スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『Smart People』-こういう映画キライ
Smart People

会社の映画友達に、「『Smart People』面白くなかったよ~」って言ったら、

「知らない。誰が出てるの?」と訊かれたので、

デニス・クエイドサラ・ジェシカ・パーカーエレン・ペイジ」と答えたら、

「そんなもん、借りんなよ!」って、やっぱりそうか~。

smart people
Produced: 2008
Director: Noam Murro
Writing Credits: Mark Poirier
Cast:
Lawrence: Dennis Quaid
Janet: Sarah Jessica Parker
Chuck: Thomas Haden Church
Vanessa: Ellen Page
James: Ashton Holmes
でもさ、エレン・ペイジはやっぱ、なんだかんだ言いながら期待していたのだがな。サラ・ジェシカ・パーカーは、女優と言うよりセレブだろ、とかなりバカにしていたのだが、正直言ってこの人が出ている映画を1本も観たことがないので、観もしないで偏見持つのもなんだかな、と思って。それにこんな老け顔で、全然キレイと思わないのになぜ美人セレブ扱いされているのか、その秘密も知りたかったし。

デニス・クエイドはまー、どーでも良かったんだけど、この人が人間嫌いで愛想悪くて、生徒のこと考えないし、他人のこと頭悪いとバカにしている、あす・ほーるな主人公、大学教授のローレンスを演じています。

高校生の娘・バネッサ(エレン・ペイジ)と、大学生の息子ジェームス(アシュトン・ホームス)がいるんだけど、バネッサは父親似で勉強ばかりし、他人をバカにするので友達もなく。ジェームスは、ただひたすら父親と疎遠。

そこへ、いい年してまともな仕事にも就けない、住むところもないローレンスの弟、チャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)が転がり込んでくる。

偶然にもこの映画をノア・バームバック監督・脚本の『マーゴット・ウェディング』とバック・トゥ・バックで観たんだけど、このローレンスってお父さん、同じくノア・バームバックが監督・脚本した『イカとクジラ』のどーしょもないお父さんにそっくりだな。大学教授で、他人をバカにしていて、そのくせ本を出そうとしてもどこの出版社にも断られる。この映画では娘がお父さんそっくりだけど、『イカ』では長男が、やっぱりお父さんに認められたくて、お父さんそっくりに他人を批判したりこき下ろしたりする。『イカ』からパクったんじゃねーか?

徹底的に『イカ』と違うのは、このお父さんがどーしょうもないのに、原因と対策があるところかな。原因=奥さんに先立たれたから。対策=新しい恋をして、子供ができたら、瞬く間にいい人になった。

つまんない話だよなー。『イカ』が面白かったのは、あのお父さんが本当にどーしょうもなくて、子供たちはそれにいいように振り回されて、最後に長男が「ああ、これはどうにもならない、自分でがんばっていくしかないんだ」と気が付いた、らしいけど、本当にどうにかなるかもわからない、ぶっちゃけ小さい弟なんか、あのままちょっとオカシイ人になってしまうかもしれない、というところにリアリティがあったからなんだよね。

こっちはさ、ローレンスが最後、いい人になっちゃうんだよね。最初は、教えている大学のクラスで生徒の名前を覚える気がないので、名札をつけさせるのだけど、子供ができてからは、きちんと出席を取るようになる、とかさ。

それとか、ローレンスのしょーもない弟のチャックが実はアーティスト・タイプで、金も家もないような生活をしているのは自由奔放だからであって、実はすごく頭がいいという設定になっていて、そのチャックが、高校生らしく悪いこともせず、父親から認められたいがために勉強ばかりしているバネッサに「人生を楽しむことを教える」というのがまたあきれる。バネッサが勉強しているのにわざとくだらない映画とかかけて、マリファナを吸わせて、バーに連れて行って酔っ払わせたり。

私こういう映画、ご都合主義でつまらないと思うんだけど、それよりも許せないのって、バネッサみたいな子を変えようとするところなんだよね。「高校生らしい」とか誰が決めるの?バネッサの人生が楽しくない、って、誰が判断するの?勉強するよりマリファナやってパーティ三昧している高校生の方が人生楽しんでるとは限らないじゃん。

ローレンスもそうなんだよね。『イカ』のお父さんがエキセントリックだったのは、文学だのなんだの教えてる大学教授だからちょっと変わってるんだけどさ、ローレンスは奥さんが亡くなったせいで傷ついて、寂しかったんだと。性善説なわけですよね。人間悪い人はいない、みんな良い人だ。ただ、辛いことがあったりすると、悪い人になってしまうけれども、幸せになれば、良い人になれるんだ。

そうだと思う?

私は賛成できないなあ。こじつけとしか思えない。しかも新しく恋をして、子供ができたら人が変わるという・・・・。つか、恋とか子供で人が変わるってことを本当に信じているか、目の当たりにした人が、「そうなんだよ!」って言ってる映画だったら説得力あると思うんだけど、この映画は、「恋」とか「子供」とか「家族」がまあだいたい一般的な人にウケるから、という理由でしかないと思う。だから登場人物にも説得力ないし。

私、こういう映画はキライだ。人間に対して洞察がないんだったら、人間描かないで欲しいよ。洞察してこういうのになっちゃうんだったら、映画作る才能ないんだと思うし。もしくは、「一般の人が面白がるのはこの程度」って思うのだったら、客をナメてるし。どう転んでもキライだ!

エレン・ペイジの出演作品一覧

映画 デニス・クエイド サラ・ジェシカ・パーカー エレン・ペイジ トーマス・ヘイデン・チャーチ
日本未公開映画 | コメント(2) | 【2008/10/12 23:34】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『イントゥ・ザ・ワイルド』-青臭くて薄っぺらいけど、欺瞞じゃないと思う
NEXT: 『マーゴット・ウェディング』-これ、アタシじゃん!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
こんにちは~。

これ 観ようかなぁと思ってたんですが 観なくて正解ですね!ありがとうございます!

私もきっとこれ観たら

「なにぃ~ ざけんじゃないよぉ~!」

とか怒りそうです。ほんと 真面目で勉強好きなののどこが悪いんでしょうね 人には人の幸せがあるっていうのに。
【2008/11/02 20:08】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
プリシラさん、

どんなにヒップでこまっしゃくれた人たちを描いた映画でも、最後、登場人物をどこに着地させるかで映画の本質みたいのがわかっちゃいますよね。
【2008/11/03 04:37】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。