スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『アイ・アム・レジェンド』-観た先から忘れていくような映画です
I Am Legend

いろんな人がいろんなところで「悪くないですよ」と言っていたので、いつかチェックしようと思っていたこの映画・・・・。確かに悪くはないのですが、絶対2回観ようとは思わない映画ですな。

I AM LEGEND
dvd on amazon.com
Produced: 2007
Directed by: Francis Lawrence
Writing Credits: Mark Protosevich, Akiva Goldsman
Cast:
Robert Nevelle: WIll Smith
Anna: Alice Braga
Ethan: Charlie Tahan
Marley: Willow Smith
Dr. Alice Krippin: Emma Thompson
なんでもこれは小説の映画化で、『アイ・アム・レジェンド』は3作目の映画化なんだって?小説が書かれたのが50年代だった(と思う)から、その頃にはこのコンセプトはちょおおおお怖かったに違いない。いや、今でも、地上に生きているのが自分独り、というのは怖いけれども、ヴァイルスをいじって不治の病の治療に当てるとか、そういう考えはあんまり怖くないよね。

でまー、こういうシチュエーション映画って、どーーーーしても突っ込み入れたくなっちゃうんですが、いいでしょうか?まずだなー、なんで主人公の車があんなピッカピカにきれいなんだよ?!一人であんますることないからしょっちゅう洗車してんのかな。犬もお風呂に入れてたしなー。なんかさ、一人きりで電気・ガス・水の供給もない生活の割にはふつーなので、その辺がインパクトないのだよな。

逆に現実的かなあとは思ったけどね。ニューヨークなんて、店とかいっぱいあるから、必要なものがあったらどんどん取ってくればいいんだもんね。それに自分しか使う人いないんだから、ガソリンとかでも簡単にはなくならないもんなあ。なんかさ、店とか人んちとかどんどん入っていって、いろんなもの取って来れるところは「楽しそう!」とか思っちゃった。

でも、あれですよ、あれはダメね。犬は繋いで置かなきゃダメ!どんなに頭がいい犬でも、拾い食いして変なモン食ったり、行っちゃいけないところに勢いで入って行っちゃったりして、危ないんだから。しかもこの犬は、完全なイミューンじゃないんでしょう?どういう風にヴァイルスが移るのかわかんなかったけど、ヤバイよー、放し飼いは。事が起こる前にすでにハラハラしながら観てしまった。

しかし、主人公に全く感情移入できない映画だったなあ。映画の世界にも入り込めないし。この映画ってものすごい興行収入上げたらしいけど、何がそんなに魅力的だったのかしら?ストーリーも、3回も映画化するほどすっげえ面白い話、ってんでもないし。犬が死んじゃうところとかも、普段だったら号泣しちゃいそうなシチュエーションなんだけど、なんか「ふーん」って感じだったし。

あとあの、ミュータントのゾンビみたいの!あれが結構怖くないんだよなー。で、なんか女のミュータントが生け捕りにされちゃって、男のミュータントが怒る、ってのがバカくせーとか思った。

ん~なんかどーでもいい映画だなあ。観ているときはまあ、それなりに面白かったけど、終わってみるともう記憶からささ~っと消えていってしまうような映画だ。他に書くことなし!

映画 アイ・アム・レジェンド ウィル・スミス
映画レビュー | コメント(12) | 【2008/04/25 09:06】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 『ジュノ』-グランジ世代の理想郷的青春映画!
NEXT: 『ウォーク・ハード ロックへの階段』-下ネタ満載の超王道コメディ!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
これ、観た時に感想書いたんですけど、ラストがまったく元々の話と違うんですよね。
何か色んな兼ね合いがあって、あぁいう風にしないといけなかったらしいんですが……
やっぱり、ラストで「あぁ!!」っていう話だから、こんな『偉人伝』みたいにしちゃうのは、どうなのかな~
あくまでも感染した人たちを『治そう』というところが、何だか……哀れといえば哀れだけど、現実を分かってないといえばそれもまた事実。
だって、すでに異端なのは自分の方なのにさ~。
原作読んでみたいなぁと思ってそのままになってます。
犬を死なせちゃうところだけが、悲しかったと言えば、悲しかったな。
【2008/04/25 16:57】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
まーちゃん、

まーちゃんのレビュー、リンクしてください。見つからないよ~読みたいよ~
【2008/04/30 04:30】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
DVD版は別のエンディングが収録されてましたね。町山ともひろさんの解説聞いて見てください。へーっておもうから。
http://118.82.88.244/tokuden/tokuden45.mp3
【2008/04/30 08:05】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
あり?そうですか?

読み直してみたら、レビューって言うほどのものでも何でもないんですけど……(^_^;)
まぁ、そんなものでよろしかったら。
こちらへどうぞ。

http://anythinggoes.blog.shinobi.jp/Entry/215/
【2008/04/30 17:06】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
GOさん、

『ウィッカーマン』の時も面白かったけど、今回も笑いました。アメリカから聞けないかなあ、この人の番組?検索したけど、上手くヒットしなかった
【2008/04/30 21:44】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
そうですか。
こちらのリンクをお気に入りにどうぞ。
http://www.eigahiho.com/podcast.html
【2008/04/30 22:19】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
わーい!ありがとう!!
【2008/05/01 01:50】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
聞きました~
ほほぉ。1作目、2作目に対しての解説は『勉強になりました。』って感じですね。
なるほど~。
そうそう、今回の映画化の『I Am Legend』って、4コマ漫画でいう起承転結の3コマ目『転』はどこに行ったんだ!?ていう映画でしたね。
事件があって、その流れで続いて~終わり。
「え!?」みたいな。
驚きのない映画だったですね。
DVDのパッケージに書いてた別エンディングも気になるところなんですが、買うのも借りるのも、な~(~_~;)
【2008/05/01 18:26】 URL | まーちゃん #.17RNwB.[ 編集] | page top↑
チュチュさん こんばんは~
お久しぶりです。
人より大分遅れて観るのが醍醐味です。
う~ん悪くは無いけど取り立ててみたいな・・
変に知能があるのが,ウザいかな。

http://reinn30.blog20.fc2.com/blog-entry-470.html
【2008/05/24 00:57】 URL | hiro #-[ 編集] | page top↑
チュチュさんお久しぶりです。
更新されてないと思ったらそんな事情があったとは。

私も先日これ観たんですけども…オメガマンだってわかってから

「土曜日の午後に観たなぁ昔 ミカン食べながら」

とまったりした気持ちになり アクションな心持になれずに終わりました。
犬 とりあえず欲しくなりましたが 確かにどんなに賢くても拾い食いとかしますので 要注意 ですよね。
【2008/06/02 19:35】 URL | プリシラ #-[ 編集] | page top↑
プリシラさん、
そーなんすよ、色々あったんですよ~。

これねえ、『オメガマン』の方が面白いでしょ?そもそもさあ、ラスト変えるんだったら、タイトルも変えちゃえば良かったのにね。なんか納得行くタイトルに。
【2008/06/02 21:10】 URL | チュチュ姫 #-[ 編集] | page top↑
せっかく教えていただいたリンクが無効になっているようで、ダメでした。
残念。。。

男のミュータントが怒るのは、
変なウィルスで化け物みたいになったけど、
人間らしい感情が残っているって事を表現したい部分だから、
いいんじゃないかと思いました。
どっちにしても、満足度の低い作品ですね。
【2009/02/08 17:01】 URL | YAN #9L.cY0cg[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。