スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ジュノ』-グランジ世代の理想郷的青春映画!
Juno

この娘、大人過ぎてイヤ!自分が16歳の時のバカ度が高すぎたので、こんな落ち着いた16歳じゃ共感できないよー!なんか「大人が描く理想の子供」みたいな娘。大人、と言っても、30代半ばくらいの、自分も大人だか子供だかわかんないくらいの人たちの理想の思春期、って感じ。いい例なのが、ジュノの子供を養子にしようとしているカップルの旦那、マーク。93年が最高のロックを聴かせる、なんて言ってるってことはモロ、グランジ世代じゃん。

juno
dvd on amazon.com
Produced: 2007
Directed by: Jason Reitman
Writing Credits: Diablo Cody
Cast:
Juno: Ellen Page
Paulie Bleeker: Michael Cera
Vanessa: Jennifer Garner
Mark: Jason Bateman
Bren: Allison Janney
Mac: J.K. Simmons
ジュノって、このグランジ世代の理想の高校生って感じだよな。今時の音楽には興味なくって、77年のパンクを愛好していて、スラッシャー・ムービーに詳しくて、もちろん90年代のグランジとかも良く知っている・・・・・。「胎児には爪が生えている」と聞いたら中絶できなくなった、という「エセ・ヒューマニティ」みたいなところも、グランジの象徴よね!しかも中絶する気になれないから里親を探して、養子に出して・・・・ってさー、なんかスキがないよね。

16歳で9ヶ月妊娠しているのってすっごい長い時間だと思うし、学校で好奇の目にさらされたり色々あってさ、生むことにしたけど、やっぱ堕ろした方がいいかなとか、少し悩めよ!お腹の中にいるモノに対して個人的な愛情とか感じているようには見えないんだけど、「この子にいい両親を与えてあげたい」みたいなこと言うし、なんかアタシにはいい子ちゃん過ぎてだめだ。

冒頭でジュノと友達が会話してるとことか、もうティーン・スラング出まくりだし、コンビニであの赤いひもみたいな砂糖のかたまり買ったり(うー、なんて言うんだっけ、あのお菓子!)とか、スーパーサイズの舌が真っ青になるドリンク飲んだりとか、ハンバーガーの形の電話持ってたりとか、かなり「今時の高校生」を研究して描いているんだろうけど、だからこそ逆に「大人の目で良く観察して描いた子供です!」って感じがして、うそ臭いのだよな。ジュノのボーイ・フレンドのブリーカーのベッドがスポーツカーの形だったりとか!16歳だとまだそういうの引き続き持ってるもんなのか?

まーさ、ここに描かれている高校生が真実味があるかどうかは、議論しません。アタシはそんなに高校生と付き合いあるわけじゃないので、この映画作った人の方がよっぽど知ってるんだろうしさ。でも印象としては、『SAYURI』とか『ラスト・サムライ』観て、「ああ~、これがアメリカ人が思い描く日本人だな~」と思うのと一緒で、間違ってはいないけど、ビミョーに美化されていたり、ことさら強調されている部分があったりして、すんなり受け入れられないのだよな。

私はモロ80年代のメタラーなので、80年代のメタルを散々けなしてくれたグランジには根深い恨みがあるんだけど、そのグランジ世代であるマークが、ミッドライフ・クライシスに陥っているのを観るのは楽しかったけどね。当時は自分たちの音楽は本物だ!産業ロックじゃないんだぜ!なんて格好つけて置きながら、コマーシャル・ソングの作曲家になって大金稼ぎ、ヤッピーとして悠々自適に暮らしているくせに、未だにロックTシャツなんか着て奥さんに「そのTシャツ、バカみたい」なんて言われちゃうところなんか「ざまあみろ!」なんて叫んじゃったりして。

映画としては悪くないと思うけど、というのは「この先、どうなるのかなー」と思いながら観れるし、途中で眠くなったり、飽きちゃったりしないから、という意味だけど、テーマに対するアプローチが私好みじゃないというか。巷ではこの映画は、中絶に対する批判だ、とか、やれフェミニストの映画だ、とか、いろんなイデオロギーで切られているようだけど、私はそんな隠れたプロパガンダみたいのは感じなかったね。単なる「グランジ世代の理想郷」的青春映画だ!ってそればっかり考えてた。

■お父さんを好演しているJ.K. シモンズの出演作品一覧
エレン・ペイジの出演作品一覧

映画 ジュノ ジェイソン・ライトマン エレン・ペイジ マイケル・セラ ジェニファー・ガーナー ジェイソン・ベイトマン
ミニシアター系 | コメント(17) | 【2008/05/01 09:01】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『マイ・ライフ、マイ・ファミリー 』-ダメ家族演らせたら最高の配役
NEXT: 『アイ・アム・レジェンド』-観た先から忘れていくような映画です

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
はじめまして。
「ジュノ」はまだ見ていないのですが、グランジ批判は同感。生き残ったレッチリ、フー・ファイターズは今やすっかりアリーナバンド。矛盾してるよね。
でも、今欧米はメタルに人気が戻ってきているからグランジには「ざまあみろ」と思う。
【2008/05/06 14:35】 URL | 通りすが郎 #/5Bg5sjM[ 編集] | page top↑
通りすが郎さん、
わー、同感してくれる人がいるなんて嬉しい。まー、歴史は繰り返すってか、栄枯盛衰ってことなんでしょうなあ。
【2008/05/06 20:57】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
大爆笑してしまった!
姫視点って惚れ惚れするほど痛快ですわ~
なるほどね~「グランジ世代」ね~

この映画、日本ではこれからで、楽しみにしているんですが、
姫視点でも見てみます(同視点に立てるかどうかは不明だが
【2008/05/06 21:07】 URL | 百 #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
百さん、

お元気でしたか!

私の視点は、かなりバイアスがかかっていますので、マネしない方がいいです(笑)。私は個人的に、シアトルのグランジ野郎どもにいぢめられたので、歪んでしまったのです!

でも、このテーマに対する切り口にかんしては、是非感想をお聞かせください。
【2008/05/07 00:06】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
おなじくー。
私はグランジもHR/MHも両方好きなので(不純?)いいのですが なーんか 個人的には私が高校生くらいのときはこんな子ばっかだったので・・・いまどきの子なのに まだそうなの?っていうか 今高校生なら私 結構サブカル的にイケテル?みたいに思っちゃうじゃないですか(爆笑)。

なーんかクールな高校生 とか言いますが これがクールならうん十年前の日本の高校生 十分にクールです。
【2008/05/08 21:14】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
プリシラさん、

この娘って、クールなのかなあ。負け組なんじゃないの?子供の世界では?って良く知らないけど、そういう印象です。
【2008/05/09 01:14】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
自分は音楽興味ないのでグランジとかわからんのですが、何かアメリカの地方の若者の行き詰まりがまったく笑えなかったので、息苦しかったですね。
よっぽど「Napoleon Dynamite」の方が面白かった。
【2008/06/23 15:24】 URL | クマノス #VFkxEMUo[ 編集] | page top↑
チュチュさん、こちらにもコメ&TBありがとう。
ジュノは、私はそんなに大人に思わなかったな。大人ぶりたい子どもに見えた。
この映画、アメリカではすっごくヒットしたんですよね。
老いも若きも観たのかな?

http://thinkingdays.blog42.fc2.com/blog-entry-487.html
【2008/07/01 12:19】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集] | page top↑
真紅さん、
どーなんでしょうね。映画好きの人は観てるみたいですけど。賛否両論はっきり分かれてますね。
【2008/07/01 20:40】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
こんにちは!
遅ればせながら先日、コレ観ました。
共感は出来なかったけど、面白かった、というのが簡潔な感想ですw
キャラでは継母のブレンが一番好きですが、
一番共感できたのはマークですね~笑
【2008/12/24 12:03】 URL | C #RFphBmaY[ 編集] | page top↑
Cさん、

マークに共感しちゃったの?ごめんね~「ざまーみろ!」なんて言って・・・・・
【2008/12/24 20:29】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
いやいや、
共感したのは、子供をそこまで欲しいと思ってないとことか、あの家を窮屈に思っているところで、なんていうかアタシ自身が精神的にガキなので、親近感沸いちゃう感じでした。
痛いヤツ、、と思いつつw
【2008/12/25 09:38】 URL | C #RFphBmaY[ 編集] | page top↑
Cさん、
>痛いヤツ、、と思いつつw

爆!
【2008/12/25 19:36】 URL | chuchu #-[ 編集] | page top↑
chuchuさん、ご訪問ありがとうございました!
チラッと覗かせてもらいましたが、
「スラムドッグ$ミリオネア」など、公開前の作品まで鑑賞されてて、
(しかも字幕なし?)すっごい「通」な香りがします。
そんなお方が、私の旧作中心のブログに遊びに来ていただけたとは、
ヒジョーに光栄に思いますよ。(^^ゞ

ところで、本作「ジュノ」の話題。
私は70年代ROCKをよく聴いてましたが、
パンクはそれほど好きじゃなかったんですよ~
ランナウェイズやモット・ザ・フープルにしても、
パンクというカテゴリーじゃなくて、
ロックンロールとしてフツーに聴いてました。
だから、グランジなんてものはよく知りません。
ただ、ロックのノリがジュノにはあるなあと思いました。

それと、こんな事を言ったらchuchuさんが気を悪くするだろうけど、
小気味いい口調に、ジュノとchuchuさんには
共通するものがあると、私は感じましたよ(≧∇≦)ノ彡☆
怒るかなあ~???
【2009/02/02 17:15】 URL | YAN #9L.cY0cg[ 編集] | page top↑
YANさん、

うわははははは!怒りません怒りません。自意識強いB型ですので、キライでも有名な人に似てると言うのはエゴが満たされます(笑)。

でもジュノはリアルじゃないと思うんだ。作り物って感じがする。
【2009/02/02 22:03】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
チュチュ姫さん
貴方の面白い映画レビューに最近すっかりはまってしまいました。

この映画、日本人の感覚からすると非現実的だけど、アメリカ人の感覚ではありえるのかなぁなんて想像していました。
「妊娠したけど自分では育てられないから、里親を探してその方たちに育ててもらおう。」
なんて選択肢自体がありえない気がしますから。
現実は知りませんが、日本のドラマでも、産んで根性で育てるか、堕ろすかの2択です。
もっとも、自分や友人がそんな立場になったとしたら、そんな選択肢を模索しているのかもしれませんけど・・・・
アメリカに長くいるチュチュ姫さんでも、非現実的ですか?
【2009/03/26 08:50】 URL | くんくん #-[ 編集] | page top↑
くんくんさん、

まあ、身近で聞くか、って言ったら、ないですね。やっぱ生むか堕ろすかじゃないかなあ。でも、だからこそ、ジュノの若者として「あ、里親に出せばいいんじゃん」という発想が「十代だよな~」みたいに思えて面白いんじゃない、この映画。

逆に、子供が出来ないから養子を貰う、というのは身近でもあります。結構たくさん。でも、十代で妊娠した人のじゃなくて、アジア(韓国とか中国)からの養子が多い。費用とか安いし、後で親権とかで揉めないから、って聞きました。
【2009/03/26 20:44】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。