スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『Watching the Detectives』-キリアンだけでいいの
Watching the Detectives

キリアン・マーフィーがローカルなビデオ屋を個人経営する映画ヲタクのニール、ルーシー・リューがその店に現れた変わり者の女の子ヴァイオレットという設定で、プロット、ギャグ、キャラ設定、全てが破綻しているとんでもないラブコメです。

watching the detectives
Produced: 2007
Director: Paul Soter
Writing Credits: Paul Soter
Cast:
Neil: Cillian Murphy
Violet: Kucy Liu
いいのはキリアンだけ!!アメリカ人の普通の男を演じてるのですが、ロックスターの真似事をしてギター弾いているところとか、ルーシー・リューとのベッド・シーンとか、萌えっ!キリアンって、こういう普通の役って余りないじゃない?Tシャツ、ジーパンにローカットのコンバース、ストレートだけど、先っぽだけクリンとカールしたいかにも白人ぽい髪の毛、それにあの真っ青な目・・・!!いやん!!

それに引き換えルーシー・リュー。死んで欲しい。『ラッキーナンバー7』のときから思っていたのだけど、なんでこの人ボケキャラとか演りたがるの?すっごいセンス悪いヘンな服装してさ、早口で意味不明なことまくし立てて、ズレた行動で失笑を買う、みたいな。これを「可愛い」って言ってる人もいるんだけど、うっとおしいんだよ!蚊とかハエのレベルですね。「パン!」と新聞紙ではたき殺したくなる・・・。

この人の映画って意識して追ってないけど、もう少し役選べないのかね。それともあれですか、やっぱアジア人だから余りチョイスがないのだろうか。でもこの人役者としてもそれほど秀でたものがあるわけでもないし、顔も可愛いけどガチャ目だし、スタイルいいけど手足短いし、中途半端なんだよね。コメディへたくそだしさ。チャリエンとかキルビルとかでは熱演だったし、同じアジア人だからがんばって欲しいんだけど、この人にアジア人としての思いを託す気はないかな~。

他のサイド・キックの人たち、ニールのビデオ屋に集まってくるヲタの人たちとか、近所に出来たチェーンのビデオ屋の店員とか、全く知らない役者さんたちばっかなんですけど、もー最悪。全く立ってるキャラがいない。映画ヲタクであることを表現するエピソードとかも陳腐でちっとも面白くないし。

ストーリーの主旨としては、映画ばっかり観てて、現実を生きてないニールに、問題行動の多いヴァイオレットが刺激を与える、で、その問題行動というのが、ニールが映画の中で体験していることを現実にしちゃう、というものなんですけど、リアリティを持たせるのは無理あるし、かといってものすごいステキなイマジネーションがあるわけでもないし、ハッキリ言ってすっごいへたくそなストーリーです。

キリアンってすっごい演技派だし、作品選んでると思うのだが、こういうのは「やったことないジャンル」ってことであえてやるのかね?彼自身はマジ、悪くないですよ。このシチュエーションで、出来る限りの名演技をしています。映画自体が、キリアンがどんなにがんばっても良くならない、というだけで。どちらにしろ、色々やるチャレンジ精神は買う。この人のすごいところは、映画ごとに違う人になれちゃうところなんだよね。例えばフィリップ・シーモア・ホフマンってすっごい名優で大好きだけど、ある一定の「顔」見たいのがある。ぶっちゃけて言うと、どの役やっても一緒、いつもフィリップ・シーモア・ホフマンなんだよね。

でもキリアンは違う。毎回違う顔を見せる。「これがあの映画のあの人?!」とか思うのだけど、でも良く観ていると、やっぱりキリアン・マーフィーでしかない、という、すごい存在感あるんだよね。そういうところが好きなの。この人の映画は全部観てみたいと思う。こんな最高駄作でも、キリアンの違う顔が観れたので全然惜しくないんだよ。

Related Article
■キリアン・マーフィーの映画偉人伝
■フィリップ・シーモア・ホフマンの映画偉人伝

key Word
映画 キリアン・マーフィー ルーシー・リュー
映画を見て、思ったこと | コメント(4) | 【2008/08/31 03:39】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ザ・フェミニズム』-フェミニストは愛の戦士だ!
NEXT: 『Day Night Day Night』-ガチ・インディペンデントです

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
姫様の苦労がうかがえるレビューでした。

それにしても

>それに引き換えルーシー・リュー。死んで欲しい

ここ 吹きました!
も~せっかくきれいにしたPCのスクリーンが汚れちゃったじゃないですか~。
…またお願いします!
【2008/09/02 20:02】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
>…またお願いします!

ご期待に沿えるようにがんばります!
【2008/09/02 20:41】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
こんにちわ。初めてお邪魔致します。以前ポール・ダノ君の記事で拝見していたのですが、久し振りに伺ったら私の(笑)キリアン話題が!・・作品をぶった切ってあって☆可笑しかった~!です。^^こんな駄作(多分?)では日本公開は望めませんね。キリアンのコメディちょっと期待してましたが。
キリアンの作品はだいぶ観てます。どれもホント全部違いますよね。“ちがう人間”になってますよね。
【2008/09/14 11:32】 URL | フラン #gnPF5NIU[ 編集] | page top↑
フランさん、

いらしゃいまし~。初コメサンクスです。

これねー、映画としては日本で出なくてもいいと思うんですけど、キリアン・ファンとしては見て置きたいですよね。ジェイク・ジレンホールの『バブル・ボーイ』くらい貴重な映像だと思います。
【2008/09/14 19:03】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。