スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『マトリックス』-哲学的で、宗教的で、漫画でTVゲームでSF!
The Matrix

いやー、この映画、むちゃむちゃ面白いね!なんたって構成がパーフェクトですよ。いきなりトリニティのアクション、続いてネオに謎のメッセージ、次にネオの会社、エージェントの尋問、暗ーいゴシックなビルでモーフィアスとの初会見、レッド・ピルとブルー・ピル、そしてつるつる・ぶよぶよのキアヌが、カプセルの中から起き上がってくるところ!!!わー!!!!この30分間、瞬きもしないで観てしまいましたわ。

Matrix
dvd on amazon.com
Produced: 1999
Directed by: Andy Wachowski, Larry Wachowski
Writing Credits: Andy Wachowski, Larry Wachowski
Cast:
Neo: Keanu Reeves
Morpheus: Laurence Fishborn
Trinity: Carrie-Anne Moss
Agent Smith: Hugo Weaving
Oracle: Gloria Foster
Cypher: Joe Pantoliano
Tank: Marcus Chong
で、この間説明らしい説明はほとんどないのに、すごく興味を持たされてしまうのは多分、小出しに、わかんないくらい微妙に、種明かししてるんだろうね。ネオにクラブに行こう、と誘う男のセリフ、

「You're the savior. My own personal Jesus Christ」

とか、

「You need to unplug」

とか、始まって5分くらいですでに種明かししてるんだけど、まあこれはすでに物語を知っててみてなければスルーしちゃうような暗喩なんですが、ネオがカプセルから出されて、リカバーして、トレーニングを開始するところでタンクから、ザイアンという人間の都市の存在とか、仲間同士の会話の中でオラクルの存在とか、ちょっとづつだけど絶妙なタイミングで色々な情報が与えられ、飽きさせない。

で、この世界観がまた、非常に納得行くものなんだな~。製作者たちは、明らかにTVゲームや、SFや、アニメのヲタクなので、きっとこれはその道の人たちにしてみたらさして新鮮なコンセプトじゃないのかもな。私にとってはこの世紀末的イメージといい、それを支えるストーリー、機械が人間を支配し、人間は電池にされていると言う話、そして私たちが信じ込んでいる「リアル」ってのは実は、全てマトリックス、頭の中で起こっている、という設定は「おお~」って素直に感動しちゃうよ。

そしてそのディテールも良く練られているんだよな。電池にするために飼育されている人間たちは、死んだら液状にして、生きている人間に飼料として与えられる、っての。これは衝撃だった。だって、これって人間が牛にしていることじゃない。狂牛病ってのは、死んだ牛の血を子牛に飲ませて育てたからだって言われてるよね。これって、知っててそういう設定にしたんだろうか?

それから、マトリックスで起こることは結局、頭の中で起こることだから、脳に直接情報を入れちゃえば、カンフー・マスターにもなることが出来ると。でも、そんだけだったら「なんだー、そんだったらなんでもできちゃうじゃん、都合いい」なんて思うのだけど、精神性がついて行かないことは出来ない、つまり、自分が「出来るんだ」と認識できないことは再現しない、というコンセプトがブリリアントだった。で、頭の中で起こっていることだけど、脳が信じちゃえば身体が反応して、血も出れば歯もかける。死ぬことだってあり得るのだ、という設定。これがなかったら、「どうせ死なないんじゃん」って、アクションシーンが全く緊迫感失っちゃうもんなあ。

あと、キャラが立ってますよねー。なんかウィキで読んだら、ネオの役にはウィル・スミスとかニコラス・ケイジとかが挙がってたんだって?いやー、キアヌ当たりだと思います。すごくいい男なのになんとなくヌボーっとした、シャープじゃないところとか、完全にカッコ良くないところが、「世界を救うコンピューター・ヲタク」というイメージにぴったり!ウィル・スミスはしたたか過ぎてイノセンスが足りないし、ニコケイは醜男過ぎ。

ローレンス・フィッシュボーンは私は悪い思い出があって、『ティナ』で演ったアイク・ターナーが、あの鋭い眼光で、いつも女房の才能に嫉妬して、腹が立つと女房を犯す、というロクでもない暴力夫で、それ以来この人怖くて怖くて仕方なかったんだけど、このモーフィアス役は、やっぱ眼光鋭くて怖いんだけど、悟りを開いた落ち着いた感じで、ちょっとローレンス・フィッシュボーンに対するイメージが和らいで来ました。でもこの設定って、ちょっと『ハートブルー』のボディ入ってるよね。あっちは結構都合のいい悟り開いてたけど、モーフィアスはマジに高尚だってとこが大きく違いますが。

タンクとオラクルも、俳優さんの雰囲気と、キャラがすごい合ってるんだよね。二人とも笑顔がすごいいい、なんかこんな世紀末の暗黒の時代に生きているのに、非常に無垢な笑顔。タンクはテキパキと働き者なところが好感持てるし、オラクルはすっごく悟ったおばさんなのだろうけど、タバコとか吸っちゃってちょっと下世話なところが、預言者のステレオタイプ的なイメージじゃなくていい。

サイファーも、要するにユダなんですが、私的には共感するキャラだったね。ステーキ食いながら、嘘でもステーキ食える方がいい、っていうのは、人間の業としてみんな持っているわけじゃない。そういう業を表現するキャラとして、非常に上手かったと思います。

で、やっぱ真打はトリニティなんだよね~。いい!クマ太郎さんをして「潤いのない鳥のささ身のような女」と形容されたキャリー・アン・モスなのですが、あの無機質な顔、髪型、衣装、どれを取ってもそのままTVゲームから抜け出してきたかのようなんだけど、結構人間臭い。冒頭、エージェントとおっかけっこするとき、最後、意を決して窓にダイブするじゃん。で、ごろごろ転がった後「チャっ」と二挺拳銃を構え、

「Trinity, get up... get up...」

ってちょっとビビってるとことか!あと、モーフィアスを助けに行くクライマックスのシーンで、ヘリコプターに歩いていく後姿を見ると、あんだけ痩せてて潤いがないとまで言われているのに、結構ケツぶりぶりで、しかもがに股ってのがなんか逆にカッコいいな、という。あれがシャーリーズ・セロンとか、アンジェリーナ・ジョリーみたいなすっげえスタイルいい人だと、却って面白くないかもしらん。

しかしあれですね、『ハートブルー』『スピード』そして『マトリックス』と続けて観ると、キアヌの相手役っていつも女らしくない女だね。キアヌが出たどーしょうもないラブコメとか観たらもちろん違うんだろうけど、この3部作は揃ってセクシーじゃない女だった。でも、昨日たまたま一緒に飲んだ同僚の男が、トリニティやタイラーのことを「セクシーだ」って言ったので、へー、男ってこういう女をセクシーと思うのか、とちょっとビックリしたんだけどね。

それから、アクション・シーンも、新鮮よね。モーフィアス対ネオのカンフー・バトル、あれはカンフーやってるヤツとか色々文句言うけど、私は面白かったな~。それはやっぱり、カンフーの技術がどうこうじゃなくて、あれがデジタルの世界で、頭の中でやっていること、というコンセプトを楽しむんだよ。それから、あのガン・ファイトのシーン。スローモーションとなくならない弾、銃をどんどん捨てて次のに持ち変えるカッコ良さ、そしてあのTVゲームの音楽!!!あの音楽が雰囲気にどんぴしゃハマっていてうまいよね。このシーンは、アクション映画史上に残って欲しいです。

で、最後にかかるレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの『Wake Up』・・・・かっこええ~!この曲もともと好きだったってのもあるけど、この映画の雰囲気にぴったり合ってるよね。で、なんかこの曲がかかるまでは、映画映画として楽しんだ、ってだけなんだけど、「うぇ~いかーっぷ!うぇ~いかーっぷ!!」って叫ばれちゃうと、「はっ」っとする!この世界もマトリックスかもしれないってことはあり得るんじゃないか?!なんてね。

非常に哲学的であり、宗教的であり、漫画でTVゲームでSFで・・・・これだけ色々な要素を詰め込んでビシーっと纏めたというのはすごい!

Related Articles
キアヌ・リーヴスの出演作品一覧
ローレンス・フィッシュバーン映画偉人伝

key Word
映画 マトリックス キアヌ・リーヴス ローレンス・フィッシュバーン キャリー=アン・モス ヒューゴ・ウィーヴィング グロリア・フォスター ジョー・パントリアーノ マーカス・チョン
考えさせられた映画 | コメント(6) | 【2008/06/28 21:51】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『恋愛適齢期』-なんたって、大人のラブコメですから
NEXT: 『26世紀青年』-バカって男の専売特許なの?

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
チュチュさんはいま、キアヌ祭りですか?
「ハートブルー」「スピード」ときて「マトリックス」だから。
実は、チュチュさんの「スピード」の感想を読んで「マトリックス」が観たくなって
観たばっかです。(笑)DVD持ってるし。ハマったんだわ~この映画。
カッコ良くって好きです。しかし、全部映画館で観ましたが、3部作の中で
第1作目が一番良かったですよね。
【2008/06/28 22:59】 URL | codomo #yBfrOqTk[ 編集] | page top↑
codomoさん、
そうでーす!『ホットファズ』以来、ハマってます。

キアヌってすごい好きだったんだけど、結構映画は観てないんですよね。俳優歴はパッとしないじゃないですか。だから今、色々見直してます。
【2008/06/28 23:33】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
マトリックスは,キアヌ以外では有り得ない
ですね。ウィルとかニコケイでは救世主の
イメージに無いなぁ~

トリニティーは,グラサンずっと掛けてて
欲しかったかも。
オープニングは最高でした!
電話は携帯じゃ駄目なんでしょうかね?
【2008/07/06 10:01】 URL | hiro #-[ 編集] | page top↑
hiroさん、
キアヌ、ハマり役ですよね!他の俳優さんだったら、コケてたかもしれませんね。
【2008/07/06 23:10】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
こんにちわんわんっ(クマだけど吠えてみました。何このテンションとか思わないでねん)

姫さまお久しぶりです!こっちにコメントしますね!

ハートブルーの記事の
>「あーこの映画、大好きだったんだよな!」と借りてきました。

そーなんですよ川崎さん!(←古すぎ?)これアクション映画では頭一つ抜けてますよね。新聞とかだと大抵星3つだけど(5個中)。新聞記者とかインテリぶっちゃってなんもわかっちゃないです。

すえいじもゴーストなんかよりよっぽどハマリ役。オオ~マイラ~ブなんつって後ろからデミ・ムーアの乳揉んどる場合じゃないっすよ。冷静だけどイカレてるとこがいいですね~。

>キアヌにはアクション・スターになって欲しくなかった

肉の塊みたいな奴ばっかの中で、線が細いのに成功した珍しい人ですよね。米人も好みがちょっと変わってきたのかな?

いっそのことキアヌ一人でアフガン乗り込んじゃえ。キアヌどうしちゃったの?って皆思うかもしれないけど^^


マトリックスの記事で私のブログにリンクしてくださってありがとうございます。記事もまた読んでもらったみたいで書いたもんとしてはうれしい限りです。

トリニティ、パッサパサでしたでしょ^^
マトリックスにはピッタンコの役だったけど。

ちなみに私のマトリックスでは毎日ムッチムチな女性達とあんなことやこんなことしてます。

ではでは股きますねー(^O^)/
【2008/07/07 00:11】 URL | クマ太郎 #-[ 編集] | page top↑
クマちゃ~ん、テンションどころかバカ丸出しのコメ、サンクスです。効果的に私のブログの品位を下げてくれて。(もともとない品位を下げるんですからたいしたたまげた!です)

もーあんたも若くないんだから、女子高生の妄想なんか見てないで、アタシのような熟女をいじってください。寂しいじゃないの。
【2008/07/07 00:53】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。