スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ジャーヘッド』-湾岸戦争の舞台裏
jarhead

はぁ~やっと土曜日だ。お休みの日の朝、コーヒーかなんか飲みながらこうしてブログを書くのが至福のひとときであります。

今日の映画は先週の日曜日に見たので丸一週間経ってしまった。また戦争モノかよ・・・と思ったが、最近のリアルな描写に重きを置く戦争モノとは一味違って、主人公で原作の著者であるスォフフォードの目線で見た湾岸戦争を結構軽いタッチで描いてあった。

ジャーヘッド
DVD発売は7月28日
この商品の詳細を見る
CAST & CREDITS
Produced: 2005
Directed by: Sam Mendes
Writing credits: William Broyles Jr., Anthony Swofford
Cast: Jake Gyllenhaal, Peter Sargaard, jamie Foxx
最初、主人公のスォフフォードが入隊してブート・キャンプの大部屋で荷物を開けているとき、先輩からイニシエーションのイビリを受け、「げげ、『フルメタル・ジャケット』みたいな展開になって行くのかなあ・・・」と心配になったが、案外早くみんなと仲良しになり一安心。次にお約束の厳しいドリル・サージェントが出てくるのだが、これも怖いというよりは笑える設定。

スォフフォードの回想シーンでは、やっぱりアーミーに入ってくるのは、貧しい家の子なんだなと実感させられる。食事中に子供の前で平気でタバコをふかしているお父さんの描写、そんな家庭に育ちながらもスォフフォードは読書の楽しさを憶え、大学に行きたいななんて漠然と思ったりするんだがもちろん家にそんな金はなく。

そして結局、軍隊に入れば大学に行かせてもらえるからと軽い気持ちで入隊するのだけど、軍隊での訓練は、スォフフォードをどんどん「ソルジャー」に変えていく。ここら辺の変化が物凄かったね。最初はドリル・サージェントや先輩とは一線を引いて、読書したりしているんだけど、ライフル射撃を習い、それを好きになっていくに従って段々と軍人らしい考え方になって行くの!面白かったのはみんなでベトナム物の戦争映画を観るところ。アメリカの戦闘機がビュィーンと飛んできて、ベトナム人を無差別に「ばばばばばば!」なんて撃ち殺すシーンを観て、何百人ものマリーンが「イェ~イ!」「うぉー!」なんて言っているシーンはちょっと異様。そして映画の最中、湾岸戦争に行くことが決まったとアナウンスされるや、みんな歓声を上げて喜んでしまう。

こうして書いていて思ったけど、やっぱりこの映画は『フルメタル・ジャケット』のパクリだよ。構成がそっくり。まず最初のブート・キャンプのシーン。そして実際に戦争に行く。それに戦場にTVニュースの取材が来て(多分CNN?)、スォフフォードの隊の兵士達がインタビューされたりとか。そして、主人公のナレーションを織り込んで、戦争の生々しい実態よりも、どちらかというと1人の兵士の精神状態を描写している。

スォフフォード役のジェイクくん
jarhead.jpg
いやー、ちょっと好みです・・・
スォフフォードは結局誰も殺さないで湾岸戦争から戻り、特に説明はされてないけどめでたく大学へも行った模様。アーミーに参加して戦地に送られたことで、彼女と別れるはめになったりとか、いろいろ辛いこともあったし、生きるか死ぬかの瀬戸際なんて経験はあまり現代では出来ることじゃないから「大変だったね」と言ってあげたいですが、私はジェイミー・フォックスが好演していた、スォフフォードのサイクス上官のことを考えてしまったよ。若い兵隊は期間が終れば国へ帰って(死ななければね)大学行くなりするんだけど、サイクスは職業軍人だもんね。スォフフォードが上官に逆らうシーンを観ながら、自分の上司のことを考えてしまった。私も時々上司にムカついて逆らったりするけど、私は「ええーい、いつか辞めてやる」と思っているけど、上司は嫌なことがあるから辞めるってんじゃないもんね。そう思うとまああんまり上司に腹を立てるのも止めようかなと、全然おかど違いなことを考えてしまった。【01/04/06】

関連記事
■映画偉人伝その10~ジェイク・ジレンホール

追記:
この映画のタイトルがなぜ『ジャーヘッド』かというのの説明で、マリーンのヘアスタイルが、お湯のジャー(ポット)のスタイルに似ているところから「ジャーヘッド」と呼ばれていて、ジャーヘッド=マリーンという意味だというのを良く見かけるのですが、

アメリカで「ジャー」と言ったら
jar.jpg
こういうガラス瓶のことじゃないのかね?

このジャーのトップが
jar-top.jpg


このマリーンの上のとこだけ刈残したヘアスタイルに似てるから
jar-head.jpg
ジャーヘッドっていうんじゃないかな。

Weezer"butterfly"という歌にも、
「蝶をママのメイソン・ジャーに閉じ込めた」とか言うくだりがあるけど、
このガラス瓶がまさに「メイソン・ジャー」!
jar-mason.jpg
「メイソン(MASON)」って書いてあるの、見えますか~?!





jarhead 関連アイテム

原作はアマゾンで何ページか覗き見できるのですが、映画は原作より軽いタッチで描いたんじゃないかという印象を受けました。


映画かってに評論ww | コメント(25) | 【2006/07/13 03:37】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: ジェット・リーの『スピリット』-武術とテーマは悪くないが!
NEXT: 『ナルニア国物語』-都合がいいファンタジー

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
TBありがとうございます。

原作を読んでいて「フルメタル…」みたいな
しごきが同じように繰り返されているのは
ベトナムの頃も湾岸戦争、現在でも
海兵隊とは変わってないんだなぁと感じました。

日本だと正月第二弾なのでまだちょっと先ですが
楽しみな映画です。
【2005/12/05 07:29】 URL | suzuki-ri #ihMNMLjo[ 編集] | page top↑
TBありがとうございました。

確かに日本では考えられない軽いシーンが多かったですねぇ。
でも、なんですぐ脱ぐのでしょう?
半年も砂漠に駐留したらそうなるかも...。
【2005/12/05 10:11】 URL | yanks #X.Av9vec[ 編集] | page top↑
TBありがとうございました!


;;;;(;・・)ゞウーン ふと忘れるとこの映画が近年の出来事についての体験執筆であることを忘れてしまいます。(湾岸戦争ぐらいとか)


なんかまるで、自分の生きていた時間をそのままタイムラインにそって見ているような気がして、ちょっとぞっとしますね。

そういう意味でもこういう作品が生まれるのは素晴らしいことだとおもいます。


今後ともご贔屓に~
【2005/12/05 19:13】 URL | りま。 #diJr3Dak[ 編集] | page top↑
suzuki-riさん、
映画では、酷いイビリはあんまりでてきません。かなり楽しそうでした。

yanksさん、
脱ぐって、あの、クリスマスのシーンのこと?やっぱ砂漠は暑いからじゃないんでしょーか・・・。

りまさん、
同感です。時の流れは速いです。きっとこの原作の著者とわたしって、同い年くらいかも・・・。やだやだ。
【2005/12/06 02:48】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
チュチュ姫さん、コメント&TBありがとうございました。
大阪の試写では、司会者が(湯を注ぐ)ジャーポットを持参し、題名の由来を得意げに説明してましたよ。

この作品、
戦争映画には欠かせないトム・サイズモアがどこかに出演しているのでは??と期待してみていたのですが・・・、残念でした。
彼もデトロイト出身なんですね。
やっぱ戦争ものにはお約束のように出てほしかったなぁ。
【2005/12/29 00:42】 URL | furufuru #-[ 編集] | page top↑
furufuruさん、お久しぶりです。

いや、お湯を注ぐポットというのが本当にあるのかもしれないし。アメリカにあるものを私が全部知っているわけではないのでなんとも言えませんが、ワタクシ的には、ジャーと言ったらガラス瓶かなと・・・。
【2005/12/29 00:53】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
こちらでは公開してないので、ぜひ劇場で観賞します。戦争ものは大好きなので。
【2006/01/15 08:36】 URL | 二純 #-[ 編集] | page top↑
二純さん、
感想を是非TBしてください。
【2006/01/16 01:26】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
TB有り難うございます。

日本だとやっと2/11に公開。
最近の特殊効果バリバリの
ハリウッド映画にうんざりだったので
やっと見られるのが楽しみです。

フルメタル…は無駄のない傑作なので
それとの比較も。
【2006/01/19 19:46】 URL | suzuki-ri #-[ 編集] | page top↑
Suzuki-riさん、
お正月第一弾とか言われていたと思うのですが、そんなに遅かったんですか。でももうすぐですね。

今は、なにが話題になっているんでしょう?
【2006/01/19 22:05】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
こんにちわ。はじめまして。
トラバさせてもらいました。
この映画をもって湾岸戦争を語ることはできないですが、ジェイクがサンタの帽子かぶってふんどし一丁なのがサイコーでした!

【2006/01/30 23:09】 URL | Myums #-[ 編集] | page top↑
Myumsさん、
TBサンクスです!
私もジェイクの尻には度肝抜かれました。あのシーンは結構楽しいです。

これからも宜しく。
【2006/01/30 23:43】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
昨日試写で見てきました。
こういう系統の映画はなかなか見ないので、う~ん。なんと言ったらいいのか…
必死でやってきたことの終りが呆気ない。というのは、精神的に結構応えるかも…
ストーリーのことは置いといて、日本語字幕。見難かったです。白い砂漠なのに白字なんだもん!私の英語力では聞き取れないし…
もう少し考えて欲しいな~
【2006/02/07 10:58】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、
そうですよねえ、「デザート・ストーム」では、迷彩服だって砂の色に変えたくらいなんだから、字幕も考えてくれないと!
【2006/02/07 11:26】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございました!
普通の戦争映画と違うということで、どんな感じになっているのか想像がついてませんが・・・
また、リンク&TBさせてもらうかもしれませんが、よろしくお願いします。
【2006/02/13 00:39】 URL | ロイ from 週末に!この映画! #vXeIqmFk[ 編集] | page top↑
ロイさん、いらはい。
こちらこそ、よろしく!
【2006/02/13 00:48】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
チュチュ姫さん
私もやっと「ジャーヘッド」見ました。
「フルメタルジャケット」は未見なのでなんとも比較のしようがないのですが。ジェイクが出てなかったら絶対に見なかった映画です。その意味でジェイクに感謝。

>やっぱりアーミーに入ってくるのは、貧しい家の子なんだなと実感させられる

本当ですね。スオフォードはその後、大学に行けたんですか。それは良かった。この映画の原作も書いたわけですし、めでたしめでたし、の訳ないですね。砂漠での体験は一生、つきまとうんでしょうから。
【2006/02/16 06:48】 URL | びあんこ #w4Ib0zSU[ 編集] | page top↑
びあんこ姐さん、
まー、でもあれですよ、人間、どんな経験でも、貴重な経験だから、ポジティブに考えることもできるんじゃないですかね。ただ、この人の書いた本は、チラッとしか読んでないけど、あまり書き手としては恵まれてないかも。題材が良かっただけで。

まあ、私も外国人なんで、なんともいえませんが。
【2006/02/16 22:10】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
チュチュ姫さん
書き手の力量より素材と切り口が良かったのでしょうか。とにかくジェイクの新たな一面(ハダカ踊りも含めて)が見られて良かったです。
藤原竜也の経歴は下記から。いま23ですか、わりと芸歴長いです。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%A3%B8%B6%CE%B5%CC%E9

下記から画像が見られるでしょうか、似てる写真がないけど。
中段右端の八重歯の笑顔~少し似てません? やはり動いてないとぴんと来ないかなあ。ふとした瞬間に似てるって感じるのですが。
http://bsearch.goo.ne.jp/image.jsp?&MT=%C6%A3%B8%B6%CE%B5%CC%E9&type=RNW
【2006/02/17 08:17】 URL | びあんこ #w4Ib0zSU[ 編集] | page top↑
びあんこ姐さん、

悪いんですが

ぜんっぜん似てません!

といってもジェイクの方がいい男だとかそーいうことではなく・・・・

似ていない!
【2006/02/17 21:56】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
TBさせていただきました~。やっとDVDが発売になったので、速攻買って鑑賞。湾岸戦争当時、あの辺りの国に住んでいたので、そういった意味でも興味深くて、そしてJakeはやっぱりまっちょでも可愛い、と最近Jakeにハマリ気味です。
【2006/03/14 17:09】 URL | ヤブウチ #YFzWZajQ[ 編集] | page top↑
はじめまして!!
TBさせていただきました!戦争つながりで。
すごいブログだなぁーと見入ってしまいます。
また遊びに来ます!!
【2006/03/19 21:07】 URL | rie #-[ 編集] | page top↑
rieさん、
TBされてないみたいなんですが、こちらのトラブルで、TBが残せないのかも知れません。URLを残していただけませんか?こちらから遊びにいきますので。
【2006/03/19 22:35】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
やっぱりフルメタル・ジャケット思い出しちゃいますよね、コレ。

なるほどジャーって魔法瓶かと思ってましたが、ただのガラス瓶なんですね。
【2006/09/06 17:08】 URL | trichoptera #9K64Lzaw[ 編集] | page top↑
trichopteraさん、
こういうこと書くと「アメリカに住んでるからって知ったようなこと言うんじゃねーよ」とか言われちゃいそうですが。でも魔法瓶じゃねーだろう、と妙に自信あったんでね・・・。
【2006/09/06 21:31】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除
「ジャーヘッド」 (2005) by とりあえず生態学+
究極の寸止め映画。いや究極かどうかは知らんが...ジャーヘッド製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 123分 監督 サム・メンデス 製作総指揮 ボビー・コーエン 、サム・マーサー 原作 アンソニー・ス とりあえず生態学+【2006/09/06 17 : 11】
砂漠の迷えるサンタ~『ジャーヘッド』 by 真紅のthinkingdays
 ジェイク・ジレンホール主演作ということで、これもDVD化を待っていた作品。公開当時、見逃して本当に後悔した。監督や出演者はオスカー受賞者がズラリ、でとても豪華なのだけれど、作品自体は非常に地味な「戦争映画」 真紅のthinkingdays【2006/08/01 21 : 48】
寸評【ジャーヘッド】 by   ・・つれづれに・・
?|この記事のURL |コメント(+) |?::編集::  デイアフタートモローの 兄ちゃん ですね  眞鍋かおり嬢が お勧めしてましたね    『それはあなたの戦いだ』 とか 言ってましたっけ まあ 四の五の言わずに 見とけ と   ・・つれづれに・・【2006/06/29 21 : 01】
ジャーヘッドDVD by 噂の情報屋
兵士として実際に湾岸戦争を体験したアンソニー・スオフォードの手記 「ジャーヘッド アメリカ海兵隊員の告白」を、 「アメリカン・ビューティー」でアカデミー賞に輝いたサム・メンデス監督が映画化。 敵など見当たらない砂漠を従軍し、ひたすら戦いの時を待ち続ける若き海 噂の情報屋【2006/05/29 22 : 13】
ジャーヘッド by やっぱりゲイ術が好き?
ジャーヘッド-アメリカ海兵隊員の告白 著者:アンソニー・スオフォード販売元:ア やっぱりゲイ術が好き?【2006/02/20 19 : 37】
映画「JARHEAD」 by kyo-1 a,k,a 9401 !!
私は今非常に公開を期待している映画がある。「スパイダーマンシリーズ」で一躍人気俳優になったトビー・マグワイアや、トヨタのハイブリッド車プリウスを愛車の一台にしている環境にやさしい俳優(笑)レオナルド・ディカプリオも主演を熱望したと言われている湾岸戦争を舞 kyo-1 a,k,a 9401 !!【2006/02/17 19 : 47】
ジャーヘッド by 週末に!この映画!
期待値:50%  湾岸戦争のはなし。 他の戦争映画とは一味違い、タッチの軽い映画。 予告編:ホームペ 週末に!この映画!【2006/02/05 23 : 25】
ジャーヘッド 湾岸戦争から15年だって! by どうなんかね、国際結婚。
『ジャーヘッド』を観た。またまたジェイク・ギレンホール主演の作品。2003年にアメリカでベストセラーとなった、湾岸戦争の若き兵士の手記を基にした映画。構成は『フルメタル・ジャケット』にとても似ているけど、決定的に違う点が1つある。それは、視点。『フルメタル・ どうなんかね、国際結婚。【2006/01/30 22 : 32】
ジャーヘッド 原作 by cinema note+
ジャーヘッド-アメリカ海兵隊員の告白来年2月公開の「ジャーヘッド」の原作を読んだ。主演のジェイク・ギレンホールが大好きなものですから。内容は海兵隊員だった作者のスオフ cinema note+【2006/01/04 00 : 24】
「ジャーヘッド」サム・メンデス監督の最新作! by 新作映画ピンポイント情報
 「ジャーヘッド」(UIP)は、イラク戦争に参加した若きスナイパーたちの、過酷な日々を描いた物語。「アメリカン・ビューテ 新作映画ピンポイント情報【2005/12/29 00 : 46】
Jarhead by caramel * bomb
ジェイク・ギレンホール、消えたのとか言ってごめん。マジごめん。君すごい作品に出てたんだね[emoji:92]『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督、ジェイク・ギレンホール主演、クリス・クーパー、ジェイミー・フォックス共演の映画『Jarhead』が公開され、全米 caramel * bomb【2005/12/05 19 : 11】
「ジャーヘッド」Jarhead by 「USAのんびり亭」映画情報
米海兵隊の内幕と湾岸戦争を徹底的にリアルに描いた、サム・メンデス監督(「アメリカ 「USAのんびり亭」映画情報【2005/12/05 15 : 09】
『JARHEAD』 by 映像と音は言葉にできないけれど
JARHEADは頭を丸めた海兵隊に使われる言葉。 時は湾岸戦争。アメリカの新参者海兵隊員スウォフはライフルを持つ「スナイパー」としての役割を果たすべく6ヶ月にわたるサウジアラビアの駐留を経験しますが、その間に色々な境遇に遭い、空虚な事実を悟るといった感じの映画 映像と音は言葉にできないけれど【2005/12/05 10 : 12】
今、どう受け入れられるだろう。-サム・メンデス監督『Jarhead』- by Suzuki-Riの道楽
「アメリカン・ビューティー」「ロード・トゥ・パーディション」で知られるサム・メンデス監督の新作『Jarhead』が北米で公開される。北米オフィシャルHP主演はジェイク・ギレインホール。共演クリス・クーパー、ジェイミー・フォックス等。原作はアンソニー・スオフォード Suzuki-Riの道楽【2005/12/05 07 : 24】


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。