スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『Harold & Kumar Escape from Guantanamo Bay』-人種差別ネタ盛りだくさんで
Harold & Kumar Escape from Guantanamo Bay

これ観たんだけどさー、今一面白くなかったな。人種差別ネタは面白かったんだけど、一作目の『Harold & Kumar go to White Castle』よりも真面目な感じになっちゃったね。

harold & kumar
Produced: 2008
Director: Jon Hurwitz, Hayden Schlossberg
Writing Credits: Jon Hurwitz, Hayden Schlossberg
Cast:
Harold Lee: John Cho
Kumar Patel: Kal Penn
George W. Bush: James Adomian
ハロルドが韓国系、クマールがインド系なんですが、KKK、レッド・ネック、ホワイト・トラッシュ、白人ヤッピーなどなど、いろーんな人たちに対する人種差別を笑いものにしているのですが、やっぱり一番面白いのは黒人ネタだなーと思った。やっぱり誰でも知っているステレオ・タイプが多いせいだろうか。

ハロルドとクマールが、車でフロリダからテキサスへ行こうとしているシーンで、黒人がたくさん住む地域を通り過ぎる。黒人の男の人たちがたくさん、家の前でフットボールをして遊んでおり、大きなブーン・ボックスから流れてくるラップ・ミュージック。運転していたハロルドはビビり、

「引き返そう」

と言うが、しょっちゅう葉っぱばっかやっててぼけーっとしているクマールは

「だーいじょうぶだよ、黒人だからって悪いやつらとは限らないじゃん」

と言うが、ハロルドは、

「黒人だから怖がってるわけじゃない。怖そうなやつらだから怖いんだ!」

「怖くないだろ~」とクマールが言ったところで、屈強そうな黒人の男たちを蹴散らして現れる黒人の大男がさらにすんごい強面で、「うぉぉぉぉぉぉ!」と叫びながら現れると

「引き返せ!」とクマールが叫び、車をバックさせたら道端の消火栓をブチ倒してしまい、水が路地に溢れまくる!

「ああ!おれのブーン・ボックスが!」

「オレのナイキをどおしてくれるんだ!」

と口々に叫びながら、黒人の男の人たちがレンチとか手に手に持って車に迫ってくる。

「逃げろ~~~!!!」

と車を置いて走って逃げてしまうハロルドとクマール

黒人たちは、

「??なんだ、困っているようだから、助けてあげようと思ったのに」

と言って、後から一人、タイヤを持って現れる黒人がいたりして超笑うのですが、そこでさっきの強面の黒人が、

「とにかく、消火栓が壊れたから、通報しゃなくちゃな」

といたって真面目!!

これは、アメリカ人だったら十中八九、ハロルドとクマールと同じ行動に出ると思うんだけど、普段は条件反射でやってしまうので、「ああ、自分は人種差別しているんだ」って思ってないから、こうしてみせつけられると「ああ~そうだよなあ」と思う。で、反省しつつも笑えてしまうところがいい。

つーわけで、こういう掴みは前作に引き続き上手いのですが、今回はラブ・ロマンスありので、なんとなくちょっとハリウッド入っちゃったというか。

クマールが葉っぱ始めたのが、大学のとき出会った彼女のせいで、とか、それを目撃するハロルドがパンク頭で「Y2K」のTシャツ着てたりとか、そういうエピソードは面白いし、白人以外の男の子たちが恋愛で勝利を収める、という展開はがんばれ~って思うのですが(クマールがあんな顔してキスが上手そうってのが「おっ」と思ったし)、そこ等辺のプロットが今一面白くなかったと言うか。

ハロルドとクマールがブッシュと葉っぱ吸って、ブッシュがハイになった勢いでパパ・ブッシュに電話して

「もうお前の言うことなんかきかない!」

とか言うのとかも結構笑えたけど、ブッシュ・ネタもっと期待してた割には面白くなかった。この際ブッシュが葉っぱ解禁にしちゃって、パパ・ブッシュに逆らってめちゃくちゃやりだしたら国が良くなった、とかそこまでやったらアッパレだったのだがな。

でもハロルドとクマールは貴重なアジア系の主人公たちなので、これからもがんばって欲しいすけどね。

key Word
映画 ハロルドとクマール 人種差別
映画★★★★★レビュー | コメント(0) | 【2008/08/11 02:43】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ブラック・ダリア』-意味不明
NEXT: 『Real Women Have Curves』-すごいリアルないい映画です

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。