スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『Great World of Sound』-イタ過ぎて観ていられない
Great World of Sound

マーティン(パット・ヒーリィ)は、音楽プロデューサーを養成します、という広告を見て、Great World of Soundに面接に行くのですが、それがアムウェイとかああいう、セールスの会社なのです。

Great World of Sound
Produced: 2007
Director: Craig Zobel
Writing Credits: George Smith, Craig Zobel
Cast:
Martin: Pat Healy
Claewnce: Kene Holliday
Pam: Rebecca Mader
Gloria: Tricia Paoluccio
こういうのにひっかかったことありますか?私はあるんですよ。ずっとへらへらバイトとかしてて、なんかなあ、そろそろまともな仕事がしたいなあ、でも事務とかつまんなくてやりたくない、英語が勉強できるような仕事がないかなあ、なんて思ってたら、ひっかかったんですねー、英語の教材を売る仕事!

映画の中で、セミナーと称して、「音楽ビジネスとは」と説明したり、「私はこの仕事でこれだけ儲けました」って話とか、これは、お金を騙し取っているんじゃない、人助けなんだ、って強調するところとか、私が引っかかった英語教材販売とおんなじなんだよねー!

この会社は、どうやって人を騙すかというと、オーディションと称して人を集め、一曲演奏させて、「CDを作るのには10,000ドルくらいかかるけど、こちらが70%、そちらが30%負担することになるが、資本はあるのか」と、お金を出させる。3,000ドル出させるのが目標なんだけど、そんなにないなら、1,000ドルでも500ドルでもいい。そこはセールスの腕前というわけだ。

このオーディションに来る人たちは、映画を撮っているとは知らないで、マジでオーディションに来た人たちだそうで、このシーンが可笑しいはずなのですけど、全然笑えませんよ~。痛いです。みんなお金ないのですが、セールスマンに「このチャンスを逃していいのか!君は才能があるのに」とか言われて、人にお金を借りに行ったりしてまで払ってしまう。

それと、マーティンという主人公は、この仕事を、本当に才能のあるミュージシャンを発掘してプロデュースすることによってお金を稼ぐ、と真剣にがんばるし、また、時々本当に才能のある人がオーディションに来たりすると、素直に感動してしまい、「お金がない」と言われると自分のポケット・マネーで払ってでも、CDを作ってやりたいと思ってしまう。

こういうの、第三者として見ていると、なんで騙されるんだろう、明らかに詐欺だってわかるじゃん、と思うんですが、「儲かる仕事、やりがいのある仕事、人を助けることのできる仕事、というのは、大変なんだよ」みたいに言われると「そーかなー」と思ってしまうんですよ。

とにかく観てて一番辛かったのは、お金を騙し取られる人たちは貧乏な人たち、っていうことでした。「なぜミュージシャンになりたいの?」と聞くと、「もうウェイトレスなんかやりたくないから」とか言うんですよ。こんな行き場のないような生活をしている人たちが、唯一希望を持っているのは音楽で成功すること、そんなささやかな希望につけこんで、なけなしのお金を騙し取るっていうのがもう・・・・・。

主人公のマーティンもすごく貧しくて、奥さんがアーティストなんだけど、仕事としては、百円ストアで売るようなマスコットとかを作って生計を立てている。要するに内職ですよね。マーティンは、他に仕事もなく、奥さんの作るマスコットに色を塗るのを手伝ったりしながらなんとなく生きている。で、多分、これじゃいけないな、と思ったんだろうな。そして音楽に関わる仕事がしたい、本当に才能がある人を世に出してあげたい、とナイーヴではあるけど純粋な気持ちでがんばろうとしている。

これって、音楽業界のウラにある悲しい世界、という見方もできるけど、今のアメリカの悲惨な状況を表している、と思った。アメリカ、というよりも、資本主義社会って要するにこういうことなんだろうな、って感じ?貧乏人からでも金を取る、というか貧乏人が損するようにできている。マーティンも、その他のセールスマンたちも、お金がかかる学歴を手に入れられなかったせいで、こんな詐欺まがいの仕事しかできない。

私、昔は、何も会社員にならなくても、バイトでもなんでも、がんばって稼いで生きていけばいいじゃん、と思ってたけど、今、そうは行かないんだよね。時給のバイトでは、まじめに長時間働いても、自立して生きていけるようなお金を稼げない。会社の重役とかになったら、遣い切れないほどの高給が出るというのに、肉体労働でも一生懸命地道に働くよ、と言っている人たちが自立できない位の給料しか貰えないって、なんかおかしいと思う。

すごい痛いのは、マーティンは才能があると信じた女の子のお父さんを説得し、自分のポケットマネーも使ってCDを作ろうとする。でもこのGreat World of Sound自体が詐欺なわけだから、CDなんか出ない。それですごく絶望する。で、これは人を騙している、とやっと気が付くのだけど、だらだらと流されてまた別のオーディションをする。そこで本当に素晴らしい女性シンガーに出逢うのだが、この人を騙したくない、と思い、一度は契約しない、と追い返す。しかしマーティンは、お金がないと家に帰れないような状況に追い込まれて、この女性からお金を取ってしまうのだ・・・・・。

そのときのマーティンの気持ちを考えると、心が痛い。この人はいい人で、お金のために人を騙すなんて、しかも音楽を媒体としてそんなことするなんて、考えても見なかったと思う。でもそういう状況に追い込まれてしまう。こういう人がそういう状況に追い込まれてしまう社会って、なんなんだと思う。

最後は、結局辞めてしまったマーティンが、奥さんに、「今日、仕事行かないなら、この金魚のマスコットに色塗るの手伝ってくれる?」と言われて、色を塗ってるシーンで終わる・・・・。あああ!

key Word 映画 パット・ヒーリィ 音楽 セールス
考えさせられた映画 | コメント(0) | 【2008/10/04 08:58】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『麦の穂をゆらす風』-なんという不条理・・・
NEXT: やっぱり上手かった!!ウィーザー・ライブ・イン・デトロイト!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。