スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『サンシャイン2057』-スローなSF
Sunshine

時は西暦2057年。太陽が死につつあり、光源を失ったら地球も死んでしまう。人類を救うため、8人の科学者を乗せた宇宙船イカロスは、太陽に向かって旅をしている。太陽の中に太陽を作るためだ・・・・。

Sunshine
サンシャイン2057
dvd on amazon.com

アメリカのポスターではキリアンが一番前に写ってるけど、日本版では真田さんが一番前になっている!細かいな~
Produced: 2007
Director: Danny Boyle
Writing Credits: Alex Garland
Cast:
Capa: Cillian Murphy
Seale: Cliff Curtis
Corazon: Michelle Yaoh
Kaneda: Hiroyuki Sanada
Cassie: Rose Byrne
Trey: Benedict Wong
Mace: Chris Evans
Harvey: Troy Garity
Pinbacker: Mark Strong
という前振りが明らかにキリアン・マーフィの声で語られるのですが、最初に出てきた登場人物はサール役のクリフ・カーティスで、ちょっとがっかり。その後、船員たちの食事のシーンでキリアンが何気にテーブルについており、メイス役のクリス・エヴァンスが結構目立っていたので、「なーんだ、キリアンが主人公じゃないのか」とまたガッカリ。

そしたらいきなり真田広之じゃん!おお~出ていたとは知らなかった。この人英語むちゃむちゃ上手いねえ。昔からしゃべれたの?役柄はキャプテンで、『ラストサムライ』の氏尾を彷彿とさせる、実直で頼れるキャプテンって感じで良かった。私、ほとんど日本人って好きじゃないけど、この人はいいね~。すっげえいい男だしさ。あ、でも、氏尾はアレか、結構血の気の多い頑固な人だったか。

『ラストサムライ』の時も、真田さんは日本のことが間違って伝わらないようにと、映画製作者側に色々意見をしたらしいけど、この映画でも当初この役は「Kanada」という名前だったのを「Kaneda」に直してもらったんだって。まあ、かなださんがいないわけじゃないだろうけど、カネダさんの方が自然だよね。なかなか考えてる真田さん。

とか思っていたら、宇宙船の家庭菜園(?)を育てているおばさんがミシェル・ヨー?!わー久しぶり。この人も元はマーシャル・アーツで出てきたわけだけど、普通の役演じても全然違和感ないよね。ジェット・リーとか、ジャッキー・チェンはちょっと苦戦してるけどねー。やっぱ英語なのかなあ。ミシェル・ヨーも英語上手いもん。それと演技力ってのもあるかも。ジャッキーもジェット・リーも普通の役演じてるときってやっぱり演技力今一歩だと思う。

とか色々考えながら観ていたら、やはりキリアン・マーフィーが主人公だった。彼が演じるキャパは、太陽で爆破さして、「太陽の中に太陽を作る」爆弾を作った物理学者で、彼しかこの爆弾を取り扱えない、という設定らしい。もうすぐ地球と交信できなくなるから今のうちにメッセージを送っておけば、と言われ、カメラに向かって「お父さん、お母さん、」とやってるキリアン、キリアンらしい目の動きとか口の動きとか、萌えるな~。しかし、キリアンの年齢で、交信する相手が両親だけなの?彼女はいないのかな?こういう仕事してたら忙しくて彼女なんか作れないのか。

ストーリーはこういう宇宙船もののお決まりで、計画外のことが起こり、宇宙船は少しずつ壊れ、船員は一人、また一人と死に、任務を遂行できても、地球に帰れるか分からない、とかかなりベタなもの。

私的に面白くなかったのは、話が難し過ぎること・・・って言うと自分のバカを晒すようでイヤなのですが、なんか問題が起こって、船員が危険を犯してまでそれを解決しなくちゃならないんだけど、問題が難し過ぎるので「なんでそんなことしなきゃならないの?」と必然性が感じられず、傍観してしまう。

そりゃ大雑把にはわかるのよ。酸素が5人分はないけど、4人分ならあるので、一人死んだ方がいいとか、太陽の光にモロ晒されると暑過ぎて死んじゃう、とか。わかんなかったのはね、キャプテンとキャパが宇宙服着て外出てる時、宇宙船のコンピューターが突然人間の指令を無視してコントロールし始めたり、あと、トレイって人が軌道修正で計算を間違えて、太陽に対する角度がどーのこーのって、「それって、マズイのか~」としかわからなくて、なんか緊迫しないの。

観終わった後でウィキとかでストーリー観てみたけど、やっぱ私が大雑把にわかったことしかわからない。どーも監督の名前に見覚えがあると思ったら、『28日後・・・』撮った人なのね。この人、人類滅亡が好きだね。『28日後・・・』はストーリーわかりやすいじゃん。何が危険で、怖いかって。それと、そういう無法状態になったとき、女の子がどう扱われるかという、ちょっと意外な鋭い指摘とかあってなかなか佳作だったけど、『サンシャイン2057』はわからん。宇宙服着て外で作業する間のスローモーションが『2001年宇宙の旅』を彷彿とさせたりとか、宇宙船という密室の中で敵と戦う後半とか『エイリアン』ぽかったり、この手の映画がとりわけ好きな人にはオマージュも感じられて面白いかもしらんけど、私にはスローで退屈な映画でした。

key Word 映画 ダニー・ボイル キリアン・マーフィ 真田広之 ミシェル・ヨー クリス・エヴァンス ローズ・バーン トロイ・ギャリティ ベネディクト・ウォン クリフ・カーティス
特撮・SF・ファンタジー映画 | コメント(2) | 【2008/11/02 18:59】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『レック/ザ・クアランティン 』-手カメラ系の密室ヴァンパイア・ホラー
NEXT: 『ハートブロッカー』-ちょっと暗過ぎ!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
chuchuさん、こちらにもコメ&TBありがとう。
これ、観てるときはついつい突っ込み姿勢になってしまい、反省している映画です。
好きな方は物凄く好きな映画のようですね。何年かしたらカルト映画になってたりして・・。

http://thinkingdays.blog42.fc2.com/blog-entry-216.html
【2008/11/10 09:51】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集] | page top↑
姫さん、こんばんわです。
いやぁ、なかなか暗い映画でしたねぇ。
この映画は真剣に考えると、まったく意味が分からない映画なので、CGと音楽と、最後にでてくるゾンビとの攻防を楽しんだらなかなか、普通の映画かなぁと思います。
 
あと、けっこうグチャグチャ撮ってるのに、そこまで観ずらくなくてうれしかったです^^/
【2009/04/01 01:03】 URL | 茶栗鼠 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。