スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
すんません、邦題わかりません  Invincible Obsessed Fighter
インビンシブル・オブセスト・ファイター


20050911090913.jpgすんません、邦題わかりません。
USのサイトで検索すると、DVD売ってるサイトとか、カンフー専門のサイトなんかで激しく取り上げられているんですが、邦題がわからないんで、っつーか日本で発売されているかどーかもわからないんで、調べられません。誰か知っていたら教えてくらさい。

だいたい、B級カンフー映画はパターンが決まっています。

まず、若きカンフー野郎がいる。そして、そいつの父親、もしくはカンフーの先生が殺される。カンフー野郎は復讐を誓うが、たいてい殺しをやったやつは雇われた殺し屋で凄腕のカンフーの使いなので、このままでは歯が立たない。そこで、老いぼれたカンフー・マスターが登場する。これがいつも酒瓶抱えたコメディ・タッチのおやじなのだが、実はカンフーの腕前がすごい。復讐を誓うカンフー野郎は、このおやじに厳しい特訓を受けるのだが、特訓の様子はいつもコメディ・タッチである。

たいていカンフー野朗は、殺しをやったすごいカンフーの使い手を探し出すために旅に出て、必ずレストランでバイトし、そのレストランにチンピラが来て、大喧嘩が繰り広げられる。そして、そのレストランで働いている娘と恋仲になる。このヒロインは、美人、ブス、強い、弱弱しいと、映画によってキャラクターは異なる。それから、必ずサイド・キック的に知恵☆れっぽいやつが出てきて、主人公の子分みたいになる。

最後は父もしくは先生を殺したすごいカンフーの使い手と死闘の末、勝利を納めるが、いつも老いぼれカンフー・マスターとか、他のカンフーの人の助けを借りて戦うので、いつも悪人1人対良い人2人の戦いになり、なんとなく「ズルイんじゃない?!」と後味が悪い。

この映画もすっぽりこの黄金のルールーにハマってます。殺されるのは父(サカナの干物を作っている)、酔っ払いのカンフー・マスターは現れなかったが、代わりになんかすごい変なカンフーの殺し屋が出てきた。それがDVDのカバーの真ん中にに堂々と載ってるひとなのですが、映画でみるとこの人、顔が半分赤で半分白、額に「鬼」と書いている。「鬼」もご丁寧に半分赤で半分白。黄色いマントをいつも着ていて、これの背中にも「鬼」と書いてある。そしてカンフーは、ロボットのような動き!しかも変な妖術をやっているよう・・・。

20050911090939.jpg
そいから、ヒロインはブスで弱い。知恵☆れも出てくるし、なんといっても主人公がすごいブサイク!
←この人日本だったら主役張れないんでないの。





チンピラの大将の髪型も必見です。↓

20050911090851.jpg


カンフー実演は、非常に面白くありません。なんかカンフーっていうより、キック・ボクシングみたいな感じ。ハイ・キックなどアクロバット的な動きが多く、カンフー特有の動きとかあまりなくてつまらない。


ご興味がある方は英語の解説除いてみて↓
http://www.kungfucinema.com/reviews/invincibleobsessedfighter.htm





ビミョーな映画 | コメント(1) | 【2005/09/11 08:52】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『チャーリーとチョコレート工場』-お子ちゃま向けね
NEXT: 『オールド・ボーイ』-気合入ってんのはわかります!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
お前すごいブスなんだろうな‥‥
【2011/07/03 14:39】 URL | テスト #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。