スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『クローバーフィールド/HAKAISHA』-現代版・アメリカ版ゴジラ
Cloverfield

怪獣っていうのは、恐怖を具現化しているものなんだな。大きくて、強くて、醜くて、得たいの知れないもの・・・。冒頭のシーンでみんながビルの屋上から見ている、花火みたいな現実味のない爆発が湾岸戦争の映像みたいだったし、続いてエンパイア・ステート・ビルディングがガラガラと崩壊していく様はモロ、911だったし、「なんだこれ、テロ映画かよ」と思っていたら、あら?怪獣がビルをなぎ倒している・・・・。

Cloverfield
dvd on amazon.com
Produced: 2008
Directed by: Matt Reeves
Writing Credits: Drew Goddard
Cast:
Marlena: Lizzy Caplan
Beth: Odette Yustman
Lily: Jessica Lucas
Hud: T.J. Miller
Rob: Michael Stahl-David
Jason: Mike Vogel
Lt. Col.Graff: Chris Mulkey
「なんだこれ、ゴジラじゃん!」とつい笑みがこぼれてしまったのだが、この怪獣がなんなのか、最後まで全く説明されなかった時、ああ、怪獣ってのは恐怖の具現化なんだと思った。ゴジラとか、私たちの世代から見ると特撮とかちゃちいから「可愛い!」とか「面白い!」とか思っちゃうけど、当時の、しかも第二次世界大戦経験者なんかが観たら、むざむざと東京の街が壊されていくところなんてすっごい真実味あったに違いない。

で、この怪獣がなんなのか、全く説明しない、というところがいいね!こういう映画だと、主人公が科学者とかで、この怪獣がなんなのか、説明しようとか解明しようとかして逆に嘘くさくなっちゃったりするケースが多いけど、『クローバーフィールド』はあくまで普通の人、事情が全くわからない人が主人公なのがいい。

主人公はニューヨークのヤッピーたちで、マンハッタンのいいアパートに住みやがって、いい仕事持ってて、パーティして、悩みといえば誰が誰と寝たとかそんなことばっかりで、軽いし馬鹿だし苦労なさそうだし、怪獣に殺されてしまえ!とか思ったんだけど、実際アメリカ軍が戦闘態勢に入って、銃撃のど真ん中に残されてしまったりしたときは、「ああ~、きっとイラクの人たちも、こんな感じだったんじゃないかな」と思った。平和で安定した暮らしをしていれば、ヤッピーじゃなくてもお気楽に恋愛の心配でもしてればいいんだし、イラクの若者たちだってそれなりにパーティしたりとかしてアホな生活してたんだろうし。

それが突如として、得体の知れないものに粉々に破壊されていく・・・。頼りになる人が助けに来てくれるかもわからない、何がどうなっているのかもわからない。1時間前にはパーティで酒飲んでたのに、今は銃弾の飛び交う中を逃げ回っている・・・・。戦争が始まるってのもこんな感じなのかなあ、攻撃される方にしてみれば。なんかそう思うと、バカが恋愛の心配していられる平和っていうのは、貴重だよね。

と、単純にイラク、とか戦争、って結びついてしまうところが逆にコワい。やっぱ最近って、戦争の生々しい映像をTVでガンガン流してるよね。そういうの見ているから、この映画観てその恐怖が感じれるんだもん。地上でものすごい銃撃戦なので、地下鉄に逃げ込んだはいいが、このままいつ出られるかもわからない恐怖。電気もいつまでついているのかわからない。ああ、それで面白いのは、そんな状況にありながらも、燃え上がるニューヨークや、吹っ飛ばされた自由の女神の頭を、携帯のカメラで写している人がたくさんいること。これって絶対あり得るよね~。

で、ストーリーはですね、あっぱらヤッピーのロブと、いかにも蝶よ花よと育てられたお嬢様~!って感じがいけ好かないベスが相思相愛なのだが、まー色々食い違いがあったりしてケンカ別れしたその夜にこの怪獣騒ぎが起こり、パニくっているロブの携帯にベスが「助けて、動けない」と思わせぶりなメッセージを残したがために、ロブはマンハッタンを脱出するのをあきらめ、ベスを助けに行くことにする、というものなんである。

(ネタばれします)

ロブはべスを助けるんだけど、結局マンハッタンを出られなくて、爆撃にあって、死んでしまったんだと思う。爆撃が始まったときカメラに瓦礫がごろごろ降ってきて、もう2人は映ってないんだけど、ロブが

「僕を見て・・・・アイ・ラブ・ユー」

と言うとベスも「アイ・ラブ・ユー」と言うのが聞こえる・・・・・。まーなんともロマンチックな設定にしたもんですなあ。死ぬ前に好きな人に、自分が愛していたことを伝えたいという・・・。でも、これは教訓よ。ロブは、自分が日本に転勤になるから、ベスとの関係を余り発展させないようにしていた。ベスは、ロブがそんな感じで煮え切らないので、新しい彼氏を作った。この惨事の一部始終を捉えたカメラの冒頭に、ロブがベスと初めて寝た日に撮った映像が入ってるんだが、これが1ヶ月くらい前のものなのよね。今日死ぬ、とわかっていたら、例え1ヶ月でも2人で密度の高い時間を過ごせば良かった、と思ったろうになあ。今、恋愛中のみなさん、じらしたり、気のない素振りをしたりとゲームしないで、明日死ぬかもしれないくらいの覚悟で相手に愛を伝えないといけませんな。

なーんてね、結構いろんなことを考えちゃったりして、『アイ・アム・レジェンド』なんかよりずーっと面白かったよ。

PS
ロブとベスとハドがヘリコプターでマンハッタンを脱出しようとするとき、丁度、怪獣が砲撃されてて、上から他人事のように見ているハドが「うわーすげえ、すげえ」とか言って、ついに怪獣が倒れると、「イエー!!やったー!!ざまーみろ!」ってすっごい興奮して叫んでいるんだけど、怪獣が突然起き上がって3人が乗ってるヘリコプターを叩き落としてしまい、墜落して行くときには180度転換して、「アイム・ソーリー!!!アイム・ソーリー!!!」って叫ぶところがすっげえ笑ったけど、気持ちわかるよね~。なんで謝ってんだかわかんないんだけど、ああいうどうしようもない状況の時って謝っちゃうんだよね。

PSS
IMDbを読んでいたら、テープの一番最後、ロブとベスがコニー・アイランドへ行った映像の中に、海にSlushoの衛星が落っこちるところが映っていて、この衛星がどうやら怪獣を呼び起こしてしまったらしい。しかもSlushoというのはロブが栄転になった日本の会社、という設定なんだそうです。まさにゴジラじゃねーですか!

Related Article
■同じニューヨークが舞台のディザスター・ムービーなのに全く緊張感がないディ・アフター・トゥモロー』をリンクしたくなりました。

key Word
映画 クローバーフィールド
この映画がすごい!! | コメント(4) | 【2008/05/23 11:39】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『アイム・ノット・ゼア』-筋金入りのファンにしか作れない映画
NEXT: 『その男は、静かな隣人』-ハゲのクリスチャン・スレーターが見れます

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
これサイコー!
【2008/05/26 06:16】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
GOさん好きそー!

もう観たのですか?
【2008/05/26 07:21】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
チュチュ姫さま
モンスターがなぜ登場したのかが、わかってスッキリしましたぁ。
ちゃんと詳細まで設定されていたことに驚いています!

>携帯のカメラで写している人がたくさんいること
コレ、本当にそう思います。
今の現代をうつしだしているような~(笑)
【2008/10/01 12:10】 URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集] | page top↑
チャラノリさん、

携帯のカメラで写している人は、911でマンハッタンを撤退しなきゃなんないときに、実際にいたんだそうで、それを元にああいうシーンを作ったらしい。怖いね~
【2008/10/01 21:03】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。