スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
映画偉人伝その51 ~ポール・ダノ~
Chu's Favorite Movie Personage No.50: He's the best looser I've ever seen!

paul dano
Paul Dano

■1984年6月19日、コネチカット生まれ。本名ポール・フランクリン・ダノ。身長185センチ。

■コネチカット在住のバンド、Mookのリード・ギタリスト。

■『The King』のサウンド・トラックで"Helplessly Hoping"と"Sad & Beautiful World"を演奏している。

■(音楽よりも演劇を取ったことについて)「僕はなんでも、自己流でやることに固執してるからさ。音楽には希望があるし、素晴らしいアーティストもたくさんいるんだけど、ポピュラー・ミュージックに関しては、余り興味ないんだよ。だから音楽をやって行くとしたら、どこに自分が納まるのかわからないんだ」

■「自分の行動や経験することは、悟りを開くきっかけにもなれば、堕落を導くこともあるね。L.I.E.は僕にとって大きな経験だった。今までの人生で関わったものの中で最高の経験だと思う」

■(ダニエル・ディ-ルイスと映画『The Ballad of Jack and Rose』で共演したことについて)「素晴らしかったよ。ダニエルと僕は、敵同士だった。僕がスネイクで、ダニエルの娘がローズ。前作『The Girl Next Door』から、これ以上はないって程かけ離れた役だった。悪役だもんな!スネイクだぜ!いやらしい、セクシーな存在なんだよ。ダニエルとは一日中目も合わせない日もあったよ。そのくらい緊迫感があった。真剣に仕事したね、最高だった。勉強にもなったよ。ダニエルのことすごいと思ってたから。まだオーディションも行った事ないうちからこんな経験が出来るなんて、信じられないことだ」




■チュチュの映画偉人伝~INDEX~

※この記事は、IMDb (Internet Movie Database) の記事をチュチュがテキトーにサマって訳したものです。もしこの偉人伝で取り上げてもらいたい映画の偉人さんがいたら、教えてください。がんばって翻訳しま~す。
■(『リトル・ミス・サンシャイン』の役柄について)「家で何日かしゃべらないようにしてみたんだけど、夕飯の時は無理だね。両親がしゃべっているのを聞いて、余りに馬鹿みたいなこと言っているのを黙って聞いていられないんだよ!反抗したいんだよね。あれは辛かった」

■(スティーヴ・カレルについて)「『The Daily Show』や『Bruce Almighty』で面白いことしてたから知ってはいたけど、でも名前は知らなかったかもしれないな。でもとにかく、"この人、すっげえ可笑しい!"って感じだったよ!スティーヴは本当に地に足がついた人で、すごくいい人で、尊敬している。いい友達になったし。偉そうにしている人なんて一人もいなかったな。自分が尊敬している人と仕事をしていて、その人が自分を同じレベルとして接してくれているときは仕事がし易いね。特に自信という意味ではね。だからこの映画を撮っているときは緊張なんかしなくって、すっごい楽しかった」


■チュチュノート■
負け組み高校生を演じさせたら、この人の右に出るもの無し!と思っていたんだけど、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の演技を見て「やっぱタダもんじゃない」と思いました。今後要チェックな役者さんです!

出演作品
■The Stanford Prison Experiment (2009) (pre-production) (rumored)
■The Good Heart (2008) (pre-production) .... Lucas
■Gigantic (2008) (filming) .... Brian
■Where the Wild Things Are (2009) (post-production) .... Alexander
■Explicit Ills (2008) .... Rocco
■これでタダもんじゃないと思いました『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』 (2007) .... Paul Sunday / Eli Sunday
■このときも「おっ」と思った『リトル・ミス・サンシャイン』(2006) .... Dwayne
■負け組み高校生を演らせたら・・・『ファーストフード・ネイション』(2006) .... Brian
■Weapons (2006) .... Chris
■The King (2005) .... Paul Sandow
■The Ballad of Jack and Rose (2005) .... Thaddius
■"The Sopranos" .... Patrick Whalen (2 episodes, 2002-2004)
- All Due Respect (2004) TV episode (as Paul Franklin Dano) .... Patrick Whalen
- Everybody Hurts (2002) TV episode .... Patrick Whalen
■Taking Lives (2004) .... Young Asher
■The Girl Next Door (2004) .... Klitz
■Light and the Sufferer (2004) .... Don (AKA: Light)
■The Emperor's Club (2002) .... Martin Blythe
■Too Young to Be a Dad (2002) (TV) (as Paul Franklin Dano) .... Matt Freeman
■L.I.E. (2001) (as Paul Franklin Dano) .... Howie Blitzer
■The Newcomers (2000) .... Joel

Key Word
映画 俳優 ポール・ダノ
俳優・女優 | コメント(0) | 【2008/04/14 03:24】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: 映画偉人伝その52: ポール・トーマス・アンダーソン
NEXT: 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』-面白いけどイマイチ良くわかんねー

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。