スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ウェルカム・ドールハウス』-こっちの方がよっぽどイタイです
Welcome to the Dollhouse

7th gradeっていくつだ?12、3歳?いやー、主人公のドーン、可哀想だよな。アタシも中学のときいじめた子がいたよ。ブスで、頭悪くて、ダサくて、なんか見ててイライラすんだよね。こういう子が自分の子だったら、何て言って上げられるだろう?大人になった今だったら、こういう子が結構垢抜けて可愛くなったり、可愛い子が結構ちんちくりんになったりすることもあるから、「負け組みがずーっと負け組みってわけじゃない」って言ってあげるしかないなあ。でも毎日学校行くの苦痛だろうしね。

ウェルカム・ドールハウス
dvd on amazon.com
Produced: 1995
Director: Todd Solondz
Writing Credits: Todd Solondz
Cast:
Dawn: Heather Matarazzo
Brandon: Brendaon Sexton III
しかもこの子は家でも疎外されてるしさー。妹のミシィはすっごい可愛くて、お母さんのお気に入りで、あからさまに差をつけられる。お兄ちゃんは学校でもドーンのようにダサ系の扱いされてるみたいなんだけど、お兄ちゃんの方はもう開き直って、モテようとか愛されようとか思わない、自分だけがんばってわが道を行くって悟っちゃったみたいなんだけど、ドーンは女の子だからかなあ、「愛されたい」「ポピュラーになりたい」って切実に思ってるんだよね。お兄ちゃんみたいになれれば楽なんだけど、こればっかりは努力してそうなれるってもんでもないしねえ・・・。本当にどうしてあげたらいいかわからないわ。

ドーンをいじめるガキ大将のブランダン、この子はいいね~。容赦なくドーンをいじめるんだけど、本当はドーンのことが好きなの。でもこの「好き」は多分、自分が孤独なのをドーンの中にも見たからなんだろうなあ。けしてドーンのこと可愛いとか思ったからじゃない。負け組み同士で傷をなめ合いたかったのよ。しかも、ドーンは人気ないから、自分でもやすやすと受け入れてくれる、なんていう打算もあったのかもしれない。だから、ドーンが「私はスティーヴが好きだから、あなたの彼女にはなれない」って言ったとき、傷ついただろうなあ。

ドーンが好きになっちゃったスティーヴは、お兄ちゃんの友達の高校生で、バンドやってんだけど、典型的なヒモタイプ。かっこよくて、ギターも上手くて、女にモテて、でも努力はしないし、人からの批判されるとすぐ怒るし、でも自分は必ずロックスターになると信じているタイプ。あんまり他人のこと気にしないから逆に、ドーンとも普通にしゃべったりするので、ドーンは受け入れてもらえたような気になってしまう。

とまあ色々あるんだけど、やっぱりドーンは誰からも愛されてないんだよね。ブランダンは家出してニューヨークに行っちゃうし、スティーブはもちろんドーンなんか対象じゃないし。ミシィが誘拐されたりして、私はマジに殺されてたらいいのに、と思っちゃったけど無事に帰ってきて、誘拐されたせいでますます親の愛情を独り占めするようになるし。ドーンの状況は全く変わらないまま、映画は終わってしまう・・・・・。

こんな身も蓋もない映画作るの誰だよ?!と思ったら『ハピネス』のトッド・ソロンズ監督なのね。わかる~!『ハピネス』も救いないもんなあ。『ハピネス』って続編出るらしいじゃん。いやーたまたま『リアリティ・バイツ』とバック・トゥ・バックで見たけど、こっちの方がよっぽどイタイ。自分でどうにもできないし、年齢的に。

PS
いつものことですが・・・・・『ウェルカム・ドールハウス』って邦題は、反則だと思いませんか?これだと「ドールハウスさん、よくいらっしゃいました!」って意味に変わっちゃうでしょ?「トゥ・ザ」っていうのがカタカナにすると収まり悪い、とか思うんだったら日本語の題名付けなよ。『人形の館へようこそ』でも『ドールハウスへようこそ』でもでいいじゃない。別に捻らなくても。こういうセンスがわからないんだよな~。

key Word
映画 ウェルカム・ドールハウス トッド・ソロンズ ヘザー・マタラッツォ エリック・メビウス ブレンダン・セクストン・Jr
考えさせられた映画 | コメント(20) | 【2008/09/02 08:53】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『コレラの時代の愛』-あなたの幸福観にチャレンジするストーリー
NEXT: 『リアリティ・バイツ』-前評判ほどでは・・・

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
うわぁ。
ツライなぁ……これ。
見るのは無理そうです(^_^;)
いじめられっ子だったから、今でも思い出させるような出来事があるといたたまれない気分です。
いじめられる子はいじめられる前に逃げられるよう鋭くなるか、なるべく平気でいられるように鈍くなるかだと思うんですね。
で、私は後者だったと思うんだけど、自分で意識下に押し込めちゃってるけど、やっぱり傷ついちゃってるんですよ。
で、今も同じ。
ストレス度チェックとかやってみると、「すぐ病院へ」とか結果が出るんだけど、自分じゃ何故なのか分からないんですよね~(笑)
いじめる子にはその子なりの正当な理由があったのかもしれないけど、その理由が何なのか言ってくれたことはなかったですね。
それが、何だか理不尽だと、今も思う。
自分じゃ分からんもんね。
あ、映画と全然関係なくなっちゃった。すんませんm(__)m
【2008/09/02 17:29】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
特に言及しなかったのですが、ドーン自身も結構他人傷つけるんですよ。人に「バカ」とか「ブス」とか言われて傷つくのだけど、ドーンも自分以下の子にはそうやって言うの。それがまたリアルだな~と思ったんですけどね。
【2008/09/02 20:46】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
そうそう、まーちゃんだったら、なんて言って欲しかった?親でも先生でも?
【2008/09/03 02:06】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
何て言って欲しかったか、ですか……
う~ん、私は親に異様に気を使う子どものようで(使うべきところで使ってない気もしますが…)自分が遭った嫌なことについては、話してないのですね。
知られたくないんだろうか…言わないけど気づいて欲しいのかもしれない。
とはいっても、もちろん言わなきゃ分からないので、親は私が遭って来た様々なことは知らないと思います。
知られた自分が惨めだから何も言われない方がいいのかも。
先生にはね~、「お前が悪い」と言われたんですよ。反応するからいけないんだって。
反応も出来ないくらいの状態になったら相当ヤバイと思いますけど(^_^;)
「お前が悪い」って言うのだけはやめて欲しいと思う。
私にということだけじゃなくて、いじめられてる子みんなに対して。
【2008/09/03 17:16】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
私が思うに、いじめはいじめる子のコンプレックスの裏返しだと思うんですよね。劇中でも、ロリータっていう女の子がドーンのこといじめるんだけど、それはブランダンがドーンのことスキだって感づいて、嫉妬してるの。

って理由説明されてもなんの助けにもなんないんだろうなあ~
【2008/09/04 03:25】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
私の場合、最初友達がターゲットになってて、それが飛び火したって感じだったんですね。
ま、私にもそれなりに腹が立つようなことがいじめる側にはあったんでしょうけど。
自分がターゲットになったことよりも、それによって他の友達がサーッと引いた(私ともう一人の子と関わらないようにした)っていう方がショックだったかな。
如何に人間ていうものが利己的に出来ているのか、凄く早い段階で思い知る羽目になったので……
そんなガキまともに育たないですよね~;;
でもまぁ、自分が2番目じゃなかったら、きっと同じことしただろうけど。
たぶん。
【2008/09/04 17:40】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
私もいじめられたことあるんですよ~。うちはおねえちゃんと種違いで、全然似てないからバレて、しかも親たちがウワサしてたみたいで、「赤線の子」って呼ばれててさ。そんときは、自分からみんなをしかとしてましたね。何を言われても反応しない、誰にも助けてもらえると期待しない。そういう風にしていたら、向こうから話しかける子が出てきたの。で、その子も「お前もいじめるぞ!」とか言われたんだけど、なんかその子はもうそういうのどーでも良かったらしくて。で、一人、また一人と私と話する子が出てきて、結局なし崩し的に終わっちゃった。
【2008/09/05 21:23】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
イタイね、この映画。で、その姫のレビューがまた分析に富んでいて味があるイタサだ・・・
私はこのおにいちゃんタイプだな。いじめられても自分はその土俵に乗らないよ、っていうか。

えー・・・と。ちょっと参戦してよいかな?
私は今、親の立場の側にいるんだけど(^^;
親にはやはり知られたくないものだって分るんだけど(自分もそうだったから)、
知ってても知らなくても親になにかやって欲しかったこと、言って欲しかったことってある?
もしくはやって欲しくないこと、言って欲しくないこと。
【2008/09/06 00:37】 URL | 百 #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
百さん、

これはアドバイスしづらい!私は子供のとき「なんで大人は昔子供だったのに、子供の気持ちがわからないんだろう」と思ったんだけど、大人になると物の見方が変わっちゃうんだよね!だから今、「親にこうこうして欲しかった」って言っても、大人になった自分の視点が入っちゃってると思うんだ。

私がコメント欄に書いた件に関しては、特に親にどうこうしてもらおうなんて頭に浮かんでこなかったと思うなあ。でも、他の件では、私をいじめている子のお母さんにうちの母親が「うちの子にこれ以上いろんなこと言うんじゃないってお前の子供に言っておけ」ってうちの母親が言いにいったのがすげえなと思った。あと、「ちゅちゅさんは僕の手に負えません」って言った担任の先生に、「何言ってんの!いいものはいい、悪いものは悪いってちゃんと言えば、うちの子はわかるのよ!あんたがハッキリしないからいけないのよ」って思いっきり言い返してきた!と父母面談から帰ってきてえばってたときは「うちの母親はタダモンじゃない」と思いました。
【2008/09/06 01:45】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
考えてたら分からなくなって遅くなってしまいましたが、私のショボイ意見もひとつ。
チュチュ姫さんの母様は素晴らしいですね。
スゴイです!
私の場合、いじめられる以前のメチャ子ども時代に隠し通さないと行けないようなことが、身に降りかかってたからなぁ……10年くらい;;
そんな、私のような(笑)超演技派な子どもは見抜くの難しいと思うんですけど、やっぱり気づいてもらえるかどうか、ですね。
で、気づいた時には「お前が(も)悪い」っていうのだけは止めといてもらえたら、いいかな。と思います。
【2008/09/16 18:16】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
要するに、子供から親に「助けて」とは言わないんだよね。それは、いじめられている自分が情けないから、それをわざわざさらけ出したくないし、要するにいじめられている自分を責めているのかしら?だから大人が「困ったことがあったら言わなきゃわかんないよ」って言っても、言わないんだろうね。

そういうの気を配ってあげるのって、大変だよね。楽ではないよね。特に今みたいに親も働いてたりするしさ。

そう考えると、私は結構親に言ってたんだな。やっぱB型は恥知らずなのか。
【2008/09/17 21:48】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
情けないというか、叱られると思ってたんだろうな。
イジメの以前にあったことも、イジメも「お前が悪い」って、絶対叱られると思ってた。
なので、言わなかったのは保身なのかな、私の場合。

だから、チュチュさんは勇気があるんですよ。お母様と同じくらいスゴイです。うん。
【2008/09/19 18:35】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、

叱られると思った、というのは、良く聞きますよね。それに、自分もそういう風に思うと思う。子供じゃなくても。ほら、会社とかでも理不尽なこと言う人がいて、「自分が悪いのかなー」と思うと周りの人が結構「いや、あんたは悪くない」と言ってくれたりとかさ。

それは、人に嫌われたり、いじめられたり、ひどいことされる人は、「大事にされない人」イコール愛されない人、価値のない人、みたいに思うように教えられてるんだろうか、あたしたちって。
【2008/09/19 20:57】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
>叱られると思った

そうなんだ・・・・「いじめられるような子としているからだよ」って言われることかな。
ふーむ。お二人さん、ありがとう!

夏にうちの娘が部活でちょっとあって、証拠を掴んだので私が学校へ行って顧問に話したの
顧問はすぐに対処してくれ、加害者側(5人)の親からも謝りの電話がきて。(全員ではなかった)
その中で一人、「うちの子、今まで大丈夫かと思っていたら、今回のことを通していろんなことを話してくれた。ありがとう。」って言うのがあった。
親って気がつかないケースが多いのよね、だって問題ないほうが楽だし、問題ないって信じたいし。
でも、子供は微妙なサインを絶対出しているものなのよね。そこをどう拾ってあげるか、そこが命綱なんだろうなあ。
【2008/09/20 00:02】 URL | 百 #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
百さん、

百さんのケースって恵まれてるよね、っていうか、いじめが起こってしまったことはお気の毒だったけど、ちゃんと対応してくれる先生、いじめた側の親も冷静に受け取って逆ギレとかしなかったし、却って子供のことが知れて良かった、って言ってきた人までいて。

こういういい人たちに恵まれていればいいけど、誰もがそんなラッキーではないもんね。そう考えると、親って大変だよね。サインを拾ってあげるったって、自分のことでも手一杯で、難しいよね。

まーこうやってブログで井戸端会議(!!)して少しは気が晴れるんだったらいつでもしましょうね!映画に関係ないコメ、歓迎です!だって私はぶっちゃけ人生や愛を語るネタに映画観てるだけなんだから(爆)
【2008/09/20 20:02】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
百さん。

私なんかの書いたことが、ちょっとでもお役に立ったのなら嬉しいです。

姫様。
そっかぁ映画を観るのは「人生や愛を語るため」なんですね。すごひ!!
私ゃ、現実逃避するために、映画観てる後ろ向きな子です(^_^;)
【2008/09/22 18:00】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、

「すごひ!」かしら?!

いやー、でもマジ、映画で学んだことたくさんありますよ~。現実で見てると「キライだな~」って思うような人とか生き方とかが、映画で全く自分と違う視点で描かれていると「おっ」とか思って、現実でのものの見方がわかったりとかさ。
【2008/09/22 20:55】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
>私はぶっちゃけ人生や愛を語るネタに映画観てるだけなんだから

うん、知ってる(笑)
ブログ井戸端会議っていいネーミングね、センスあるわ。
今回気づいたのは、親も子供だったけど、子供のときのつらさとか考え・感じ方はすっかり塗り換わっちゃってんだな、こう考えればよかったジャン、こうすればよかったのに~、って今の立場で受けたい都合の良い脱却方法から考えちゃうんだね。
姫が言ってた「親になった自分の視点」ってやつ。これに気づいただけでも儲け物よ、姫、ありがと!

まーちゃん、ありがとう♪
子供の視点ってものをすごく考えさせられたわ。
やはりどんな内容であれ、親は無条件で子供を受け入れてあげるのを基本におかなきゃ駄目だ、きちんと、しかしこっそりと見てあげるのが必要だって思った。
これからもよろしくね!
【2008/09/23 22:14】 URL | 百 #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
はじめまして。確かに身も蓋も無い映画かもしれませんね。でも、どんなに周囲から愛されてなくても、しくしく泣かないドーンが凄いと思いました。私も感想を書いてみたので、よろしかったらご覧になってみてください。
【2012/04/10 01:29】 URL | 日向子 #TFdBPIcY[ 編集] | page top↑
初めて書き込みします。
私も壮絶ないじめを体験したことがあります。
いじめの原因は、病気による症状が周りの人には不快を与えるものだったので。。。
(所謂チックというやつです)

百さんの「親になにかやって欲しかったこと、言って欲しかったこと」として、私は親に「学校なんて休めばいい(行かなくていい)」と言ってもらいたかったです。

まぁその時は言われなくても余裕で登校拒否になっていたのですが、
母親が毎朝6時半くらいになると部屋に来て「学校どうするの?勉強遅れるでしょ。将来の事考えてるの?」て耳元で言い詰めでした。

ちなみに父親には完全にスルーされていましたが、私がテレビを見て笑ったり、お菓子を食べている姿を見ると当然の如くぶん殴られたことが多々ありました。

そりゃ、わたしだって将来不安でしたよ。
世間様に顔向けできない生活なんて嫌でしたよ。でもそれよりも何百倍と学校へ行くことの方が嫌でした、当時は。。。

私が思うに包容力を親には持ってもらいたいと思います。
甘ったれんなと思うかもしれないですが、その気持ちでかなり子供は楽になれるはずです。

なんか映画の話からはだいぶ逸れましたね。。

私もこのウェルカム・ドールハウスは好きな映画です。この映画全体に流れるグダグダ感とドーンの心の内を見事なまでにマッチングさせたBGMがなんとも魅力的な作品ですな。
【2013/03/16 03:36】 URL | mimi #nRUwMK42[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。