スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ベティ・サイズモア』-集中できないっ
Nurse Betty

また町山さんに騙された。もーこの人がしゃべるとすっごい面白い映画に聞えるんで借りちゃうんですが、映画自体は面白くないんだよ~~~!!!この映画も2回観ようと試みましたが、いつも途中でなんかし始めちゃいます。メイルをチェックしたりとか、お皿洗ったりとか・・・・。

nurse betty
dvd on amazon.com

Produced: 1994
Director: Neil LaBute
Writing Credits: John C. Richards
Cast:
Betty Sizemore: Renee Zellweger
Charlie: Morgan Freeman
Wesley: Chris Rock
Dr. David Ravell: Greg Kinnear
Aaron Eckhart: Del Sizemorer
でもすごいオールスターよ!まず、主人公のベティがレネー・ゼルウィガーでしょ、その旦那のサイテー男がアーロン・エッカート、ベティを追う殺し屋がモーガン・フリーマン、その息子がクリス・ロック。あと、ベティの近所の女の人、あの人の声がすっごい印象に残っているんだけど、どの映画で観たのか思い出せない~~!!!

一番驚いたのはアーロン・エッカート!!今ではいい男役ばかりですが、すっげえですよ、この映画では。ホワイト・トラッシュみたいなヘンな髪型で、だっさいメガネかけて、全く知性と言うものがないベティの夫・デルを好演しています。

モーガン・フリーマンが悪役なのって『ラッキーナンバー7』くらいでしか観たことないので楽しみにしていたのですが、殺し屋とは言ってもやっぱり思慮深い年寄りで、『セブン』とかのイメージでした。デルがインディアンに対して知性のかけらもない差別的な発言をしたことを、理知的に突っ込んだりして。

それを補って余りある、人殺しに罪の意識を感じないクレイジーな息子役にクリス・ロック、というのが意外にハマってて良かったです。この息子が、父親がデルのインディアン云々の話にやたら突っ込みを入れるので、コーフンしてデルの頭の皮を剥いでしまうのですが、なんかその唐突さというか、剥ぐところも見せるし、剥がれたデルが血みどろで暴れるところとか、すっごいショッキングで、「一体、どういう映画なんだよ!」と注意を引く、ってのは上手いな、と思った。

この前までは、レニー・ゼルウィガーが、あの顔で、あの声で、天然ボケキャラを好演しているのですが、それほど引き付けられなくて、このデルの皮剥ぎシーンで一気に引き付けるか!と思ったんだけど、またここからダレダレ~っとなってしまった。

ストーリーは、天然ボケキャラのベティは、すっごくいい娘なんだけど、デルみたいなしょーもない男と結婚していて、楽しみといえばソープ・オペラ『Reason for Love』を観ること。劇中のハンサムな医師、デヴィッドに恋しているのですが、デルの殺人を目撃したトラウマで気か狂い、自分はデヴィッドの元フィアンセだと信じるようになり、ドラマから得たインフォメーションだけでLAにいるデヴィッドに会いに行ってしまう(ベティはカンサスに住んでいる)。

途中に寄るバーとか、LAで知り合ったローズとかに、デヴィッドは実在しない、TVドラマの役なのよ!って言われるんだけど、トチ狂ってるベティは信じない。で、モーガン・フリーマン演じる殺し屋がデル殺しを目撃してしまったベティを抹殺しようとLAまで追ってくるんだけど、ベティを好きになってしまう。ベティは、デヴィッドの出ているソープ・オペラに出演してお金を稼ぎ、看護学校へ通うようになる。

という、なんかどう思っていいか分からない話。役者さんみんな好演なんだけど、どーしても途中で席を立ってしまう、集中できない映画でさー、あんまり色々書けなくてごめん。

key Word
映画 ベティ・サイズモア ニール・ラビュート レニー・ゼルウィガー モーガン・フリーマン クリス・ロック グレッグ・キニア アーロン・エッカート
ミニシアター系 | コメント(2) | 【2008/11/16 01:59】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『寝取られ男のラブ♂バカンス』-アパトー、泣かすぜっ・・・
NEXT: 『美しすぎる母』-静かに崩壊していく男の子のお話

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
オレは面白かったぞ、この映画。
【2008/11/18 20:26】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
GOさん、
そっかー。なんだかツボに入らなかったなー。ところどころ好きなんだけどね。ベティがパーティでデヴィッドと会うところとかさー。
【2008/11/18 22:08】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。