スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『美しすぎる母』-静かに崩壊していく男の子のお話
Savage Grace

えーっとまず、大金持ちの家の派手な奥さん・バーバラ(ジュリアン・ムーア)がいて、旦那のブルックス(スティーヴン・ディレイン)と上手く行ってないみたいで、一人息子のトニーが大きくなるに連れて、どんどん子供依存が高まってくる。なんかこの夫婦すごい自分勝手で、結婚上手く行かないのとか感情的にしか対処できず、結果子供のことなんか手が回らず、トニーはトラウマを抱えて大きくなる。

savage grace
dvd on amazon.com
Produced: 2007
Director: Tom Kalin
Writing Credits: Howard A. rodman, Natalie Robins
Cast:
Barbara Baekeland: Julianne Moore
Brooks Baekland: stephen Dillane
Tony Baekeland: Eddie Redmaynen
トニーはホモになってしまい、男の彼もいるんだけど、女の子の彼女ができ、家に連れてくきたら、この娘はなんとお父さんとくっついて、バーバラとブルックスは離婚してしまう。

この後は、バーバラとトニーが気持ち悪いくらい近い親子として描かれる。お母さんの彼氏とトニーもやっちゃったりとか、まーそういう・・・。で、最後、バーバラがトニーの上に乗っかってセックスし、その後トニーはバーバラを刺し殺し、刑務所に行く・・・・・。

なんだこりゃ?と思って調べてみたら、実話に基づいてるんだそうです。ジュリアン・ムーア演じるバーバラ・ベークランド という女性は、女優崩れで玉の輿に乗るのですが、上手く行かない結婚生活のせいなんだか、もともとこういう自虐的というか自己破壊的な性格なのか、観てるとおかしいんですね。ブチ切れるのは日常茶飯事で、若い愛人と去って行く旦那を空港で捕まえて罵詈雑言浴びせ、そのあとうちへ帰るために捕まえたタクシーの運転手とやっちゃったりとか。

で、息子と近親相姦しちゃうとか、自分の彼氏と息子がやっちゃうとかいうのは真実なのか誰も知らないみたいなのですが、息子に殺されたのは本当の話で、かなりスキャンダラスに話題になったらしい。

トニーは、やっぱ子供の頃から家庭が崩壊していたせいで、変な人だったらしいんですけど、特に刃物にすごい興味を持っていて、母親を殺した後、精神病院から出てきておばあちゃんと住んでいたときにおばあちゃんも刺し、その後入った精神病院で自殺したらしい。けど、この辺の話は映画には出てこないんですけどね。

このトニーを演じるのがエディ・レッドメインって役者くんで、この子っていわゆる腐女子が好きなタイプ?!男の子なのにタラコ唇で、はかなげな・・・・・。私は好みじゃないんですけど、この映画の醍醐味はこの子を見ることなのかしら?とか思いつつ観てました。

私のお目当てだったジュリアン・ムーアは、『マグノリア』の時の役にかなり近い感じでしたね。『ブギー・ナイツ』で気が付いたんだけどさ、この人むっさスタイル悪いんだよね。おばさんも入ってるんだろうけど、元々なんじゃないかという気がする。でもさ、ハリウッド女優ってみんな一律にいい身体であんま現実味ないから、ジュリアン・ムーアみたいなぷよぷよ・ムチムチで、ウエストなくって腹出てて、そばかす・シミだらけの身体って新鮮に見えるよなー。なんたって全く気にしないで堂々と見せるところが爽やかでよろしい。

映画自体はまー、なんだかなーというか・・・あ、でも邦題が『美しすぎる母』ってなっているけど、甚だしい勘違いか、収まりがいいからテキトーにつけたんじゃないかなあ。だってトニーはお母さんがきれいで大好きなわけじゃないんだもん。こんなこんなしょーもない親を持ったおかげで、自分も静かに崩壊していく男の子のお話なのです。

key Word  美しすぎる母 トム・ケイリン ジュリアン・ムーア スティーヴン・ディレイン エディ・レッドメイン
ヒューマン・人間ドラマ | コメント(4) | 【2008/11/15 05:14】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ベティ・サイズモア』-集中できないっ
NEXT: グウィネス・パルトロー 出演作品一覧

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
結局、自分の中でどう消化(昇華)していいのかよく分からない映画でした。
でも、不思議と嫌いではないのですよね。
陰惨なのに静謐な感じさえするラストとか。
でも、今、思い返してみても、何が訴えたくて撮ったのかはよく分からないです。

エディ・レッドメイン……
どうでしょう?私、たらこ唇が好きじゃないからな~
儚げっつうか、影が薄い感じがしちゃうんですよね(^_^;)
【2008/11/18 17:18】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、

アタシもこういう男の子好きじゃないんだけどさー、もう出し方が

「さあ!腐女子のみなさん!萌えてください!」

って超露骨でわろた。
【2008/11/18 22:12】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
差し出されたものには、萌えないんですよね~
出来上がってるものは、それ以上は作れないから。
【2008/11/19 17:09】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
そうそう!!「萌えてください!」って言われると、退くよね。それに大体、男が監督だったりするしな~。

だからソフィア・コッポラの映画好きよ。もー男が本人の萌え丸出しで。好きになれなくても、わかってあげられちゃう(笑)
【2008/11/19 21:34】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。