スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『Day Night Day Night』-ガチ・インディペンデントです
Day Night Day Night

スーサイド・ボマーになろうとした19歳の女の子の48時間、つー前振りが「面白そう!」と思って借りました。

day night day night
Produced: 2006
Director: Julia Loktev
Writer: Julia Loktev
Cast:
She: Luisa Williams
Driver: Tschi Hun Kim
Bombmaker's Assistant: Annemarie Lawless
顔が中東系なんだけど英語には全然訛りがなく、しかし服装とかがちょっと普通の19歳には見えない不思議ちゃんの女の子が夜行バスである街にやってくる。アジア系の男の人が車で迎えに来て、この不思議ちゃんをどっかのモーテルにカンズメにする。不思議ちゃんはお風呂に入ったりして時間を潰していると、今度は覆面をした男が2,3人やってくる。ちゃんと打ち合わせは出来ているみたいで、携帯が鳴ったら、いったん切ってから出るとか、誰か尋ねてくるときは、不思議ちゃんはお風呂場で待っていなければならない。

で、覆面の男たちは不思議ちゃんに偽造の身分証明書をやり、その内容、名前、住所、誕生日などを何度も言わせて記憶させたり、ミリタリー・ルックにマシンガン持たせて犯行声明の(と思われる)ビデオ撮ったり、タイムズ・スクエアをぶっ放すときに不思議ちゃんが着ていく服を調達してきたり、針で不思議ちゃんの手を突いて、「これくらいしか感じないから。余りにことが起こるのが早過ぎて」とスーサイド・ボミングって痛くないのよ、と教えたりする。

その後、文字通り地下に住む地下組織に連れて行かれ、爆弾の入ったバックパックを貰う。ウォークマンのヘッドフォンについてる再生スイッチが爆弾と直結していて、それを押すと爆発する。何度もスイッチを押す練習をする。

で、色々準備が出来ると不思議ちゃんは、一人でまたバスに乗ってタイムズ・スクエアまで行く。で、ニューヨークを歩きながら、やたらと色んなものを買って食うのだが、死ぬ前に食うものにしてはセンスがない。まず、マスタード付きの巨大プレッツェル。しかも2個。その後、きれいなキャンディがたくさん並ぶキャンディ屋さんに行って買うのが、よりによってりんごのカラメル焼き。チョコレートとか、ケーキとか、最低でもマックとか、なんかもう少しマシなもん食え!とか言いたくなる。

いよいよタイムズ・スクエアの交差点でウォークマンの再生スイッチを押そうとする不思議ちゃん。この時の彼女の心境を、絵的/音的に映画として見せようとしている。まあまあドキドキする。が、不思議ちゃんは押せなくて、パニくって走り出してしまう。

おしっこもらしちゃった不思議ちゃんは、ファスト・フード店のトイレで拭いて、もう一度タイムズ・スクエアに戻る。ものすごい数の人が信号を待つ中、不思議ちゃんは再生スイッチを押す・・・・・

とまあ、延々コレだけの映画なんですけど、それなりに面白かったです。監督さんは、ロシアのなんとかっていう広場で、爆弾を抱えた女の人がうろうろしていて捕まった、という新聞記事を読み、それがたまたま、自分がそのなんちゃら広場に観光に行った1週間後だったことでスーサイド・ボマーになることにした人たちに興味を持ち、色々とリサーチした結果を集大成したのがこの映画ってことらしいです。

コレだけの映画、って言いましたけど、一応オチもあるんですよ。あるんですけど、それほどざっくりは捻ってないので「あ~あ」って感じなのですが。

key Word
映画 スーサイド・ボマー テロリスト
ヒューマン・人間ドラマ | コメント(3) | 【2008/08/25 05:30】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『Watching the Detectives』-キリアンだけでいいの
NEXT: 『ダークナイト』-ちゃんとしてます

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
ご紹介を読んでて思ったのですが これ たぶん小説にした方がいい題材じゃないのかしら~。
映画ではやはり限界があるんじゃないかな と 感じます。どうでしょうか…?
【2008/08/25 19:18】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
プリシラさん、

さあ~わかりませんね。映画もやり方次第ではかなり面白いと思うんですけど、この監督は、こういう描き方にした、ガチ・インデペンデントにわざとした、って感じします。
【2008/08/25 20:52】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
こんにちわ。
いつもコメント頂いて、ありがとうございます。
時々チュチュ姫さんのブログを拝見させていただいておりますが、
なんせ、映画に関しては全然疎くて、ただ、
「へ~~」
とか、
「ほ~」
とか感心するだけで、コメントしようにも、あまりに知識がなくて、目がテン状態です。
でも、楽しく読ませて頂いてます。
僕のブログから、リンクさせていただきます。
これからも、よろしくね~!
【2008/08/28 10:32】 URL | 土佐のオヤジ #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。