得することもだけど、司会者と回答者のやりとりがウリだったわけです。司会者の毒舌っていうか煽りっていうか。(これはスタッフとの会話から推測できます)
それがなーんもないジャマールが勝ち上がっていき、視聴者も全てジャマールの味方になってしまい、彼的に彼の番組ではなくなって(彼の毒舌よりジャマールの快進撃の方がウケタ)しまった。自分の記録と並ぶ問題の時、トイレで嘘の答えを教えたのに飛びつかなかった。で、絶対コイツいんちきだ、と通報したわけです。
【2009/05/05 01:33】 URL |  百 #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
百さん、

なるほどねー。その辺ばっさりスルーしてました。
【2009/05/05 01:57】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。